ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 「日本共産党でナイト」in福岡 | トップページ | 佐賀で「農業再生」のつどい »

第二関門橋構想 現地調査

5月17日、山口県下関市へ。

仁比そうへい参院議員、山口・福岡の党機関・議員とともに、関門海峡道路(第二関門橋)構想の建設ルートを現地調査。対策会議。

P1040802 下関彦島から小倉日明方面を臨む。この間2㎞。橋梁方式、海底トンネル方式の構想がある。両側ともに海峡道路とつなぐための整備も要する。
建設費は数千億円で、事業主体がどうであれ、国は事業費回収に関門トンネルの料金引き上げを想定している。とんでもない。

1_6bhfs4xlg36__46 国や両県・両市は、第二関門橋が必要な理由をクルクルと変えてきた。はじめは今の関門橋の「交通量が増大する」と。しかし、交通量は安定し余裕がある。次ぎに災害対策。ところが関門海峡道路の下には小倉東断層が走っている。最近はあまり言わなくなった。変って出てきたのが「関門連携」。

北部九州で大水深港湾建設を国が呼びかけ、下関市は人工島をつくっている。コンテナターミナルは来年供用を開始する。北九州市はひびきコンテナターミナルをつくってすでに破綻している。港をつくり、橋をかけたところで「連携」が飛躍するはずもない。

海峡をはさんで、行政区も党機関も別れるが、中国ブロック・九州ブロックが連携して、ムダづかい推進勢力に対抗する運動をすすめていくことを確認。

« 「日本共産党でナイト」in福岡 | トップページ | 佐賀で「農業再生」のつどい »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41242269

この記事へのトラックバック一覧です: 第二関門橋構想 現地調査:

« 「日本共産党でナイト」in福岡 | トップページ | 佐賀で「農業再生」のつどい »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30