ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 大分政府交渉① | トップページ | メル友と懇親会 »

大分政府交渉②

10月4日、引き続き、大分の政府交渉。
http://jcp-tamura.web.infoseek.co.jp/

○温泉排水
国が法の欠陥にまで言及。温泉旅館からのホウ素、フッ素を処理する技術の確立なしに、暫定排水基準を強化する考えがないことが改めて確認できた。

○医師不足
竹田市、豊後大野市を「深刻な事態」と厚労省が認識。大分県として医師確保の要望が上がっていないことが判明。

○生活保護
大分市の個別事例――自宅と仕事場の車使用を認めないことが、自立を阻害していることが明らかに。厚労省も関心を示した。

20070217_06 ○日出生台訓練での火器使用
地元自治体との協定期限まで1ヶ月を切っているにもかかわらずこう着状態が続いている。「理解と協力を求めていく」「沖縄の負担軽減のため」を繰り返す防衛省。赤嶺議員が「うそをいうでない」と一括。沖縄キャンプシュワブでの山火事が増えていることを防衛省も認めた。

○新日本製鉄ばいじんの被害
経済産業省の製鉄企画室長が「改善計画の設備の設置を予定通り進めるよう指導したい。周辺地域も見てみたい」と回答。国として行政指導の言葉が出たのははじめて。

Cimg4899_2 北九州市でも降下粉じん問題が起こっており、9月議会で取りあげた荒川徹市議と電話。対策のとりくみや新日鐵が町内会へ説明を行なっていることを聞いて、交渉に反映させた。

« 大分政府交渉① | トップページ | メル友と懇親会 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

>生活保護

東京ならいざしらず、九州だと工場関係は車なしには通えないところがほとんどです。
公共交通機関沿線に多い接客系サービス業に適性がない私のような人の場合、生活保護で車を認めないのは事実上命取りないし自立禁止です。(もともと車を持ったことはないとはいえ、実際、それで面接を断念した経験多数。)

関連あるいは参考:転落日記
http://air.ap.teacup.com/applet/bunten/msgcate4/archive
内「面接全滅」
http://air.ap.teacup.com/bunten/7.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/16668041

この記事へのトラックバック一覧です: 大分政府交渉②:

« 大分政府交渉① | トップページ | メル友と懇親会 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30