ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

北九州市長選

P1090269 1月31日、北九州市長選支援。
今日と明日、当初予定にはなかったが、志願して応援にはいる。

小倉北区東部(市議時代の地盤)を大石正信市議の案内で遊説。候補の友人の大学教授、夫人の幸子さんと一緒に訴える。

「今どうしてるの?」昔からの知り合いと会う。
「次に備えて、九州一円回っています」

「久々に田村さんにあってよかったわ」。差し入れも寄せられた。

福岡・上毛町議選

P10903141月30日、上毛(こうげ)町の議員選挙が告示される。

同町は昨年10月、新吉富村と大平村が合併して8491人の町となった。議員定数は24から14に削減。19人が立候補。


2_7 共産党からは大平村村議からがんばってきた茂呂孝志さんが立候補。

合併しておかしなことがおこった。旧大平村では投票所が3分の1(6→2)に削減、公営掲示板の数も半減した(下記に新聞報道)。

町は投票所行きの臨時バスを走らせることとしたが、「干渉されているようで不愉快」「ポスターがみられず誰が出ているのかわからない」と住民の声があがっている。

党として見直しを申し入れたのは言うまでもない。合併による住民サービスの後退を許さず――改選後、茂呂さんの活動に期待が寄せられる。

出陣式で激励のあいさつ。夕方まで行橋市議の徳永克子さんと街頭演説。

2月4日、当選。おめでとうございます。

続きを読む "福岡・上毛町議選" »

「活き活き北九州市」

Photo_40「活き活き北九州市」。三輪俊和さんが20年前(1986年12月)に書いた本。著者は当時、北九州大学商学部助教授だった。沈滞する北九州経済の分析と活性化に向けてのプランと財源対策が述べられている。

経済の要である中小企業を市役所が応援すること、ものづくりの街・北九州の技術力を全国的にセールスすること――そのことによって市民所得が上がり、北九州が活性化するとの主張は、今でも新鮮だ。

市議時代、この三輪先生の考えに学び、末吉市政に全中小事業者への訪問と御用聞き、市内製造品の販路拡大を何度も求めた。さすがに市当局はこれらの考え方を否定しなかった。が、本気で取り組まなかった。

P1090299 末吉市政は、東京や大阪の大手ゼネコンが利益を得る大型事業や、企業呼び込み型の「活性化」策を進めた。それが間違いでことごとく失敗したからこそ、三輪理論が、いままさに新鮮に輝いている。

P1090293 1月29日、本を持って門司の演説会をはしごする。老司の市民センターに65人、大里東の市民センターには100人が参加。

「財政・経済の優れた分析力と、先見の明を持つ庶民派経済学者。北九州を変え、市民を幸せにできる最適にして唯一の人です。」

「その本を読みたい。買いたい」と感想が寄せられた。

門司笑顔の会

1月28日、北九州市長選挙支援。

P1090268 きょうは門司区から。門司笑顔の会の事務所は門司駅前の一等地。ワイワイガヤガヤ賑やかだ。


P1090271 午後1時まで門司笑顔の会のみなさんと宣伝カーで街頭演説。橋本和生市議、安倍秀文県議候補、女性の会の代表と一緒にマイクを握る。

先導車、後続車3台で運行。女性運動員ばかりの宣伝ははなやかだ。

070118午後は、小倉南区へ。柳井誠市議、北九大学生ととともに、夜8時までしっかり訴えた。

中西みちと事務所びらき

1月27日、福岡・大牟田市で活動。

P1090256 昨年末、大牟田・三池郡区の県議候補が決まった。

中西倫仁(みちと)さん。親仁会職員で社会保障と労働運動でがんばってきた。

P1090262 待ちに待った候補誕生で大牟田の党と後援会は「今度は雪辱を果たすぞ」と意気軒高。事務所がスゴイ。敷地も建物もとにかく広い。駐車場に車150台は入るだろう。

P1090252 親仁会後援会の山田眞一郎医師、元県議の下川忠範さんたちに続いて激励あいさつ。有明海再生、RDF発電など大牟田にとって県政の課題は多い。

また、教育や労働問題、後期高齢者医療をはじめ県政の果たす役割は、地方分権の中で大きくなっている。

中西勝利の意義を党の出番を語る。「福祉と労働運動の専門家、中西さんの勝利で県民の願いに応えましょう」。

P1090237事務所びらきをはさんで、中西候補とともに街頭宣伝。女性後援会の宣伝行動は31人が参加。4人の市議もそろって圧巻だった。

P1090235候補者に決まってとても1ヶ月とても思えない堂々とした話しぶりに驚いた。中西さんなら、必ず下川さんの後を継いでくれるだろう。

若松笑顔の会演説会

北九州市長選勝利に向けた演説会。寒い中、若松市民会館に600名が集まった。

P1090207 「国の悪政を跳ね返す上で候補の勝利は起爆剤となる意義あるたたかい。冷たい市政を変え市民を幸せにできる、最高にしてただ一人の候補です。支持の輪を大きく広げましょう」。熱く訴える。

