ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 七夕の願い事は・・・ | トップページ | サミットにはがっかり »

7月9日付けの答え

“九沖(きゅうおき)”豆知識28

タクシーの初乗り料金。一番安いのは?
①北九州市(福岡) ②人吉市(熊本) ③石垣市(沖縄)

答え→②

タクシー料金は、地域や事業者によってまた、走行距離と時間との設定によって様々だ。地域によっては、規正緩和による新規参入でダンピングが相次ぎ、国土交通省も総量規制へやっと重い腰をあげた。いま、原油高騰が運賃の値上げを余儀なくしている。

私の居住地、北九州市では、初乗り650円(1.6 Kmまで/加算330mまで80円)が主流。旧料金590円(同)で営業している会社もある。

北九州地区では、初乗り800円(15分または5キロ/加算は15分か6キロごとに800円)の申請が認められた事業者もある。電話申し込みだけの営業許可だが、この設定では約2キロ以上乗れば、他社より安くなる。

沖縄の離島は運賃が安いが、原油高騰の影響でほとんどの事業者が今夏から初乗り運賃を390円から430円にするという。

P1010335九州沖縄で最も料金が低いのは人吉市。初乗り320円。昭和の時代にタイムスリップしたかのよう。市内には270円の事業者もある。おそらく日本で一、二を争う低料金だろう。

この記事を書いていて、福岡市内に初乗り290円(850mまで/加算407mで80円)の事業者が現れたことを知る。福岡市内は近距離の利用者が多いということで、多くの事業者の初乗り運賃は550円(1.2Kmまで/208mで50円加算)。他の大都市より低めだが、290円タクシーの出現は、過当競争を物語る。

小泉「構造改革」による規正緩和は、激烈な競争と価格破壊を生み、タクシー労働者の労働条件をさらに悪化させた。事故の増加も大きな問題となっている。「安ければいい」と言う考えだけでは、安全で快適な走行は保障されない。利用者の意識のあり方も問われている。

« 七夕の願い事は・・・ | トップページ | サミットにはがっかり »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/41782753

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日付けの答え:

« 七夕の願い事は・・・ | トップページ | サミットにはがっかり »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30