ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 洞窟温泉 | トップページ | 党専従者のレクリエーション »

スターフライヤー機

北九州空港が3月16日に開港。市内に本社を構える新会社・スターフライヤー社の北九州-東京便(12往復)が就航している。先日の上京の際、やっと搭乗。

1776580 北九州市は昨年同社に対して、「地元に役立つ」との理由で、前例のない破格の10億円助成行った。福岡空港や他社との競合などいろいろ問題と課題は多いが、今回はその乗り心地について振り返ってみる。

機材はエアバスA320。標準170席を144席仕様にしたため、シートにゆとりがある。これは五重マル。

P1030571国際線・国内線問わず、エコノミークラスの客席の狭さは本当に頭に来る。「窮屈でイヤ」と新幹線を利用する人もいる。身長180センチを超える柳井(北九州市議)さんでも、余裕で足組みができた。

P1040562 離着陸の振動・騒音も気になることはない。本革張りシートにはヘッドレストがあって左右の耳に動くので、居眠りしても頭がガクッと傾くことはない。

P1030575 ノートパソコン用電源コンセント、背広をかけるフックもある。テーブルは前後にスライドし、収納してもコップはホルダーがあるから大丈夫。飛行機を利用する際、不便を感じてことがたいがいクリアされている。

個人型液晶TV装備。音楽を含めていろんなチャンネルが楽しめる。地域経済の特集を録画放送していたが、これはいいなと感じた。

P1030574_2機体も客室内も備品も徹底してモノトーン。これは好き嫌いの分かれるところだろう。


P1030573_1 総じて、乗り心地は快適。チョコレート1つのシンプルなサービスもいい。

« 洞窟温泉 | トップページ | 党専従者のレクリエーション »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10441612

この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤー機:

« 洞窟温泉 | トップページ | 党専従者のレクリエーション »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30