東区・博多区で小集会と訪問

1月26日、福岡・東博多地区で分刻みの活動。

○津野豊臣県議候補と和白の前川さん宅での小集会。
○比江嶋俊和市議と入党の呼びかけで3軒訪問。
○綿貫英彦前市議とともに城浜の支部会議。箱崎団地の原田さん宅での小集会。

P1090190 「なんとしてでも福岡市から県議を」「志位さんの演説会、とりくみを急がねば」「夫と相談して党に入りたいと思います」――たくさんの人から党と候補者へ期待を受けた。
行動を共にした候補は近々事務所も開く。全力投球の日常を感じて、私も心を込めて支援を訴えた。

Dsc00025 昼休みに博多区の中比江公園で開かれた、国公労連九州ブロックの春闘勝利集会に参加。

「全労連が重要課題としたホワイトカラーエグゼンプションの導入阻止は、春闘緒戦の勝利を飾りました。財界も政府もあきらめたわけではないので、共同のたたかいを進めましょう」。

「『ボロボロヨレヨレの安倍政権』(週刊朝日1/26)に、69%が『野党第1党の役割を果たしていない』(朝日世論調査)と言われる民主党。
「格差社会をただし、働く人の権利をしっかり守って日本共産党はがんばります」。

鹿児島市で活動

1月25日、鹿児島市で活動。

郵政公社九州支社鹿児島県本部に集配業務廃止の見直しを求めて交渉する。
鹿児島県の廃止対象は32局。奄美では廃止反対の署名が5千を超え、7局が集中する瀬戸内町に対して公社は加計呂麻島に集配センターを作る譲歩案を提示したが、町長は依然反対している。

県内の集配業務に責任を負う県本部なのに、どうやら権限がないようだ。ATM機の撤去計画の中止もあわせて申し入れた。

P1090157 八幡支部と紫原支部の支部会議に参加して情勢報告。その後、山口はるき参院候補と街頭演説。

12月26日と同じ場所、同じ時刻での宣伝。今回も多くの人が手を振り、立ち止まって話を聞く人もいた。「なかなか反応いいですね」。山口さんとにっこり笑って終了。

大分市~小倉・演説会

1月22日、大分市。県議候補の堤栄三さんと街頭宣伝。

格差社会、大企業奉仕の政治の話は、やはり市民の関心を引くようだ。客待ちのタクシードライバーが車から降りてきて真剣に聞いている。街頭演説はやはりおろそかにできない。

P1090113_1 遠くから手を振っている人の姿もあちこちで。「増税許さず、暮らしと営業を支える県政のために働かせてください」。堤さんが訴えて走る。また訴えて走る。

夕方まで市内9箇所で演説をして小倉へとんぼ返り。菊ケ丘年長者いこいの家での個人演説会にかけつける。

P1090135_1 市議時代の知り合いをはじめ、会場は立錐の余地のない状態。八記博春県議とともに市長候補押し上げに熱弁をふるった。

八幡笑顔の会

1月22日、日田を出発して北九州市長選挙支援に向かう。

P1090081 笑顔の北九州をつくる会の弁士として活動。八幡西区で真島省三県議候補と、八幡東区では井上しんご市議と一緒に終日街頭演説。

P1090073 自動ドアのある立派な八幡笑顔の会の事務所。会の意気込みを感じる。昼食をとっているとRKB毎日から電話が入る。宮崎県の「そのまんま東現象」について取材したいとのこと。

P1090080 《田村さんの受け止めは?》
「利権としがらみのない政治を求めた宮崎県民のパワーが自民牙城を壊し、民主にも風が吹かなかった。正直驚いている」
《北九州市長選挙への余波は?》
「無党派を含めて、利権ノー・しがらみのない政治への期待があるとすれば、業界の支援をうけない、わが候補に分がある」

P1090087_1 反応の多いところ、全くないところ、様々で街の空気はまだ読めないが、家から走ってきて演説を聴く市民もいる。

福建労もちつき大会~日田新春の集い

1月21日、北九州市長選挙告示。
赤嶺政賢衆院議員、仁比聰平参院議員が北九州入りするので、私は明日支援に入ることとなった。

P1090025 甘木から福岡市南区の福建労会館へ。南福岡支部のもちつき大会に参加。
組合員と家族、約100人の参加者でにぎわっていた。

浜崎おりえ県議候補、星野みえ子、宮本秀国両市議とともにあいさつ。「中建国保の制度改悪許さず、みなさんの要求実現に私たちもがんばります。住宅リフォーム、小規模事業者登録制度を自治体にさらに働きかけていきます」。

P1080992 「毎年やっていますよ。もう慣れたもんです」。と分会の役員さん。「運動も学習も大事。しかし遊びも大事よな」とおいしそうにビールを飲む。そのとおり。楽しく交流させてもらう。

