ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

今月の一杯(8月)

(アップが遅れていました)

うまいなぁ! 焼酎は--
麦焼酎「百年の孤独」(43度)(株)黒木本店 宮崎県 

Img_0109 宮崎県の黒木本店の名品。地元でも入手困難なプレミアム焼酎となった。
人気の理由は、やはりそのうまさにある。長期間、樫樽で貯蔵し芳醇な味と香りを生み出した。

「ガンガン飲むのでなく、食後酒としてゆっくり飲むのがいいのでは」。以前、黒木社長に話したところ、私の考えを認めていただいた。
http://tamura.air-nifty.com/1961/2008/07/post_403d_1.html

この焼酎にはスイーツもよく合う。今夜は気どってオンザロックで。
ピキッ、ビキーン・・・氷の溶ける音と「百年の孤独」の装丁が独自の空間を演出する、グラスの中の小宇宙を眺めながら、一日を振り返るのも一興。ゆらり、ゆらーり・・・

高めのアルコールが水溶する様がおもしろい。生きているみたいだ。薄褐色の液体が氷水と混ざり合う色の変化を楽しむのもいい。

●今夜のおつまみ
フルーツ盛り合わせ、チョコレート、ピスタチオ、チーズ

テレビを見るネコ

P1030754_2 大ちゃん、ただいま。

「・・・」

ほう、ニュース見てたの。今日の株価はどうだった?

「ニャー」(カンヅメ食べたい)

鹿児島市で活動

10月30日、鹿児島市内で活動。

明和支部で集い。「電気紙芝居」でやりがいのある情勢、党の役割を語る


Photo「支部長の田中さん、田村さんを紹介してください」と、前市議の竹原よし子さん。
「はい。みなさんご存知、私が大好きな田村候補です」
「それじゃ、紹介になっていないよ」(笑)


Img_1030活動や国会情勢などで論議。
「自分はテレホンアポインターなのに、選挙の電話かけが難しいと感じる」「やはり対話を試みるのが大事では」

「麻生首相のカップラーメン400円の認識にはびっくりした」「体によくないからカップ麺は買ったことがない。私も値段を知らないわ」(笑)

続いて紫原支部へ。

Img_1050「民主党に入れるという人は多い」「『民主では変わらない』などの言い切り型はよくないですね」

「総選挙はいつかねぇ」「来年1月? 4月?」「9月以降、連日欠かさず集まって活動してきたからきついね」「任期いっぱいまで引き伸ばしたりして・・・」「(田村)それじゃ、体がもちませーん」(笑)

B宣伝カーでに乗って、街中を流す。街頭演説を2回(写真/大園たつや市議と)。

真砂の商店街では、商店主たちが出てきて話を聞いてもらった。「がんばって」「ほう、北九州から来られたか」


福岡第一法律事務所 お弁当集会

10月29日、福岡第一法律事務所へ。
昼休み小集会に弁護士、事務局あわせて17名が集まってくれた。

Img_1009「電気紙芝居」で訴え。まず司法・警察分野の総選挙政策と仁比参院議員の活躍を紹介する。

弁当を食べながら、25分凝縮したスライドを視聴するのしは、少ししんどかったもしれないが、熱心に聴いてもらった。

「初めて見た。よくまとまっている」「今度は勝ちましょう。私もがんばります」「得票目標と到達との関係は?」「紙芝居は政策の一部かと思っていたら、情勢も党押し出しも入っていて驚いた」「データーをおくってほしい」―などの質問、感想が寄せられた。

■喪主■

(少し時間に余裕ができたので、父との最後を振り返ります)
10月21日、父の葬儀。

喪主―葬儀の主宰者。これほどやることが多いとは、思わなかった。葬儀場のスタッフは、事あるごとに「喪主様、いかがなさいましょう」とやってくる。

祭壇、供花、供物の手配、宿泊者の確認、食事の段取り、導師へのあいさつ、骨揚げまでの段取り、初七日の法要の仕出し料理の手配・・・悲しむ間もないとは聞いていたが、やたらと忙しい。

妹の佳世子が会計担当なので、勘定の仕事はない。これが一番助かる。親戚に会葬者の受付をひきうけてもらい、みんなに助けられた。感謝。

P1030833 棺に花を手向けるとき、エレクトーンで「影を慕いて」が流れた。父が好きだった歌。泣くことはないと思っていたが、涙がほほをつたう。

頑固で一本気なところがあったが、病と老いには勝てなかった。大往生だが、晩年が不憫でならない。
長いつきあいの住職が、父との思いで話にも触れ、荘厳な読経で見送ってくれた。

