ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« ごはんだよ~ | トップページ | »

今月の名湯(5月)―天ヶ瀬温泉(大分県)

P1000236 豊後風土記にも登場した1300年もの歴史がある名湯。別府、湯布院と並ぶ豊後三大温泉のひとつに数えられる。玖珠川沿いの両岸には大小20余りのホテルや旅館が建ち並ぶ。

P1000303 おすすめは、玖珠川にそって点在する共同浴場。囲いのある半露天から、まるで川の一部のような完全露天まで、入湯料100円を箱に入れたら誰もが利用できる。

P1000234宿のおかみに聞いた。
「丸見えだから、男はいいけど、女の人は入りづらいですね」
「そうでもないですよ。バスタオルをまいて入るのも許されていますし、夜になったら堂々と女性の方も・・・」
「へぇー」

これはもしかしたら・・・歴史的な遭遇があるかもしれない。などと期待したが、結局勇気ある女性はおろか、男も姿を見せなかった。

P1000288 すっぽんぽんで一人、自然浴、温浴を満喫する。なんという開放感。川の流れに浸っている感覚もおもしろい。とにかく気持ちがいい。

湯船(というべきか)はよく手入れがされていて清潔。泉質は単純硫黄泉で硫黄の匂いが漂っている。天ヶ瀬温泉の源泉は、宿や露天によって少し違うようだが、泉温が高いので加水あり。
肌にはやさしく、入浴後のすべすべ感が長く続く。

P1000314 宿の湯の泉質は、重曹泉・ナトリウムと表示があった。川添いの露天とは性質が違う。

« ごはんだよ~ | トップページ | »

◎温 泉◎」カテゴリの記事

コメント

この川沿いの露天風呂、週末の夜は、若い女性同士、カップルの姿 ‥しかし、驚くのは大ムカデ、その早さ! お気をつけて。
穴場は、上流へさかのぼり、右手の混浴露天風呂。若いカップルが静かに入る。移動時にタオルを使用するだけで、OK。月あかりの元、ゆったり楽しめます♪
気恥ずかしい程の開放感を挑むなら、町営風呂。上流右側山手、24時間・無人営業。こちらも、混浴。
地元の女の子が「こんばんわー」と我が家の如く、入浴してくるさまに、先客が赤らむ。湯の華が舞い、湯冷めしにくい。寒い時期におススメです。

天ヶ瀬は温泉街の近くにある滝が好きです。特に駅から歩いていける「桜滝」は穴場。ホントに滝なんてあるのかな…と、ちょっと不安になりながら歩いていくと「おお!すごい」
マイナスイオンをたくさん浴びることができます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41383045

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の名湯(5月)―天ヶ瀬温泉(大分県):

« ごはんだよ~ | トップページ | »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30