福岡県委員会で事務作業をして、大分・日田市へ向かう。党と後援会の新春の集いに出席。

P1090052 市議選は、大谷敏彰、矢野美智子、日隈智重の3市議が現有議席獲得をめざす。候補者も気合い十分のあいさつ。参院候補の山下かい氏も「2大選挙がんばる」と決意を述べた。

P1090063 「3人必勝」を合い言葉に、後援会からも力強い決意表明が飛び出す。出し物も工夫されていて楽しかった。

「マスコミ報道を使ってのお話し、各党の対比がわかりやすかったです」「いつ解散になるかわからないから、田村さんもがんばって」と激励を受ける。

甘朝民商新年祝賀会

電車を乗り継いで朝倉市へ。甘木朝倉民主商工会(今副勲会長)の新年祝賀会に初参加。毎年大盛会となると聞いていたので、「ぜひ一度」と参加をお願いしていた。広い会場に会員と家族約190人が参加。団結の力を感じる。

「選挙で暮らしと営業をまもる年としよう」。マイクを握った多くの方が訴えた。
吉居地区委員長、田中孔一市議候補とともに登壇。3分のあいさつだったが、「元気があったばい」「要点をおさえていた」と参加者から激励された。

P1080968 「22年前に46人の会員でスタート。必死になって5年で10倍にした」――山見孫文事務局長から甘朝民商をつくった仲間を紹介してもらい苦労話を伺った。

P1080967 各支部からの余興がおもしろい。他の来賓の方とともに審査委員をつとめが、甲乙つけ難く困った。すべてのテーブルをまわって交流もできた。

熊谷あつ子事務所びらき

1月20日、福岡市西区へ。

P1080952 熊谷あつ子市議候補の事務所びらきに出席し、激励のあいさつ。事務所は姪浜駅から徒歩15分、大通りに面した抜群の立地条件。「4度目の挑戦、今後こそ」思いの人で一杯になった。

「人口急増の西区は、開発がすすむ一方で福岡市の農漁業の中心地。痛みの政治の中、市民・区民の要求と悩みは多種多様。熊谷さんにバッジをつけてしっかりこたえてもらいましょう。人工島、オリンピック問題など、市政を動かしてきた共産党市議団の躍進と西区での初議席を必ず」。訴えに熱が入った。

P1080951 熊谷さんがさわやかに決意表明。「12年前の初挑戦と同じく干支は猪。今度はなりふり構わず猪突猛進し勝利します」に参加者は大きな拍手で応えた。

久留米市政報告会

1月19日、福岡・久留米市へ。

4月の久留米市議選で6期目を目指す甲斐征七生(そなお)さんの市政報告・演説会にでかける。会場は地元の山川コミュニティセンター。主催者はおそろいの黄色いジャンパーを着てお出迎え。支部と後援会の気合いを感じる。81名が参加した。

P1080920 40分の時間を与えてもらい国政報告。支持率下がる安倍政権の理由、対立軸をもてない民主党の特徴、平和と暮らしを守り躍進が待たれる日本共産党の値打ちについて、しっかり訴える。とても熱心に聞いていただいた。

甲斐市議も詳しく市政報告を行った。ボロボロ校舎を改善せず、活用の見込みのない親水公園に10億円を支出するなどの逆立ち市政がオール与党によって進められている。

甲斐さんと共産党市議団は、法に基づく国民健康保険の減免制度を実現。生活保護の申請書を渡さない問題では県議団と連携して解決。暮らしと福祉の守り手だ。環境保全や同和行政の集結をめざしてもかけがえのない役割を果たしている。

「合併して30万都市となった新しい久留米の議会になくてはならぬ2議席を必ず」。

P1080935 会場出口で参加者にお礼。「トヨタのリコールの話は本当ですか?」「とても勉強になりました」と声をかけられる。

保育士や学童保育の指導員さんの参加もあった。要求をしっかり受けて奮闘する甲斐市議への信頼は厚い。会場カンパは5万円も寄せられた。

大ちゃん近影

活動日記が更新されなくても、別に文句を言う人はいない。しかし、「ネコちゃんを見たい」「大君をもっと登場させて」のリクエストは多い。その一人が妻である。

出張中の私に写真を送ってきた。毎日一緒に暮らしているのに、ネットでも愛猫に会いたいとは・・・

著者が撮影した「窓辺の黄昏」とあわせてご覧あそばせ。
Dsc01159Dsc00537 




P1080943P1080940_1   

都城演説会

交渉を終えて、熊本のバスセンターから高速バス「なんぷう号」に乗って宮崎へ。

都城市での政談演説会。聴衆は120名。県委員会の馬場書記長が宮崎選挙選の意義について訴え。畑中ゆう子県議候補があいさつと訴え。続いて宮崎と日本の政治について35分訴えた。
候補者が決意を述べて閉会。

