ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 温泉入浴指導員 | トップページ | 石綿炭鉱 »

合併選挙

214日、佐賀・みやき町議選告示。3町合併で定数が44から18に減る一方、29人が立候補する多数大激戦だ。旧中原町出身の益田清候補と旧三根町出身の浅川京子候補が議案提案権獲得をかけて挑む。

06

合併は昨年の3月だったから一年間は旧北茂安町の中尾純子議員と3人の議員団だった。勇退を決意した中尾さんは、益田さんの出発式で司会をつとめる。彼女の気持ちはいかばかりか。議員定数が減るから、党も候補者を絞り込まざるを得ない。

合併で負担は高くなり、サービスは切り捨てられ、役場は遠くなる中、「合併しなかった方がよかった」との住民の声を聞くにつけ、やりきれない思いになる。「平成の大合併」はなんと罪作りか。

旧三根町でフッ素塗布の施策は希望者全員だったが、合併後は「先着40名まで」だと。福祉は景品か。

暮らしの守り手として、行政のチェック役として、日本共産党の地方議員と候補者のみなさん、がんばってください! まだまだ議員活動が続けられた方の分まで。

« 温泉入浴指導員 | トップページ | 石綿炭鉱 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

連日のご奮闘お疲れさまです。
 みやき町議選では定数十八、二十五減で二議席の当選へと、告示日に駆けつけていただきありがとうございます。
 投開票の十九日未明。事務所では「奇跡だ」と浅川、益田両候補の当選に支援者らが叫び沸きかえりました。
 みんなは議案提案権を獲得して、さらに住民の立場でがんばることができるとよろこんでいます。
 選挙中、町民が願う水道料金の約一割の引き下げの実現も、政策が生きた実績と共感され大きな力になりました。
 二人の立候補には、現職の女性町議が四年後の三議席めざし身を引く決意も。事務所では、その前町議も、二人とともに涙をうかべてみんなで泣きよろこびあいました。
 たむらさん。励まし元気をいただきありがとう。これからも挑戦しますよ。みててください。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/8682247

この記事へのトラックバック一覧です: 合併選挙:

« 温泉入浴指導員 | トップページ | 石綿炭鉱 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30