ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 佐賀で「農業再生」のつどい | トップページ | 久々の平戸でたっぷり120分 »

市民病院を存続させよう 武雄

唐津市から車で武雄市へ。
「田村貴昭候補と語る会」

武雄市はいま、市民病院の存続を巡ってゆれている。
市は昨年11月「行政問題専門審議会」に市民病院の経営形態の見直しを含めて諮問。審議会の最終意見は「堅持」。救急告示・二次医療金として病院が市民の中に定着していること、不採算部門は「市民病院として当然」として公立病院の役割を求めた。

ところが樋渡市長は、審議会に諮問する前から福岡和白病院と接触し、民間委譲を考えていたことが発覚した。武雄・杵島地区医師会は市民病院の存続を求める署名運動を展開。17000人分の署名が集まった。

17人が参加。瀬戸ゆうやさんがあいさつ。平野邦夫市議が、このかんの経過と議会でのやりとりを報告した。

P10000526

なぜ自治体病院が「合理化」・廃止の動きにあるのか―「電気紙芝居」を用いて、国の方針を解説。市民のいのちと健康を脅かす仕掛けは、「骨太方針」からの社会保障費・の削減計画が基本にあることを述べた。

1__2_2

「後期高齢者医療も自治体病院つぶしも、根っこには軍事費、道路特定財源のムダづかいがあります」

「医師会が反対運動の先頭に立っているのは大きい。市民の総意をつくりあげて撤回に追い込みましょう」

1__3「また、採算性のあわないものはつぶすような、国のやり方をやめさせるために、今度の総選挙で自民・公明をやっつけましょう」

参加者から、市長と民間委譲をめぐる新しい情報が寄せられた。
また、「中国の大地震になぜ自衛隊は救援に行かないのか」「グアム島の米軍基地建設に日本が金を出すのはおかしい」などの意見も出された。

« 佐賀で「農業再生」のつどい | トップページ | 久々の平戸でたっぷり120分 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41283513

この記事へのトラックバック一覧です: 市民病院を存続させよう 武雄:

« 佐賀で「農業再生」のつどい | トップページ | 久々の平戸でたっぷり120分 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30