ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 名刺120枚使う 若松 | トップページ | 毛づくろい »

堰を切ったように農政批判

5月31日、福岡・柳川市で活動。

柳川市(柳川市、大和町、三橋町が3月に合併)は米・麦どころ。昨年の収穫はそれぞれ1万2千トン台。政府の品目横断的経営安定対策によって対応が急がれる中、梅崎和弘市議が農協に懇談会を呼びかけた。繁忙期と重なって忙しい中、JAの本所・支所が応じてくれた。梅崎さん、県委員会の土井安行農漁民部長とともに話を伺う。

Ja_ 1日かけて、JA柳川本所、昭代支所、大和支所、三橋支所を回る。本所では堤英樹代表専務理事、支所では各支所長と役員が応対。現状と対応を伺ったが、中には堰を切ったように「政府のやり方は許せない」と不満と怒りの訴えをされる役員も・・・

・柳川では米、麦、大豆への依存率が48%と県南9つのJAの22%と比べて高い。乗り遅れたら(4㌶以上の認定農業者か20㌶以上の集落営農)、補助金が受けられず農家は死活問題。柳川管内では32の営農集落をつくる。達成率はいま45%。今年度末に間に合わせないといけない。
・本所で7名の専門スタッフによる担い手支援組織をつくって、毎晩農家と話し合いを積んできたが大変。「助走期間」が短すぎる。
・助成は過去3年の実績をもとにすると言うが、これから農業する人、過去の台風の不作など、どうするのか。
Photo_14・農家は減反政策に不信をいだいてきたから、今度のやり方を信じていいのかという思いがある。麦は6月から播種前契約が始まる。有無を言わせず従えとのやり方だ。
・政府の民間開放推進会議がめざす方向は、株式会社の参入を認め、農協や農業委員会の解体するもの。絶対に認められない。共産党にもがんばってもらいたい。
・柳川は全国に先駆けて、航空画像による解析を行い区分出荷が可能となった。おいしい低たんぱく米を供給している。そんな努力をみてほしい。

農地は減る、農業従事者も減るであろうことは、みんなの共通した認識だった。
――では食料自給率も上がりませんね。
「そうです。一方で自給率向上を掲げながら、農業を切り捨て、農民のやる気をなくさせる・・・この矛盾が日本の農政です」
――誰のための農業なのかと・・・
「麦や大豆を作らなくなったら、あとはアメリカの言い値です。日本人の胃袋をどう考えているのかといいたい」

貴重な意見をいただいた。農業を大切にしないのは亡国者である。その思いを強くする。農政の舵取りをはやく変えねば。

P1030527梅崎市議も30年来の農業生産者。ナスを栽培されている。
P1030535選果場とハウスを案内してもらった。柳川でつくってもブランドは「博多なす」だ。そういえば、ネギもイチゴも「博多」がついているなあ。

P1030540 柳川といえば、川下りと鰻のせいろ蒸し。梅崎さん、ごちそうさまでした。

« 名刺120枚使う 若松 | トップページ | 毛づくろい »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10357777

この記事へのトラックバック一覧です: 堰を切ったように農政批判:

« 名刺120枚使う 若松 | トップページ | 毛づくろい »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30