P1080918_1 候補者カーの運転をしている小玉直也さんからメールが入った。
「田村さ~ん! 内容もテンポもリアクションも良かったですよ~! はよ、国会に行かな、あきませんよ~ ところで、『ためしてガッテン』のパクリは今ひとつかなぁ!他のネタを…都城の県議は、取りたいですね~」

増税に寄らない財政再建、福祉の構築の政策を語った後に「みなさん、ガッテンしていただけましたでしょうか」とやる。おもしろいもので聴衆の何人かが笑って、グーとパーで“ガッテン”と応じてくれるのだ。いや、NHKの影響力はすごい。
志の輔師匠のパクリだが、昨年の夏からやっている「営業ネタ」。そろそろ新作を考えよう。

郵政公社交渉

1月17日、熊本へ。

Dscn4630_1 郵政公社九州支社(熊本市)に九州各県の代表が集まり、仁比聡平参院議員、春名なおあき参院候補とともに交渉する。集配業務統廃合計画の撤回と住民サービスの維持・充実を求めて2 度目の要請行動。総勢19人。

九州で118局(全国で1048局)の集配業務廃止計画は、すでに32局で実施され、残る局も4月までに廃止される。

Dscn4631_1 「年賀状が期日内に出したのに、元旦配達されなかった」「2つの局を兼任する局長がいる」
「配達員のオーバーワークで住民との交流が少なくなった」「奄美・瀬戸内町など離島の離島は納得していない」
「委託しているしんぶん赤旗の配達が翌日になりそう」
「土日の窓口業務がなくなって年寄りが困っている」
――各県から次々と実態が報告される。

またこの間、離島の多い長崎県では5つの自治体で見直しを求める意見書が可決され、鹿児島の奄美では島民8100人の署名を持って郵政公社に申し入れを行った。

Dscn4660_1 「個別の問題には対応する」「サービスは低下させない」を繰り返す安武幸一郎郵政事業部長。

私も聞いた。「配達員の集配地域が広くなって、住民との交流もできない状態。しかしこれまでのサービスを後退させないと言われる。だったらマンパワーを増やすしかないですよ。必要な人員増はするということですね」
「はい、そういうことです」。

「合理化」して、人員を増やす?・・・郵政民営化はやはり間違いである。

1月17日付けの答え

“九沖(きゅうおき)”豆知識⑩
焼酎は日本が世界に誇る蒸留酒。では次の酒のうち蒸留酒の仲間でないものは(2つ)?

(1)梅酒 (2)ホワイトリカー (3)ウイスキー (4)ウォッカ (5)ビール

答え→(1)梅酒と(5)ビール

酒は製造法によって大きく3つに大別される。
1.醸造酒――原料(果実、穀類など)をアルコール発酵させてろ過したもの
2.蒸留酒――発酵してつくった酒を蒸溜したもの
3.混成酒――醸造酒や蒸留酒に果実や香料を加えたもの

ビールは日本酒と同じ醸造酒。ホワイトリカーは甲類焼酎。これに梅や砂糖などを加えた梅酒は混成酒となる。

選挙で政治変えよう

しんぶん「赤旗」水曜随想(07.01.17)

正月、神社でおみくじを引いたら「大吉」。開けて福岡市で街頭宣伝していたら、鳩のフンが頭にポトン・・・「運」をつけてもらったと自己解釈。神頼みにゲンかつぎ、選挙の年。

Dsc00870 志位委員長がベトナムを訪問。実は昨年1月に私はこの国を旅した。「市場経済を通じて社会主義へ」―この前人未踏の道を歩む国民は、そのことを意識しているかどうかはわからなかったが、みんな生き生きしていたことを思いだす。

Dsc00943 ホーチミン市にある戦争証跡博物館には、アメリカのベトナム侵略に抗してたたかった日本共産党の宣伝物も多数展示されている。年明け早々の野党外交。世界とアジアの平和のために両国の共産党が交流を深めた意義は大きい。

第3回中央委員会総会は、自民党との対決路線を掲げても中身が示せない民主党について、「財界による支配システムに組み込まれた」からと歴史的に検証した。

「存在感いまいち民主党」「小沢を阻む『3ず』の川」の見出しが目にとまる。「アエラ」(朝日新聞社)の 1月1・8日号。「選挙の候補者を決められ『ず』、支持率上がら『ず』、政策もぱっとせ『ず』…」と。なるほど。

わが党は候補者がいて政策はピカイチ。あとは支持を増やす奮闘のみ。

各地の新春の集いや旗びらきに参加する。昨年は「きびしい情勢だが、がんばろう」のかけ声が多かったが、今年は「選挙を通じて政治を変えよう」に変わった。

すでに事務所開き、決起集会、演説会が相次ぎ、応援の日々を送る。「田村さんまた来て」と言われると、心の中で小さくガッツポーズ。訴えが届いたか。

はや半月、すでに半月・・・党の真価が問われ、また自分自身も試される正念場の年のスタートは快調である。

“九沖(きゅうおき)”豆知識⑩

焼酎は日本が世界に誇る蒸留酒。では次の酒のうち蒸留酒の仲間でないものは? (2つあります)
(1)梅酒 (2)ホワイトリカー (3)ウイスキー (4)ウォッカ (5)ビール

