ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 熊本市で活動 | トップページ | 小倉で集中宣伝 笑顔の会 »

長崎市女性後援会

12月23日、長崎市で活動。

風邪が直ったか、直らないのかよくわからない。寝不足もあって特急かもめではずっと寝ていた。のどの調子も思わしくない。

P1080289 午後2時、長崎市女性後援会の発足の集いに出席。17年ぶりの後援会発会とのこと。堀江ひとみ県議候補、ふちせ栄子参院候補とともにあいさつ。

“堀江ひとみ賛”――私より2つ年上の1959年生まれ。長崎にくると「ちゃんと食べた? お酒は飲めた?」と気をつかってくれる人。ひとみ姉さんと呼ばせてもらっている。彼女のプロフィールの出だし数行を読んだだけで、ぐっとこみあげるものがある。全幅の信頼をよせることができる。

――五島・奈留島のイカ釣り漁師の長女として生まれる。家が貧しかったので中学卒業と同時に集団就職列車で愛知の紡績工場へ。昼間は働き夜間高校で学んだ後、日本福祉大学の夜間部に進学。「貧乏は父や自分のせいではなくて、社会のしくみに問題がある」ことを学び、日本共産党員に。卒業後、長崎民医連に就職しケースワーカーとして働く。4歳の子どもを抱え32歳で長崎市議に。連続4期16年活動中。

同世代でこんな苦労をした人を私は知らない。「金の切れ目が命の切れ目の政治を許さず」という彼女のモットーは、その活動を見なくてもわかる。

P1080296 「老人交通費助成事業の拡大を求める市民請願が全会一致で採択されました」。会場から拍手がおこる。「子ども医療費の償還払いがなくなり対象も拡大されます」。堀江さんの報告を聞いていると、執行部、他党議員をも説得させる論戦力を感じる。

各分野の女性活動家の豊かな発言で「堀江さんを県議に、市議選全員必勝」が深められた。

夕方から牧山隆市議候補と訪問活動。久しぶりに団地の階段を上り下りする。歩いていくうちに風邪具合がよくなった。牧山夫妻はともに長崎民医連の職員。家でお茶をいただいて奥さんからショッキングな話を聞いた。

医療制度が変わって患者負担が増える中、原爆被害者のお年寄りが「原爆にあってよかったね」と話しているというのだ。塗炭の苦しみの対価にもならぬ原爆医療制度への「感謝」。こんな言葉を吐かせるお年寄りの気持ちを察しなさい。安倍総理。

夜は、中西あつのぶ市議候補を励ます青年のつどい。兵庫・三田出身の26歳青年政治家はやさしくて堂々としている。鍋を囲んで若者達と楽しいひとときを過ごす。

« 熊本市で活動 | トップページ | 小倉で集中宣伝 笑顔の会 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

「堀江ひとみ賛」には、参りました。彼女を担ぐものとして、こんな見方があるのかと、視界が開けた思いです。グッと来てしまいました。人を見る目、押し出す力、田村さんのその力量にも改めて敬意を評します。
 「やさしくて堂々としている」という、中西候補の見方も素晴らしい。勉強させてもらいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/13186464

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市女性後援会:

« 熊本市で活動 | トップページ | 小倉で集中宣伝 笑顔の会 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30