ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« いじめはなかった!? | トップページ | 佐賀市富士町で対話活動 »

政府に要望

12月19日、上京。いくつかの懸案事項で、仁比参院議員、赤嶺衆院議員、春名参院候補とともに政府に要望とヒアリングを行う。

有明海問題では各県の代表(福岡・高瀬菜穂子県議、熊本・松岡徹県議、長崎・ふちせ栄子参院候補、佐賀・中尾純子参院候補)が参加。脳脊髄液問題は大分・宇佐市の用松律夫市議が参加。

●脳脊髄液減少症(厚生労働省、文部科学省)
交通事故などの強い衝撃によって、脳や脊髄の周りの脳脊髄液が硬膜から漏れ出し、頭痛、首や背中などの痛み、倦怠感等の症状が現れる病気。ブラッドパッチ療法(髄液漏れの部分に患者自身の血液を注入)で改善される症例が相次いでいる。
脳神経外科学会は診断、治療基準づくりに着手することを決め、来年早々にも検討会議が立ち上がる予定。

0612192 学会の検討会議が行政対応の一つの節目なる。検討の結果、有効性、安全性が確立された上で、保険の適用と専門診療相談体制の確立などを厚労省へ、学校安全管理マニュアルの作成などを文科省へ求める。

厚労省は、研究対象として社会的に重要なテーマの一つと述べ、文科省は都道府県の課長会議でこの問題の周知を求めたことを明らかにした。

002 ●有明海再生(環境省)
「有明海・八代海総合調査評価委員会」が年内にまとめに向けた報告書案を11月29日に発表。しかし、諫早湾干拓事業と環境悪化にメスが入っていないため、この報告案にそって特別措置法の見直をしても、有明海・八代海の再生はできない。

報告書に諫早湾干拓事業が有明海異変と漁業危機に与えた影響と対策を強く求めた。

●養豚飼料のカビ毒(厚生労働省)
鹿児島県大隅半島の養豚業者から豚の死亡が相次いでいるとの情報が寄せられたことから、飼料のカビ毒などについて、厚労省からレクチャーを受ける。

« いじめはなかった!? | トップページ | 佐賀市富士町で対話活動 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/13147061

この記事へのトラックバック一覧です: 政府に要望:

« いじめはなかった!? | トップページ | 佐賀市富士町で対話活動 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30