ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« お褒めをいたたぎました 都城 | トップページ | 厳しい意見もいただいて 宗像 »

若松演説会

4月18日、都城市から北九州市へ移動。

若松区で野依謙介市議、真島省三県議、山口律子前県議と合流。脇田漁業へ向かう。組合長と懇談。

国は、漁協を県で1ヶ所まとめようとしている。有明海、筑前、豊前と3つの異なる海をもつ福岡ではそれぞれに漁法も異なり、ひっつくなど土台無理な話。筑前は10の漁協が合併を進めてきたが、現在は4漁協体制。豊前も6漁協が4つになった程度だ。

P1180506 「魚礁をつくり、経験の浅い若い漁師も生計が立てられるよう試験養殖を行ないたい。金融の方も資金に問題はなく、合併に寄らないでも脇田はやってゆける」。本田義人組合長の力強い言葉が返ってきた。
小規模作業所を兼ねる水産物直売所などをみせてもらう。


Dsc_0139夜は、市民会館で、市議選・総選挙差勝利をめざす演説会。150名の参加者。

医師不足は北九州でも深刻。4つの市立病院全体に影響がでていて、若松病院では6人もの医師が一気に退職したことで医療の存続が危ぶまれている。
「国政も市政も変えなかったら、市民の医療と健康を守ることができない」。野依市議が力強く訴える。


Dsc_0169Pic1_134200712





  きょうは演説会だったが、地区機関からの要請は「電気紙芝居」。茨城県医師会の後期高齢者医療に反対するチラシや「『長寿という地獄』絶対に許さない」(週刊文春4/17)の見出しも紹介して、「お年寄りいじめの制度をやめさせるまでたたかい抜きます」。

Dsc_0174

二人で一生懸命訴えて150人の参加者の拍手にこたえる。

« お褒めをいたたぎました 都城 | トップページ | 厳しい意見もいただいて 宗像 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

マスコミも騒ぐのが遅すぎ!政府が番組制作や、報道に干渉している事を裏づける。田村さんが、国会追求し、解決策を提案する姿を実現させたい。 共産党こそ、国民益があり、国力の底上げ、世界平和外交の術を持っている事を、世論に知らせねば。‥ポスト福田にダレがいい?「はっきりモノ言う小泉さんの再登板」と街頭インタビューに答える人に、TVのコメンテーターも、やっと『駄目よ!この改悪のご本人ですもの』と発言する様になった。来年は母子家庭への児童扶養手当ての全廃で、また大混乱する。 お金が無ければ、学べない、日本に未来は無い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/40920812

この記事へのトラックバック一覧です: 若松演説会:

« お褒めをいたたぎました 都城 | トップページ | 厳しい意見もいただいて 宗像 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30