ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« マグロ船の危機~国道陥没―宮崎南部 | トップページ | たかせ県議励ます教職員の集い »

「早く安心したい」―宮崎市高岡町の仮設住民

6月23日、宮崎市で活動。

昨年9月の台風14号で宮崎県は大被害にあった。宮崎市高岡町では、冠水被害に合った住民がいまも仮設住宅で暮らしている。

Photo_23馬場書記長、前屋敷えみ前県議、宮崎市議団(日高おさむ、後藤やすき、浜畑きょう子、長尾和子)、松本隆中部地区副委員長とともに調査にむかう。
地元の長尾議員が日常的によく世話をされている。居住者から要望を聞く。

・家の建て替えは断念した。従って解体費用も自己負担。公営住宅に入りたいが抽選にはずれた。
P1030920_1 ・買い物に出かけるにも徒歩で20分かかる。これから暑くなるとも外出もたいへん。
・市は早い退去を望んでいるようだ。現地に公営住宅ができるなら、ここで暮らしてもいい。

入居期限が来年10月まで。居住者たちは「無形の圧力」に心を痛めている。早く公営住宅に入れるようにしなければ。

P1030932 続いて、大谷川小松地区を視察。昨年、増水した水が堤防を越えて左岸流域の家屋が冠水した。国の特別事業で堤防のかさ上げ工事が始まったものの、住民は「大谷川の増水を大淀川へ排水すべくポンプ施設」をと要求を出している。来月の対政府交渉の協議事項とする。

P1030940_1 昼食後、宮崎県中小企業団体中央会を訪問。
「景気はよくなっていません。中央と地方の二極間格差を感じます」と下川洋一事務局長。県などに中小企業対策費の増額を要望し、企業協同組合の結成に力を入れていることなどを伺う。

P1030972 夕方からデパート前で街頭演説会。雨模様の中、地域の後援会員がかけつけてくれた。

« マグロ船の危機~国道陥没―宮崎南部 | トップページ | たかせ県議励ます教職員の集い »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10685178

この記事へのトラックバック一覧です: 「早く安心したい」―宮崎市高岡町の仮設住民:

« マグロ船の危機~国道陥没―宮崎南部 | トップページ | たかせ県議励ます教職員の集い »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30