ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 久留米~柳川~行橋 | トップページ | 3月12日付けの答え »

ちりとてちん、と・・・

しんぶん「赤旗」水曜随想(08.03.12)

NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」が好評だ。私も録画して欠かさず見ている。ヒロインが落語を通じて成長する話なのだが、人情の機微が上手に描かれている。

落語は、一人で演じ、語るだけの真剣勝負。聴衆を笑わせ、ほろっとさせる。想像力をふくらまし感動を誘う。それは演説にも似ていないか。一人で大勢の聴衆を前に、政治社会のことを人の喜怒哀楽を交えて語る。口上での「つかみ」、「間」の取り方等、落語は私たちの語る活動で大いに参考になる。

各県での演説会がとりくまれ、九州沖縄8県を一巡して訴えた。会場出口での参加者の感想をもとに自己採点。

うまくしゃべったつもりでも気迫が伝わらないと、「いつもの元気なかったな」。うーん、反省の50点。「田村さんがんばって・・・じゃないわね。『私もがんばる』だよね」とくれば及第点。「聴衆を感銘させ、変革する演説を」――かつて上田耕一郎氏が力説していた。「あのくだりがよかったよ」「私も広げます」など、具体的に演説の中身を評してもらえれば70点。

志位委員長、市田書記局長をはじめ、党幹部の演説を間近で聞けるのは、比例候補の役得。いいところはしっかり盗む。しかしそのコピーであってはつまらない。ここが知恵の絞りどころ。「あんた、自分の言葉に置き換えて、うまく訴えたなぁ」と言われるとうれしい。80点。

落語も演説もたいへん広くて奥深い。さて、今日もしんぶん「赤旗」と「ちりとてちん」を参考に「稽古」とまいりましょう。

そうそう。落語と演説、似て非なるものもあります。それは、落ち(おち)で笑うのが落語、落ちて泣くのが選挙。お後がよろしいようで。



“九沖(きゅうおき)”豆知識24
面積の一番大きい市は?
①北九州市(福岡) ②佐伯市(大分) ③延岡市(宮崎)

答え→② 詳しくは私のブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

« 久留米~柳川~行橋 | トップページ | 3月12日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

昔上田耕一郎さんの演説を聴くたびに、やったーこれで自民党を斬ったぞーと感激したもんです。あんなスカッとする演説は大変難しいですよね。
今の情勢とは大きく違った情勢でしたから。でもあの頃も今も、元気の出る演説は、やはり元気が出るのです。

何年か前に、某元首相の演説を聴いたことがあるのですが、ヒトラーを連想させ1日中気分が悪かったです。その点、共産党の演説は明快!元気でます(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/40471182

この記事へのトラックバック一覧です: ちりとてちん、と・・・:

« 久留米~柳川~行橋 | トップページ | 3月12日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30