P1030844_2葬儀の最後に喪主あいさつ。そして、出棺、火葬、骨揚げ、初七日の法要とあっという間に時は流れた。

さよなら、お父さん。

■湯灌の儀~通夜会■

(少し時間に余裕ができたので、父との最後を振り返ります)
10月20日、父の通夜。

ここの葬儀場では、湯灌(ゆかん)をとり扱っている。納棺の前に
遺体を入浴させ、洗浄するのだ。体にシャワーをかけながら、担当者が丁寧に体を洗うのには、正直驚いた。シャンプ-も2回。ひげもそってクリームを塗って、見違えるようにすっきりした。

遺体にはバスタオルがかけられて、遺族には体が見えない。骨と皮だけになった仏さんを若い担当者がさわやかに清めてくれたのが、いつまでも印象に残っている。風呂好きだったから、よかったね。

思い出の品とともに納棺。通夜となった。人付き合いの苦手な人だったが、自治会やマンションの居住者も弔問にかけつけてくれた。

弔電のほとんどは私の関係。党機関から多数寄せられた。整理を終えて、伯父たちと父の横に布団を敷いて寝る。


200812_2_2 元気な頃の父。
年金暮らしなのに、よく小遣いをくれたっけ。

■ひとりでお通夜■

(少し時間に余裕ができたので、父との最後を振り返ります)

10月19日、夜10時過ぎに大阪の葬儀場に到着。

父の最期を看取った妹夫婦と母は、半徹夜状態。最小限の打ち合わせをして家に帰らせる。
明日、明後日の段取りでやることががいっぱいだ。親戚と連絡をとりながら考える。


広い遺族控室に父と2人。まだ棺には入っていない。病院から搬送してきた担架の上で眠っている。肌に触ると冷たい。やっぱり死んでいる・・・。
横に布団を引いて床につく。

戦前・戦中・戦後の激動期を生き抜いた。21歳の時に父親が他界し、妹・弟4人の成長を支えて働いた。晩婚のちに家庭を持ち、私たちを育ててくれた。

脱サラして設計事務所を開き、30有余年にわたって“社長兼お茶くみ”でがんばった。家族思いで台所にもよく立ち、おせち料理は毎年父の手料理だった。戦中派ゆえ、食べることに執着し、家族を外食によく連れていった。うどん一杯でも寿司でも焼肉でも、その時が家族の最高の贅沢だった。

仕事を辞めてからは、病とのたたかい。15年前に心筋梗塞、9年前から帯状疱疹に苦しめられた。妹宅で転倒して腰の骨を骨折したこともあった。
碁が好きで、タイガースが好きで、まだまだやりたかったこともあろうに。

205d461_2元気な頃の姿。 生涯、よく働いたね。ありがとう。

・・・父とのことを思い出しながら、うつらうつらしていたら、夜が明けた。
私自身の通夜は終わった。

9月17日付けの答え

“九沖(きゅうおき)”豆知識31

九州に日本一文字数が多い市があります。どこでしょう。

答え→いちき串木野市 

6文字の市は全国一。他に6文字の市は、かすみがうら市(茨城県)・つくばみらい市(茨城県)がある。

ちなみに、日本一読み仮名の長い市は、南九州市でこちらも鹿児島県。みなみきゅうしゅうで9文字ある。北九州市もそうだが、キーボード入力がちょっと面倒。

「蟹工船」と青年の模索

しんぶん「赤旗」水曜随想(08.10.29)

一見、政治に無関心な若者が手を振って応えてくれる。街頭での反応が変わってきた。「田村さん、コミック誌に連載された『蟹工船』の単行本が出るよ」。佐賀で瀬戸雄也候補が教えてくれた。

蟹工船ブーム――戦前の奴隷労働に現在の異常な働かせ方を重ね合わせ、青年が悩み、打開策を模索している。そして、共産党への関心の広がりがある。

思ったほど支持が伸びない麻生首相は26日、秋葉原に繰り出して街頭演説。“マンガやオタクを理解するソーリ”へ若者の期待がある一方、会場には「アキバはいつまでもてめーの味方ぢゃねーぞ」のプラカードも掲げられた。

麻生氏はこの日も高級ホテルの中華料理店とラウンジをはしごしたとのこと。一方、アキバに集まった若者の晩飯は何であったかを想像する。DVDを見ながらコンビニ弁当を食べたか、あるいは、ネットカフェでカップ麺をすすり一夜を過ごしたか・・・。

福岡の青年がお仕事アンケートを通じて「黒書」を地域ごとに出している。「上司の靴ひもを結ばされた」、「『そこの派遣さん』が私の名前」、「正社員と非正社員の差が天と地ほどもある」・・・麻生氏にぜひ読ませたい。貴方は演説でトヨタ九州工場を持ち上げたが、派遣社員800人の契約解除のことを承知しているのか?

