ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 青年とカレー交流会 | トップページ | 日産九州工場 »

振動病の患者があぶない

5月17日、佐賀から熊本へ。

労災保険と振動病認定基準改悪に反対する九州決起集会に出席。厚生労働省は、削岩機やチェーンソー等の使用によって職業病となった振動障害の患者に対して、労働保険の給付を打ち切り、認定基準を変える動きを進めている。
全九州から、建交労の組合員や患者ら1000人が「制度改悪は認められない」と熊本市民会館に集結した。

P1020973 振動病の労災認定患者は全国で約8600人。10年以上の療養者が約3500人と完治しにくい職業病だから、医療・生活両面にわたる社会保障が必要となる。現行は、労災保険の休業保障(賃金の6割)に労働福祉事業の特別給付(賃金の2割)が支給されているが、政府は「簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律」によって、この特別給付を廃止させる。
「労働保険の失業給付は賃金の6割。労働者の中で職業病と失業者を対立させ、『格差』を縮めさせようという小泉流のやり方」。県交労中央本部の佐藤陵一委員長の的をつく指摘に頷く。特別給付にかかる予算は約1200億円。トヨタ一社の減税分(2100億円)にも満たない。

Img_68532 新たな検査方法については、厚労省検討会報告書のまとめ案でも、「多彩で複雑な症状を呈する振動障害を的確に診断できるかというと必ずしもそうではない」と明記され、多くの医学研究者からも矛盾が指摘されている。

党を代表として連帯と激励のあいさつ。
「役に立たない大型開発や、高級官僚の天下りや官製談合――不正と無駄遣いはやりたい放題での一方、一生懸命働いて職業病となった労働者のせめてもの保障を切り捨てるのは行革の名にも値しない。共産党も断固撤回を求めたたかう」

P1020990 夜は、福岡・宗粕地区の青年と懇談。学生、社会人、姉に誘われてきた中学生も入れて11名が参加。多くが子ども劇場で育ち、活動してきたという。青年政治家・なるみ圭矢宇美町議が進行。「いま何をしているか」「今後何をしたいか」――昨夜の佐賀と同様、クロストークで楽しく展開。
在日米軍の再編や格差社会の話しをすると、視線が私に集中した。メモを一生懸命とる子もいる。「民青と党を大きくして、社会をよくしていこうね」と呼びかけた。

« 青年とカレー交流会 | トップページ | 日産九州工場 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10139416

この記事へのトラックバック一覧です: 振動病の患者があぶない:

« 青年とカレー交流会 | トップページ | 日産九州工場 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30