ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 佐賀 新春の集い3発 | トップページ | 福岡・筑前町議選 »

諫早湾干拓事業を視察

1月15日、長崎で活動。

200703_2_1 国営諫早湾干拓事業――国費と県費の壮大なムダづかい、有明海汚染で漁民の糧を失った元凶。
有明海4県のたたかいに参加し、裁判も傍聴してきた。しかし、現地をしっかり見ることがなかった。諫早の前市議、福岡洋一さんに案内をお願いして、今回視察の機会を得る。

Dscn4578_1ふちせ栄子参院候補、ブロック事務所のスタッフと合流して現地へ。百聞は一見にしかず。干拓地、調整池、潮受け堤防、そのいずれも想像を超える巨大なものだった。九州農政局干拓事業所の渡辺巧次長、長崎県総合農林試験場干拓科の小林雅昭科長から現地説明を受ける。

2_5 中央干拓地。約700ヘクタール。塩を含んだ土(1600ppm)を国が改良する。500ppm以下で正常な生育が可能となる。緑肥を植えて鋤きこむ。2年かけて100ppmまで下がったという。営農希望者の作付面積を合計すると、干拓地の3倍なったと農水省は言うがどうだろうか。

2_6 県の農業試験場でハウスのいちごを試食。甘く立派なものだった。「むしろできたものをどう売るかが課題」と小林科長。豊作だったダイコンは1本10円、キャベツは10㌔100円の価格しかつかなかったらしい。

農産物の輸入をすすめ、食糧自給率低下を招いている農政と、広大な農地の造成は明らかに矛盾する。海風が強く、毎年の台風に作物が耐えられるのか。疑問もわく。

Photo_39 干拓農地は、長崎県が県農業振興公社を通じ、国から取得してリース方式で農家に貸し出す。購入資金は53億円。しかし土地改良法上、自治体が干拓農地の配分を受けることはできない。長崎の住民グルーブが「脱法行為。公金の支出は違法」と昨年提訴した。

3_2 干拓事業総費用は2533億円。目的の農業だけをみても採算のとれる事業ではない。
まして海を汚し、その対策も含めると赤字は6400億円。費用対効果わずか0.19にしかならないことが明らかなった。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-23/2006062301_03_0.html

15






調整池と排水門。調整池の水位をマイナス1メートルに保つため、北と南の排水門を年間120回開けて調整している。

7_1 7キロメートルに及ぶ潮受け堤防。海を遮断したギロチンは防波堤の中に消えて形はない。
寒風吹きすさぶ干拓地で壮大な国政の過ちを目の当たりにし、よけいにぞっとした。




070115_1_1 午後から長崎市で街頭宣伝。中西あつのぶ市議候補、ふちせ栄子さんと一緒にマイクを握る。立ち止まって訴えを聞く人、手を振る市民、反応もまずまず。

070115_3_1 滑石では支部の方がポスター貼り、ビラ配りの最中だった。
「ごくろうさまです」「田村さんもがんばって」。

« 佐賀 新春の集い3発 | トップページ | 福岡・筑前町議選 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/13571380

この記事へのトラックバック一覧です: 諫早湾干拓事業を視察:

« 佐賀 新春の集い3発 | トップページ | 福岡・筑前町議選 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30