答え→(1)と(5) 詳しくは私のブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

福岡・筑前町議選

1月16日、福岡・筑前町議選支援。河内直子候補の出陣式に参加。

07011603 三輪町 と夜須町が一昨年3月に合併して筑前町(29342人)となった。河内さんは元夜須町議。前回議席を失って以降、2回衆院選にも立候補した。

法期限から5年が経過しても、同町では同和行政が根強く残っていおり、解放同盟への補助金をはじめ年間3千万円の予算が組まれている。

三輪中学生のいじめ自殺事件では、誤った解放理論を説く教師の心ない発言が問題となった。「この選挙を通じて、もう同和行政を終わらせましょう」。

P1080910「核兵器廃絶・平和が原点の河内さんを議会に押し上げて、憲法まもろうの世論を草の根から起こしていきましょう」。


河内候補も気合い十分。「町民の生活が大変な時に、議会は議員の歳費引き上げを可決。ムダをなくし、住民負担の引き下げに必ずこたえます」。

筑紫野市の城間広子、篠原範子両市議とともに、夕方までしっかり街頭演説して終了。

1月26日、当選。おめでとうございます。

諫早湾干拓事業を視察

1月15日、長崎で活動。

200703_2_1 国営諫早湾干拓事業――国費と県費の壮大なムダづかい、有明海汚染で漁民の糧を失った元凶。
有明海4県のたたかいに参加し、裁判も傍聴してきた。しかし、現地をしっかり見ることがなかった。諫早の前市議、福岡洋一さんに案内をお願いして、今回視察の機会を得る。

Dscn4578_1ふちせ栄子参院候補、ブロック事務所のスタッフと合流して現地へ。百聞は一見にしかず。干拓地、調整池、潮受け堤防、そのいずれも想像を超える巨大なものだった。九州農政局干拓事業所の渡辺巧次長、長崎県総合農林試験場干拓科の小林雅昭科長から現地説明を受ける。

2_5 中央干拓地。約700ヘクタール。塩を含んだ土(1600ppm)を国が改良する。500ppm以下で正常な生育が可能となる。緑肥を植えて鋤きこむ。2年かけて100ppmまで下がったという。営農希望者の作付面積を合計すると、干拓地の3倍なったと農水省は言うがどうだろうか。

2_6 県の農業試験場でハウスのいちごを試食。甘く立派なものだった。「むしろできたものをどう売るかが課題」と小林科長。豊作だったダイコンは1本10円、キャベツは10㌔100円の価格しかつかなかったらしい。

農産物の輸入をすすめ、食糧自給率低下を招いている農政と、広大な農地の造成は明らかに矛盾する。海風が強く、毎年の台風に作物が耐えられるのか。疑問もわく。

Photo_39 干拓農地は、長崎県が県農業振興公社を通じ、国から取得してリース方式で農家に貸し出す。購入資金は53億円。しかし土地改良法上、自治体が干拓農地の配分を受けることはできない。長崎の住民グルーブが「脱法行為。公金の支出は違法」と昨年提訴した。

3_2 干拓事業総費用は2533億円。目的の農業だけをみても採算のとれる事業ではない。
まして海を汚し、その対策も含めると赤字は6400億円。費用対効果わずか0.19にしかならないことが明らかなった。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-23/2006062301_03_0.html

15






調整池と排水門。調整池の水位をマイナス1メートルに保つため、北と南の排水門を年間120回開けて調整している。

7_1 7キロメートルに及ぶ潮受け堤防。海を遮断したギロチンは防波堤の中に消えて形はない。
寒風吹きすさぶ干拓地で壮大な国政の過ちを目の当たりにし、よけいにぞっとした。




070115_1_1 午後から長崎市で街頭宣伝。中西あつのぶ市議候補、ふちせ栄子さんと一緒にマイクを握る。立ち止まって訴えを聞く人、手を振る市民、反応もまずまず。

070115_3_1 滑石では支部の方がポスター貼り、ビラ配りの最中だった。
「ごくろうさまです」「田村さんもがんばって」。

佐賀 新春の集い3発

佐賀 新春の集い3発

P10808241月14日、バスと電車を乗り継いで唐津へ。北部地区の川添さんの運転で伊万里へ向う。

昨年4月にも来た楠久公民館、今日も大きな日の丸がかかっていた。議席空白の伊万里市議会へ船津賢二さんが挑むとあって、後援会の新年会は満員盛況。

P1080871 選挙戦勝利への訴えを終えると、民商の寺尾勲一さんから「がんばってください」と素晴らしい絵をいただいた。ワビスケツバキの凛とした姿が身をひきしめてくれる。ありがとうございます。

