ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 門司で医師訪問 | トップページ | アナウンサー »

西辰雄さん逝く

居住地(小倉北区足原・霧ヶ丘)の前支部長、西辰雄同志が逝去(78才)。6日、7日とお別れ会に参列する。
         
――お別れのあいさつ、お礼の言葉――

西辰雄さん。昨夜パソコンの中にある貴方の写真を探しながら、たくさんの思い出にひたっていました。

030626 いまからちょうど10年前、市議選の候補者になった私を、3つの小学校区、30もの町内をつれて回ってくれましたね。真夏の日も、雪降る日も、てくてく歩いて。また、二人でバイクを連ねて宣伝や訪問もよくやりました。

赤旗の配達だけでも大変なのに、朝宣伝にもかけつけてくれます。「候補者が襲われたら、西の責任」だと。当時でもいいお年でしたが、毎日もくもく活動する、そのエネルギーはどこから来るのだろうと、ひたすら後ろを追いかけました。

小倉にはおろか九州に親戚一人いない私にとって、西の父ちゃん、西の母ちゃんはまさに親代わりの存在でした。

マンション紛争が持ち上がると、ゴザをもって支部の人といっしょに、座り込みの応援に来てくれましたね。住民運動、生活相談、たくさんのアドバイスをいただき、本当に頼りになる人生と党の大先輩でした。

今では当たり前になった、後援会ニュースを封筒に入れて配る活動も、市議選で当時の足原・三郎丸支部がはじめて行い、全国的な教訓となりました。

クレジット・サラ金被害をなくす会の活動に、一身を捧げてきた西さん。この運動に携わる人の中で、西辰雄の名前と生活設計方式を知らない者はいません。

多重重債務の相談を受ける中で、どうしても解決の糸口が見えない方います。弁護士もお手上げの方には、「西さんの道場で鍛えてもらいなさい」となります。解決への指南を通して、生きる勇気をつけてもらって、相談者は立派に立ち直ります。

社会を変えるために目を向けさせ、読者、党員を増やします。西さんのそんな姿勢に、活動家もどれだけ刺激を受け、勇気づけられたでしょうか。

3月18日、大手町病院。私にとって、西さんとの最後の会話となりました。「西さん、病とのたたかいに勝ってください。次のたたかいが待ってます」

私は貴方の口癖である次の返事を期待していました。
「うんゃ、わかっちょる」――でもその言葉は聞けませんでした。
ニコッと笑っているだけでした。私が熊本県の活動に向かうことを伝えると、「おう、ご苦労さん、忙しい中、ありがと」最後の言葉でした。ベッドの上での表情は、足原の家の玄関を出る来訪者を見送るときと、同じ優しいまなざしでした。

060407 今から私たちは、市長選、一斉地方選挙、参院選をたたかいます。一連のたたかいに勝利して、私も次の衆院選で必ず国会に行く決意です。
「西さん、勝ったよ」――そう報告する日が楽しみです。そしたら西さんはこう、おっしゃるでしょう。「うんゃ、わかっちょる。天国でみておったけ。田村さん、次は民主連合政府、頼むよ」と。

はい、承知しました。貴方の遺志をしっかり受け継ぎ、仲間を増やし、みんなでがんばります。

長い間、ご苦労さまでした。本当にありがとうございました。

« 門司で医師訪問 | トップページ | アナウンサー »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

だいじな人を亡くされた悲しみが伝わってきます。
--それでも前へ(たまには息抜き)、前へ…みんなと一緒に!ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/9532298

この記事へのトラックバック一覧です: 西辰雄さん逝く:

« 門司で医師訪問 | トップページ | アナウンサー »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30