ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 田川で旺盛な訪問・対話活動 | トップページ | 6月14日付けの答え »

現代に餓死許されず

しんぶん赤旗「水曜随想」(06.6.14)

熊本、福岡の県労連が最低賃金(最賃)による実体験に取り組んだ。熊本県の最賃は609円。8時間×22日働いたとして、生活保護費より少ない。最賃生活にチャレンジした青年たちの1ヶ月の結果は――。

外食も友達づきあいも控えたものの、赤字が大半で、憲法25条の定める「健康で文化的な生活」は「できない」との報告だ。先月、九州沖縄の県労連役員、最賃生活経験者とともに、厚労省に出向いて最賃の引き上げを求めた。

「飽食の時代」と言われて久しいが、格差と貧困が広がる中、食うや食わずの国民が増大している。だが、食えずに死ぬようなことは、憲法上許されない。ところが餓死・孤独死が相次いでいるのだ。

北九州市。今年になってからでも3件5人の痛ましい死亡事件が発生。門司区の市営住宅に住む身体障害者の男性が、生活保護を受けられず孤独死した事件は、市議会・県議会はもとより、国会でも仁比議員が取り上げた。

男性は先月、死後4ヶ月の状態で発見された。電気、ガス、水道が止められ、昨年9月と12月に保護を求めたものの、「子どもにみてもらいなさい」と申請書が手渡されることはなかった。パンや水の差し入れでしのいでいたが、精根尽き果てた。そして誰にも看取られず、誰にも供養されぬ最期・・・無念だったろう。

厚労省の役人が「厳しいと聞いている」と認識する同市の生活保護行政。全国的な流れに逆らい、予算を増やさず、抑制の目標を定めている。申請の意思があるのに申請書を渡さない。相談者に対する申請件数の割合は2割で他都市に例をみない。

北九州市議時代、生保を巡って数え切れない相談を受け、修羅場を見てきた。面接中に怒って自分を刺した男性、保護課の対応に抗議して睡眠薬を大量服薬した青年など、枚挙にいとまがない。

「私は死にます」と首つり自殺したA子さんのことが、今でも頭から離れない。窮迫状態で何度も保護を求めたが、保護課の対応は「いざというときは職権で保護する」だった。しかし最悪の事態となった。
「A子さん、力が足りずにごめんなさい。でも貴方の死は決してむだにはさせません」――98年10月29日付、私の市政報告の一文である。

怒りと悲しみを忘れず、法違反の行政を質してきたが、結果として異常な保護行政は変わっていない。

餓死・孤独死・・・これ以上悲惨なものがあろうか。それでも落度はなかったとする北九州市。そして市をかばう厚労省。絶対に許さない。必ず変えさせる。堪忍袋の緒が切れたのは私だけではない。


“九沖(きゅうおき)”豆知識③
JR九州の駅名です。なんと読むでしょう?
(1)朽網(福岡) (2)厳木(佐賀) (3)早岐(長崎)
(4)大畑(熊本) (5)浅海井(大分) (6)飫肥(宮崎)
(7)頴娃(鹿児島)

答え→ブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

« 田川で旺盛な訪問・対話活動 | トップページ | 6月14日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/10528801

この記事へのトラックバック一覧です: 現代に餓死許されず:

« 田川で旺盛な訪問・対話活動 | トップページ | 6月14日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30