ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 平和へ真実伝える | トップページ | 今月の一杯(8月) »

8月16日付けの答え

“九沖(きゅうおき)”豆知識⑤
温泉地が最も多い県はどこでしょう?

答え→大分県

出題してシマッタと思った。温泉地の定義は、源泉と宿泊施設があり、それを行政的に区別できるまとまった地域を指すらしいが、その数だと九州では鹿児島県となる。

温泉の源泉数、湧出量、利用客、宿泊施設数など、いわゆる「温泉のメッカ」では大分県がダントツで、源泉数や湧出量では、全国一である。単純に温泉地としてしまい、ごめんなさい。「温泉が最も多い県は?」とすべきでした。

■温泉地数
①鹿児島91 ②熊本73 ③大分61
■利用源泉数
①大分4341 ②鹿児島1777 ③熊本943
■湧出量(リットル/分)
①大分267392 ②鹿児島200419 ③熊本140901
■宿泊施設数
①大分768 ②鹿児島439 ③熊本466
■延べ宿泊者数(千人)
①大分6832 ②熊本3267 ③鹿児島2801

P1000083環境省の定める、国民保養温泉地(温泉利用の効果が充分期待され、かつ健全な温泉地としての条件を備えている地域)は全国に91カ所ある。長崎の雲仙・小浜、熊本の天草下田、鹿児島の霧島などが代表だが、大分は湯布院、長湯、鉄輪・明礬・柴石の3カ所が指定され、その延べ宿泊利用者数は、全国一で桁外れに多い。
■延べ宿泊者数(千人)
①大分4307 ②鹿児島598 ③熊本448


出典/環境省自然保護局 温泉利用状況

« 平和へ真実伝える | トップページ | 今月の一杯(8月) »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/11457298

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日付けの答え:

« 平和へ真実伝える | トップページ | 今月の一杯(8月) »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30