ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 延岡で台風被害調査 | トップページ | 長崎県に申し入れ »

早期米が大不作

Imgp1946延岡市から宮崎市に移動。宮崎農民連、地方議員団と早期水稲の台風被災について話を伺う。

7月14日に宮崎を直撃した台風4号によって宮崎の早期米は大打撃を受けた。いつもなら1等米、2等米が9割以上を占めるのに、今年(8月15日現在)は、1等0.2%、2等3.8%、3等25.1%、規格外が70.9%。大不作となった。
(整粒歩合70%以上が1等米、60%以上が2等米、45%以上が3等米)

P1140543 台風の通過後に高温で乾燥した風が、登熟期の稲に影響を及ぼし未成熟米を作ったといわれている。乳白米、心白米を含んだ不完全米は、完全米と見た目に違う。白っぽい。

米の買取価格は地域によって違い、品種によって区分されるが、宮崎中央農協の規格外米の仮渡金は、整粒歩合40%以上でも4800円(30キロあたり)。29%を下ると、2千円台と二束三文となる。

P1140546 しかし、規格品外だからといって食べられないわけではない。試食させてもらったがおいしい。普段食べている米と変わらなかった。

仁比議員昨年11月に災害特委で佐賀県の塩害被害について質問したが、「農業共済金の支払いにあたっては、収量の減少だけではなく品質低下による収入減収も評価すべき」――この視点が大切だ。農民も町村会も損害評価の特例措置や法改正を求めている。

清武町の小玉允則議員が持ってきてくれた資料に目を奪われた。農家からの聞き取りで米30キロを作るのに要する費用が約8000円するという。では最高で売れる価格はというと、宮崎中央農協の場合7600円(ヒノヒカリ・JA米/7月25日までの出荷)。最高の米を作っても利益が出ないのだ。

ただでさえ収入にならないのに、台風被害で大打撃。早急な対策が求められる。

« 延岡で台風被害調査 | トップページ | 長崎県に申し入れ »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/16368870

この記事へのトラックバック一覧です: 早期米が大不作:

« 延岡で台風被害調査 | トップページ | 長崎県に申し入れ »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30