ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 足立・寿山後援会総会 | トップページ | 10月18日付けの答え »

三輪候補へのエール

しんぶん「赤旗」水曜随想(06.10.18

生まれ育ったのは大阪。その私に北九州で骨を埋めようと決意させた人の言葉がある。

《北九州は労働者のまち。社会の矛盾に目をひらき、たたかうのは労働者。もしかしたら日本の夜明けはここからかも・・・おい、北九州はおもしろいぞ》――25年前、「どうして先生は神戸から北九州に来られたのですか」の私の問いに対する答えである。
 
北九州市立大学経済学部教授、三輪俊和さん。大学教授と地方公務員の職を辞して、来年2月の北九州市長選挙をたたかう。退路を断っての決意に、市民としてOBの一員として、敬意と感謝の気持ちでいっぱいだ。

活動で訪れる九州沖縄の各自治体は、どこも「行政改革」を掲げている。学校給食の民間委託、公立保育所の民間委譲、ゴミ袋の有料化・・・これら住民サービス打ち切りの本家本元は北九州市だ。

敬老祝金の打ち切りなんかは20年も前に強行した。「私の住んでいるところの市立図書館は、株式会社が運営しています」と言うと、「えーっ」と驚嘆の声かえってくる。

船の来ない港、テナントの入らないゴーストビルをつくった。浪費と借金増を繰り返し、「行革」の名で市民いじめ。餓死・孤独死を生む冷たい生活保護行政などは、全国の知るところとなった。悪い政治のお手本をこれ以上続けさせてたまるか。

選挙の母体となる「市民の会」は「笑顔の北九州をつくる会」へと発展してウィングを広げた。結成総会には1000人が集い、私も三輪先生の語録をモノマネで披露して勝利への奮闘を誓った。15日の事務所びらきには、新市政に期待を寄せる600人の市民で沿道が埋まった。

「競争教育をやめさせて子どもたちの笑顔をとりもどします。市発注事業の8割を地元に回し中小企業に活力を」――快活な三輪さんの訴えに思わずみんな笑顔になる。他の立候補予定者より出遅れたことについて、「100メートルを13秒台で走る足でがんばります」。なんとも頼もしい。

学生サポーターが「三輪先生、市長になったらまたドッジボールしましょう」とエールをおくった。100万市民の笑顔のために――スポーツマン市長の誕生に期待が集まる。

“九沖(きゅうおき)”豆知識⑦
泡盛の条件でまちがっているものは?
(1)沖縄のみ製造可 (2) タイ米を使う (3) サトウキビを使う (4) 仕込みは1回だけ

答え→(3) 詳しくはブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

« 足立・寿山後援会総会 | トップページ | 10月18日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/12326270

この記事へのトラックバック一覧です: 三輪候補へのエール:

« 足立・寿山後援会総会 | トップページ | 10月18日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30