ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 手羽先を食べながら | トップページ | 厚労省指導監査室長 »

なんと、出水で同郷の方に

6月20日、鹿児島・出水市で活動。

P1030823 4月に市議選が終わったばかり。中島敏子さんが返り咲いて、山口良文さんと共産党は2議席復活となった。

中島議員は薬剤師でもある。熊本・水俣市と隣接する出水市で、二人は水俣病患者の掘り起こし、救済・相談にも全力をあげている。

この日は山口市議に終日案内してもらう。
街頭宣伝をして、水俣病全国連絡会事務局長の橋口三郎さんを訪ねる。2回目の訪問だ。

鶴の飛来で有名な出水は、諫早と同じ干拓事業の歴史を持つ。
「昭和20年代の当時は、農地が不足していて干拓はしょうがなかった。しかし漁場を失う漁民はたいへん苦しんだ。潮の流れ、魚の動きは変わった」と、橋口さん。
貴重な話しを聞く。

P1030820 出水商工会議所を訪問。神田専務理事と懇談。
「景気の回復感はありますか?」
「いやそれがありません。建設業関係の倒産もあり、会頭から会員訪問で悩みや要求を聞くよう指示されています」
九州新幹線が開通したものの、出水は停車のダイヤが少なく不便なこと、確定申告で税金があがったこと、市の施策などが話題となった。

県教育庁出水教育事務所の榎本勝人所長を表敬訪問。
榎本氏は鹿児島市や出水市の教育委員会にも赴任していたこともあり、共産党の地方議員もよくご存じだった。和やかに懇談。

「教育基本法は、よく論議をしなければならない問題。急いで押しきってしまうのはよくありませんね」「出水の子どもたちは素朴で明るい。地域の教育力、地域のコミュニティがあってこそだと思います」

山口市議が教育基本法特集の赤旗日曜版を差し出すと、「よく読んでいました。最終面の料理と有名人の記事がいいですね」とのことで、また購読してもらうことに。
「遠いところをようこそ。みんなに紹介しましょう」。起立した十数名の職員を前にあいさつさせてもらう。再度恐縮。

P1030821 出水民主商工会では、事務局長の町口敏則さんと山口良朋さんが応対。
民商共済会の存続問題、共産党のイメージアップについて、ベトナム反戦運動の思い出など、話はつきない。

P1030825 山口市議は青年時代、大阪・寝屋川民商事務局で働いていた。「業者運動をやりたくて」30歳で帰郷。奥さんは枚方市出身で、私と同郷であることを知る。奥さんはまだ関西弁のイントネーションが抜けない。
残念ながら、帰りの時間がきた。
「おおきに」
「ほな、さいなら」

P1030833出水駅前には、「さつま木挽」を製造している雲海酒造の工場が…なんていいところなんでしょう。

« 手羽先を食べながら | トップページ | 厚労省指導監査室長 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10616134

この記事へのトラックバック一覧です: なんと、出水で同郷の方に:

« 手羽先を食べながら | トップページ | 厚労省指導監査室長 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30