唐津にもどって新春の集いへ。中尾純子参院候補もかけつけた。

P1080838 合併で唐津市区の県議の定数が7に増えた。地区委員長の山口勝弘さんが挑戦する。スライド劇、踊りを堪能。第2部で山口さん、中尾さんが決意表明。私も充分時間をいただいて政治変革への訴えを行う。

Dsc_2293自爆状態の自民・安倍政権に対して「存在感が見えない」とマスコミからも指摘される民主党。国民の要求でも政策でもまさに日本共産党の出番。
「県議が0から2に大躍進できる、ワクワクする情勢。山口さんを県議会へ送って、プルサーマルや新幹線建設、同和行政をストップさせましょう」

赤旗記者の平川さんの車で佐賀市へ。暮らしを守る共同行動委員会の新春の集い。暮らし共同は共産党も参加。大衆規模で政府交渉も長年続けている。久保田議長のあいさつに続いて私も登壇。

Dsc_2354 「雇用まもれ、増税反対、格差をなくせと労働組合、民主団体が訴えてきたことが、国民の世論と支持を得ています。選挙を通じて、アメリカいいなり、財界中心の政治を必ず転換させましょう」。

福岡から機関誌協会の諸岡さんと梅崎さんも協力要請で出席。「おひさしぶりです」。
嬉野温泉の旅館勤務の調理師が不当解雇され、裁判をたたかっている。佐賀中央法律事務所の小山一郎弁護士から紹介され、激励の拍手が寄せられる。

P1080865 加盟組織がそれぞれあいさつ。佐賀県党は平林正勝委員長が県議候補の武藤明美さん、中尾純子さん、東部地区委員長の山下明子佐賀市議を紹介。
参加者と親しく交流してお開き。諫早へ向う。

八幡年金者組合~大川市

1月13日、今日から泊まりが続く。出張の支度をして、まずは八幡年金者組合(江副支部長)の新春の集いへ。
三輪市長候補をはじめ県・市議団、県議候補もそろってあいさつ。

年金者組合はかねてから最低保障年金制度の創設を求めてきた。共産党も2004年の参院選で誰でも月5万円の年金を保障する政策を打ち出した。財源は大企業優遇税制の見直し、公共事業のムダをなくす、軍事費の削減と明快だ。

民主党は、年金を一元化し基礎年金部分の財源には消費税3%をプラスする方針である。ところが同党の「政策マグナカルタ」では消費税の税率は現行を維持するとした。「これでは財源の帳尻が合わない」(朝日・12/16)と酷評されている。

P1080792 「ボロもうけしているところから、応分の負担をしてもらい、安心できる福祉社会補の福祉を」。3中総に基づき、事実をあげて民主党との政策対比を行う。
「非常にわかりやすい」「お話よかったです」と好評だった。よし。

午後、筑後地区委員会到着。山田地区委員長と打ち合わせ。

P1080819大川市居住支部の古賀さんに連れられて大川市へ。街頭宣伝をして、夜は演説会に参加。

宮崎県知事選

P1080741 1月12日、宮崎県知事選応援。

前県議の前屋敷恵美さん、宮崎市議団の後藤やすき、長崎良子両市議とともに訴える。

Dscf0850 「官製談合は、選挙の時に業界・企業が支援し、その恩返しを求めてはじまったもの。分裂した自民の2人の候補が企業団体献金の禁止を公約しているでしょうか。ぜひ見極めてください」。

南国宮崎というが、気温は2℃。寒い。

福岡県委員会総会

1月10日、福岡県委員会総会。

中央委員会総会と全国都道府県・地区委員長会議の報告を聞き、情勢討議と選挙戦に向けての意思統一を行う。

「運」がついた福岡西区

1月9日、福岡市で活動。

P1080738 西区の市議候補、熊谷あつ子さんと街頭宣伝。熊谷さんは名刺型のリーフを1万枚作成して、夫と2人で選挙までに配る活動をしている。「1日100人の人と対面しないと家に帰らない」決意を会議で聞いたときは感動した。

4度目の挑戦となる市議選は間近。「こんどこそ」「なにがなんでも」――応援するみんなの気持ちが街中にもあらわれている感じだ。特に女性の反応がいい。
「市民負担の増大を食い止められる、確かな野党の一議席を西区にも」。

昼は溝上路子さん宅で鍋をごちそうになる。溝上さんはノー原稿でアナウンスができるすごい人。「あっちゃん(熊谷さん)が当選しないと、私の党活動がいつまでも評価されないみたいで・・・」。うんうんわかる。

P1080692 体が暖まったところで、昼からまた2時間宣伝。
演説をしていると空からポタリ。鳩のフンだ。正月に大吉を引いたとおもったら、今度は「運」をつけてもらった。必ず勝って、市民の期待にこたえよう。

夕刻、ブロック事務所に立ち寄りスケジュール等の打ち合わせ。年賀状を受け取って、博多パークホテルに向う。福岡地区労連の旗びらきにはじめて参加する。党を代表してあいさつ。

