ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 9月20日付けの答え | トップページ | 《早く仕事に戻りなさい》 »

手術

倉敷中央病院は、妹夫婦宅から車で5分の距離。術後の生活を考えても、医療の中身にしても、この病院の選択は正しかったと思う。妹夫婦と3人で午前10時に病室へ。

大阪の父のこと、親戚への連絡など、母親は気づかいが多い。
励まして、なんとかリラックスさせて、開始の時間を待つが、オペ室からの連絡がない。結局午後4時からの手術となった。

あまりに長い。
「これだけかかっているということは、膀胱もだめだったか・・・」
「でも、手の施しようがないという状態ではないよね」
「どうか転移がありませんように」

6時間後に終了。手術センターの説明室へ走る。
取り出した臓器は、子どもの頭くらいの大きさ。ガンの恐ろしさを目の当たりにする。

ガンはやはり膀胱と尿管まで達していた。従って「切除しました」と執刀医。妹はおろおろしている。
「腎臓からの尿管を膀胱へ再び結びました」
「つまり膀胱は生きているのですか」
「はい大丈夫です」

本当によかった。
懸念された肺、肝臓、腹膜、骨盤等への転移は、見られないとのこと。ガンの進行度からみて、最善の結果となる。地獄で仏、九死に一生を得た。

午前1時。手術着を脱いだ医師から再度、結果について報告を受ける。
一ヶ月は入院。その後、化学療法導入の判断となるとのこと。

体のあらゆる部位に管が通されて、母が病室に帰ってきた。
「よく、がんばったな。成功したよ」
「腰が痛い」
「長い手術だったからよ」
「うん」

遅きに失したが、命が助かった。これは何が何でも、社会復帰させて、九州の温泉に連れて行かねばならない。

« 9月20日付けの答え | トップページ | 《早く仕事に戻りなさい》 »

看護と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/11992135

この記事へのトラックバック一覧です: 手術:

« 9月20日付けの答え | トップページ | 《早く仕事に戻りなさい》 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30