ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 黄色い新幹線 | トップページ | 福岡議員会議で学習 »

転機となる総括会議

8月22日、福岡県委員会総会に出席。参院選の結果と教訓について総括。

躍進したところ、後退したところの差は何だったのか――福岡の東博、中南、西部、筑朝の4地区、自治体では21行政区で前回より比例票を増やした。地方選挙で政治的影響力を拡大して党議席の値打ちが語りやすくなっている。

議員空白自治体や党組織の弱い自治体では、2大政党キャンペーンの影響を大きく受け、自らの取り組みと奮闘なしに前進はない。北九州市、大牟田市での後退は、いっせい地方選挙での失敗に援助、手立てが不十分であった。

決定の不徹底、決定で選挙をたたかうことの弱さ、日常不断の対話・支持拡大の重要性も指摘された。国保や後期高齢者医療などの県民運動を進めていくことも提起された。

かなり踏み込んだ県常任委員会の報告をもとに討論。私も衆院選への決意を込めて発言した。比例選挙が「おらが選挙」となるためには「おらが候補」と言ってもらえるよう、九州沖縄を精力的にまわることを述べた。

世論調査でも、自民・公明に審判がくだった結果に有権者が満足している。国民の選択が明らかになったわけではない。新しい政治への模索がはじまる中、そのプロセスの中で、共産党が政策論戦で優位に立ち、野党共闘、要求実現を大いにすすめ、組織的にも前進をおさめる。そうすれば、次のたたかいでの勝機は十分にある。激変がおこる可能性もある。

「情勢を好機ととらえるかどうか」。岡野委員長が討論のまとめで述べたが、モチベーションを左右するキーワードとなろう。
これまでの蓄積をもとに、心機一転。確信を得る仕切り直しの会議だった。

« 黄色い新幹線 | トップページ | 福岡議員会議で学習 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/16219781

この記事へのトラックバック一覧です: 転機となる総括会議:

« 黄色い新幹線 | トップページ | 福岡議員会議で学習 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30