ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 雨男、ひきつづき鹿屋で | トップページ | 6月18日付けの答え »

秋葉原事件の奥底には

しんぶん「赤旗」水曜随想(08.06.18)

福岡労働局で派遣労働のあり方について協議をしていたら、あの秋葉原事件の話題となった。「誰でもよかった」と17人を殺傷した25歳の青年は、ずっと派遣労働者だった。

警察の取り調べで、「雇用や将来への不安を一方的に募らせていた」と報道されている。
「俺が余る理由は不細工だから」「彼女がいれば・・・」「望まれて生まれず、望まれて死ぬ」――彼がネットの掲示板に書き込んだ言葉はなんとも空しい。が、いま多くの青年が似たような思いでいるのではないか。

一昨日、鹿児島の星塚敬愛園を訪問した。ハンセン病問題解決法が国会でようやく成立したことをみんなで喜んだ。隔離、断種を強制され、筆舌に尽くせない人生。しかし、差別と偏見と向き合い、患者たちはたたかいつづけた。解放への展望を持ち、支え合う仲間とともに。

あの青年に「一人じゃないよ」と励ます仲間がいれば、たたかいの向こうに扉が開かれることを知る偶然があれば・・・そんなことをあの日以来考えている。

被害者とその家族の日常と将来に思いをはせれば、彼の罪は万死に値する。絶対に許せない。だが、彼を「特殊な人」で終わらせ、裁くだけでは解決できない。

働いても努力しても報われないワーキングプア。人間をモノ扱いする働かせ方が、事件の奥底に横たわる。「もうどうなってもいい」「犯罪で注目をあびたい」――理性と狂気の間はいま紙一重ほどの差しかないことを、「構造改革」を推し進めてきた人たちは思い知るべきだ。



“九沖(きゅうおき)”豆知識27
宝くじ。高額当選率の一番多い県は?
①福岡県 ②佐賀県 ③宮崎県

答え→② 詳しくは私のブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

« 雨男、ひきつづき鹿屋で | トップページ | 6月18日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

期間従業員の働く現場や生活環境は劣悪です。工場(仕事)にいけば社員との格差に悩みます。しかし、期間従業員のミスは少し前に入った期間従業員の責任。さらにその責任は指導をした社員の責任。
利益ばかり求める会社は、働く人たちの実態は、見て見ぬふりをし、ココロのゆとりや人格を奪います。同じ人間なのに許せない事だと思います。

アキバの事件は、他人事のようには感じませんでした。被害者にも加害者にもなりえる環境が近くにあると思ったから…。


同じ世代として、みんなでコノコトを考えたいと思いました。

25歳の青年。決して「特殊な人格」では無い。彼の様に自虐的に、自己アピールするしか術を持たない、男性が近所に居る。
彼の悩みを聞くと、しばらくは、希望的観測を持ち穏やかである。しかし、日々、解消されない己の[欲]に、自ら負の要素を付けては、挫折、ひがみ、嫉妬の感情を著す。時には、話しを聞く側に疑似恋愛の念も示す。 『誰でもよかった』と動機を語る彼。学生時・社会でも「誰でもいいから」と配属・配置されて来たのでは?と、胸が痛む。青年の両親の記者会見を見て船場吉兆のお女将と、同様の印象を持つ。体裁を保つのが大事か?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41567690

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原事件の奥底には:

« 雨男、ひきつづき鹿屋で | トップページ | 6月18日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30