ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 「平和の手まり」 大牟田で激励いっぱい | トップページ | 小竹、直方で「語る会」 »

原油高騰対策で申し入れ

1月25日、九州経済産業局へ原油高騰問題で要望所を提出。九州各県の代表ととともに、交渉。

P1030811 衆院比例候補の小林とき子、瀬戸雄也、山本のぶひろの各氏、武藤明美佐賀県議、内田隆英長崎市議、堤栄三大分県議、前屋敷恵美宮崎県議、まつざき真琴鹿児島県議が参加。

http://jcp-tamura.web.infoseek.co.jp/20080125genyukoutou-mousiire.html#20080125

Dscf3245  「原油の輸入価格自体は25年前と変わっていない。販売業者の半数は赤字。価格を下げるのは難しい」――資源エネルギーの担当課長が石油業界の代表みたいな回答をするのには驚いた。

鹿児島・与論島ではガソリンが195円(1㍑)にもあがり、農業者も漁民も仕事をするだけで赤字になっている実情を各県からあげる。ようやく「予想以上にきびしいことがわかりました」。

Dscf3307石油精製元売りの大手6社の経常利益を指摘。
「19年度上半期では4135億円は、昨年度の7368億円、一昨年度の8115億円を上回る勢い。他の製造業の利益率より低いことを理由に価格に還元しないのはおかしい。国民は納得しませんよ」

「生活保護の冬期加算が福岡市で1ヶ月2950円。灯油の値上げ分を補うものではない。地方自治体が福祉灯油を行なえば交付税措置するというやり方ではなく、原油高騰分の補填には国がイニシアチブを発揮してほしい」。強く要望した。

Dscf3338 この後、福岡県庁で真島省三県議とともに県に対しても対策を要求。

「国と市町村との間で、県の位置は?」と聞くと、中小企業への相談・融資が中心とのこと。

県下で福祉灯油を行なう自治体は今のところない。
やはり国の役割が重要だ。

« 「平和の手まり」 大牟田で激励いっぱい | トップページ | 小竹、直方で「語る会」 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/17906646

この記事へのトラックバック一覧です: 原油高騰対策で申し入れ:

« 「平和の手まり」 大牟田で激励いっぱい | トップページ | 小竹、直方で「語る会」 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30