_e_159_1 「共産党と勇気ある労働者が残業代未払い、偽装請負の問題を告発して、厚労省は是正通達を出しました。たたかってこそ要求は実現します。平和と民主主義をまもり、安心して働くことのできる社会をつくるために、共同の運動を進めましょう」

P1080704 宮本市議が県議・市議候補と田中美由紀参院候補を紹介。この日は、全参加者が組合ごとに檀上にあがり自己紹介とスピーチ。

P1080728 多くの方と懇談。「田村さんの演説は市議時代から聞いていますよ」「今度の衆院選では押し上げますからね」と激励を受けた。

北九州市長選に向けて

1月8日、北九州市で活動。

戸畑の生涯学習センターでの教員後援会の会議に出席。三輪市長候補、高瀬県議とともに激励のあいさつ。

P1080681 若松に渡り、笑顔の北九州をつくる若松の会の皆さんとともに街頭宣伝。久しぶりにハンドマイクを担いで、久岐の浜ニュータウンで1時間たっぷりスポット演説。

「田村さんすごいですね。何も見ないで演説できるなんて」
「あたりまえよ。元市会議員だぜ」(笑)

夜は、八戸遠地区委員会の活動者会議に出席。選挙勝利に黙々と奮闘する党員、年末ぎりぎりまでの党勢拡大にがんばった支部の発言に胸を打たれる。

堤栄三事務所びらき

1月7日、大分市で活動。

Dsc_7143 県議の議席奪還をめざす堤栄三さんの事務所びらきに出席。
8年前の北九州市議時代、中小業者の小規模事業者の仕事確保の課題で大分県議団の質問を参考にさせてもらったのが、堤さんとの出会い。

キャノンの御手洗会長の出身は津久見。昨年同社の偽装請負が発覚したが、県は破格の条件で大分工場を誘致した。「大企業に大盤振る舞いの政治をただし、雇用を増やし、労働条件を守るためにも、堤さんの議席がどうしても必要です」と支援を呼びかけた。

Dsc_7153 堤候補は「志半ばで亡くなった同志の遺志にこたえるためにも必ず勝つ」。力強い決意表明に150人の参加者が拍手と声援で激励した。

訪問活動ののち、消費税をなくす大分の会の宣伝行動に参加。マイクをにぎる。

Dsc_7197 「福祉のために消費税は使われたのでしょうか。ではなぜ年金が下がり、医療費や介護の負担が上がるのでしょうか。実は、取り上げられた税金は大企業減税と軍事費増加分に化けていたのです」。

Dsc_7204 新成人の若者が、多数署名やシール投票に応じてくれた。カップルで署名したはたちの青年は「給料も安く親の介護もしているので、増税は困ります」と静かに語った。

午後、中部地区の地区委員会総会に出席してあいさつ。ちょうどその時、携帯に春名なおあきさんから電話がはいる。

「春名さん、ちょうどよかった。大分の皆さんに一言どうぞ」
『堤さんを県議会へ、2大選挙勝利へ、みなさんがんばりましょう』(拍手)

タイミングのいいこと。比例候補そろって新年の決意を伝えることができた。

宮本・浜崎事務所びらき

1月6日、福岡市南区へ。

宮本秀国市議候補と浜崎おりえ県議候補の合同事務所開き。

比例候補になって、福岡西方沖地震、オリンピック招致、市長選挙と福岡市の政治課題に関わってきた。すごいと感じたのは、福岡市議団が昨年夏JOCに乗り込み、福岡市のオリンピック招致が無謀であるかを訴えたことだ。

P1080649 「市民の賛同のないところでは開催しない」とのJOCの見解を聞き出し、議会での追及と同時に「呼ばんでよかばい」の市民世論を作りあげた福岡市議団。
この力がオリンピック候補地と山崎市長をともに落選に追い込んだ。

「団長の宮本さんの議席は、ムダづかいをなくし暮らしをよくする宝の議席。必ず6選を」と訴え。

浜崎候補。ここ数か月決で初々しさに加え、堂々とした政治家に変貌をとげた。「若者に仕事と雇用を。若き政治家、浜崎さんを県政に送って、県民市民の要求実現を。党県議団を交渉会派に」――激励のエールを送って退室。

その後、福岡県労連の旗びらきに出席。

P1080668 夜は、ウエル戸畑で行われた市民の会の決起集会に参加。配布された政策宣伝資料がたいへんいい。政策と財源、三輪候補と他候補との違いがわかりやすくまとめられていて秀逸。

北九州地区労連旗びらき

1月5日、小倉で活動。

午前は高瀬菜穂子県議、午後は八記博春県議と新年の街頭宣伝。三輪市長候補の政策、大企業減税・庶民増税のあべこべ政治の打開を訴える。支部・後援会からも応援があり励まされる。

P1080628 リバーウォーク前では、冷たい風が吹く中、足を止めた見ず知らずの4人から拍手が起こった。うれしい。寒さも吹っ飛ぶ。

夜は、北九州地区労連の旗びらきに参加。党を代表してのあいさつは八記博春県議。三輪俊和さんも到着。参加者が口々に市政を変えたい、変えようと訴える。三輪さんも「必ず勝って、北九州をよくします」と決意を述べた。

