ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 怒りのメーデー | トップページ | こんなの食べたことない 都城で »

「水門開けよ」 漁民原告と懇談

5月2日、佐賀県太良町へ。

諫早湾潮受け堤防の水門開放と干拓事業による漁業被害を求めて、長崎県の小長井町と佐賀県太良町大浦の漁民41人が、4月30日に長崎地裁に提訴した。

Img_4592 漁業の現状、漁民の思いを聞くために、仁比そうへい参院議員の調査に同行。大浦の公民館に小長井、大浦の漁師、支援の人たち10数人が集まってくれた。

「有明海に世話になったものとして海を取り戻したい」と参加者。当然の提訴である。仁比議員が敬意を表して、政治決着も視野に入れた野党共同の取り組みを紹介。

提訴にあたって原告たちは、同じ漁民から有形無形の圧力や妨害を受けた。裁判をすると国から補償が打ち切られたり、雇用・水質改善事業などが打ち切られてしまうなどの理由によって。

しかし海を汚したのは国。潮受け堤防さえ明ければ、貝も魚もとれることは2002年の短期開門調査でも実証済みだ。

01_2タイラギは、6月~7月に稚貝をまいても死んでしまうから、今はしていない。が、「2002年の短期水門調査の後は貝が立った(副団長の平方宣清さん)」。
(写真/「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」HPより)

すでに干拓農地はできあがった。たとえ開門しても干拓農地は海水に浸からない。国は開門を頑なに拒否しているが、怖がっていると解釈した方がわかりやすい。
湾を締め切らないでも干拓農地は成り立つ。なら、なんで開けないのか―このことがいよいよ裁判で問われてゆく。

「ようやく自分たちの思いが言える。仲間は増えると思います」と原告団長の松永秀則さん。さばさばしていたのが印象的だった。

« 怒りのメーデー | トップページ | こんなの食べたことない 都城で »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

この裁判は勝てる!モノ言えぬ人をたくさん作ってきた政治だが、確証が見えた今。以前のフジTV。 連ドラ[不機嫌なジェーン]で、干潟を調査し続けた微生物学者が、肩を落とした後ろ姿に考えさせられた人も多い。 豊穣の海。2兆円の漁業を国民に返せ! かすがの里の不当解雇問題が勝訴する迄、微力ながら支えたから、今後は有明だ!皆で声をあげよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41074071

この記事へのトラックバック一覧です: 「水門開けよ」 漁民原告と懇談:

« 怒りのメーデー | トップページ | こんなの食べたことない 都城で »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30