P1080631 約100人の出席者。テーブルを回ってあいさつ。傘下の組合、争議団の面々と堅く握手。「田村さんもはよ国会行かなぁ!」。励ましを受ける。

P1080632 「がんばろう」を歌ってお開き。期せずして三輪コールが起こる。「みーわ! みーわ!」の唱和に送られて三輪さん退室。市長選勝利への決起の場となった。

CS放送を視聴

今年、日本共産党の活動開始は早い。
1月4日、中央委員会総会が党本部で開かれ、5~6日には参院候補も招集されて都道府県委員長・地区委員長会議が開催される。

三が日開けに500人規模の会議を行うのは、長い党史の中でもはじめてのこと。統一地方選、参院選にむけての党中央の意気込みを感じる。

070104cs31 会議の様子はCS放送を通じて、全国の党事務所でみることができる。門司小倉地区委員会で視聴。志位委員長の報告――情勢、地方政治の争点、活動方針等を聞く。

地方選でも国政論と党の値打ちを語ることが強調された。ここに自分の役割があるな、と得心する。

今月の名湯(1月)―雲仙温泉(長崎県)

今月の名湯 雲仙温泉(長崎県雲仙市小浜町)

Dsc00102 開湯は古く701年。奈良の名僧、行基が温泉山満明寺を建立したことに始まる。同時に温泉神社も建立されたとされる。1934年(昭和9年)に雲仙国立公園に指定されるまでは、「温泉」と書いて「うんぜん」と呼ばれていたというから、温泉のメッカである。

P1120773 標高700mの一帯に荒々しい噴煙が舞い上がっている。温泉地獄とはよく名付けたもの。
シューシュー、ゴボコボと音をたてて噴気があちこちであがっている。

P1120768 噴気の最高温度は120℃。大部分が水蒸気だが、硫化水素ガス、炭酸ガスを含み、強い硫黄の臭いを放つ。「ゆで卵のにおい」「花火のにおい」・・・いろいろ形容があるが、これが苦手な人はいて当然。私はこれが好きでたまらない。

82180100000322910雲仙温泉には20数カ所の宿泊施設のほか、共同浴場もある。正月に幸運にも泊まることのできた宿は、新湯ホテル。
露天、大浴場ともに入ったが、大浴場は源泉から湯船までの距離が短く、硫黄臭プンプンの新鮮な源泉を楽しんだ。

雲仙温泉は、基本的に源泉かけ流し。泉質は単純硫黄泉。泉温が高く加水する場合もある。
酸味があり白石濁の湯。

硫黄泉の効能は、高血圧、動脈硬化、皮膚病など。刺激が強いので湯ただれなどに注意。

続きを読む "今月の名湯(1月)―雲仙温泉(長崎県)" »

冬の平和公園

義妹が「原爆の中心地に行ってみたい」というので平野町へ。原爆中心地公園から平和公園を歩く。

_2_1 冷たく空気がはりつめ、夏とは全く違うおもむき。平和祈念像やモニュメントから荘厳な雰囲気を感じながら、被爆者の苦しみを想像する。

_4_2 驚いたのは、全国から大勢の方が原爆資料館を訪れていたこと。食い入るように展示物を見る若者たちの姿にたいへん心を強くする。

大吉だよ

070101_1 妻の妹が沖縄から遊びに来たので、長崎へ小旅行となった。長崎市内にある諏訪神社は妻のお気に入り。100円のお賽銭にしては、姉妹の願い事は長い。なんだろう。

070101_7 私も「今年すべての選挙で勝利できますように」と願かけ。もちろん私たちのたたかいは神頼みとはいかないが、おみくじをひいたら大吉。ちょっとうれしい。

元旦宣伝

新年、おめでとうございます。
2007年、新しい年がはじまりました。今年もよろしくお願いします。


P1080430_1 1月1日、新年のあいさつで小倉の八坂神社前に立つ。
三輪俊和さんとともに北九州市長選(2月4日投票)での支援を初詣客に訴える。

「あけましておめでとうございます」。八記博春、高瀬菜穂子両県議をはじめ、小倉の市議も勢揃い。

P1120623_1 「ムダをなくして、福祉を強めます」
「子ども医療費とごみ袋代を無料に。市長退職金は受け取りません。3つのゼロの三輪でーす」

P1080426_1 けっこう反応が上がってきた。三輪さんに握手を求める人、「ぜひ勝ってください」などの声援も多くなった。よし。
(三輪さんの笑顔日記より一部写真引用)

P1080447_1 客足は心なし少ない・・・高瀬さん曰く「夏祭りも地元は盛況だったのよね。街中まで出る人が減ったみたい」。

増税と高負担の政治を早く転換せねば。いっせい地方選、参院選、勝負の年。がんばるのみ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30