先週、闘病中の父が亡くなった。見舞いに行くたびに「解散はまだか?」と選挙のことを気にかけてくれた。ここにきて総選挙は越年との報道だが、伸びればその分、モヤモヤした若者に訴える時間ができる。

「労働のルールを作ろう。給料も休みもちゃんともらって、うまいもん食おうや。みんなが幸せなる世の中つくろうや」


“九沖(きゅうおき)”豆知識31
九州に日本一文字数が多い市があります。どこでしょう。

ヒント→ 鹿児島。詳しくは私のブログをご覧ください。
http://tamura.air-nifty.com/1961/

市議補選を控える八女市で

10月26日、福岡・八女市で活動。

Img_0982八女市は市長選・市議補欠選挙が11月16日に行われる。前市議の山口ひさおさんがいっせい地方選挙の雪辱を期す。

山口さんと、松崎辰義市議とともに終日街頭宣伝。8カ所で訴える。対向車、通行人からよく手が振られる。

Img_0977途中で南馬場町の運動会へ。丸山美智子市議の案内で参加者にあいさつ回り。

「ここ(福岡7区)は、全国注視の選挙区ですね。共産党は候補者を立てませんので、比例代表はぜひよろしくお願いします」
「ああ比例の方ね。いいですよ、がんばって」。この答えが多い。

P1030859_3 夜は、福祉会館で演説会。「電気紙芝居」で訴える。

「3人の市議団で議案提案権を確立しし、いっそう市民要求を実現してゆきましょう。八女の勝利で衆院選も大きな躍進を」

青年キャラバンin北九州

10月25日、北九州市で活動。

青年キャラバンカーが昨日から北九州に入っている。今日は、小倉北区・南区を宣伝。8カ所で田中美由紀さんと訴える。Dsc00319
_195






所々でチラシを見た居住地の支部から“中高年ギャラリー”も参加してにぎやかに街頭宣伝を行う。
田中さんは、県内各地でとりくんでいる青年おしごとアンケートを集約。生々しい青年雇用の実態を述べ、「労働のルールをつくりましょう」。
_016_182_2 






Img_0949_5自転車で通りかかった30代前半の青年が「演説をちゃんと聞けなかったけど、今度は共産党に入れます」ときっぱり。うれしいなぁ。

小倉駅のペデストリアンデッキには、立ち止まって聞いていく市民の姿も多くみられた。


_213夜は、商工貿易会館の会議室で“青年トーク”。「電気紙芝居」で情勢報告。

民青同盟の林竜二郎さんが、15日の青年お仕事集会の報告。集まった青年たちからも、仕事の現状や選挙のとりくみについて発言が寄せられた。

健康まつりに立ち寄って

青年キャラバンの途中、健和会大手町病院の健康まつりに顔を出す。

Img_0931_2Img_0929_2 





テントをまわって、あいさつ回り。
「ああ、田村さん。よく来れたな」「選挙がんばって」。
産直の店で野菜を買い、模擬店で舌鼓。

Img_0938_2
「血圧、下が少し高めですよ」
「はい、気をつけまーす」




Img_0920_3 「ここののソーセージはうまいなぁ! こんなの食べたことない」
「調子がいいねですねぇ」(笑)

大分市で街かど演説会

10月24日、大分へ。

大分市内7カ所で街かど演説会。河野広子さん、福間健治市議と訴える。河野さんは小手川恵市議に代わって、来年の市議選をたたかう。
Img_0852_3Img_0898_3






健生病院前に約50人、南大分駅前に約30人など、どこでも支部・後援会が近所の人を誘って参加してくれた。

「簡潔でいい話だった」「国会にいってもらわんとな」「お互いがんばろう」の声。団地の窓から「がんばってー」の声援に勇気づけられる。Img_0870_2
Img_0879_2







アナウンサーの小柳直子さんが友達をつれてきた。宣伝カーに同乗。初めての政治活動。初めての手振り・・・彼女の目に、私たちの活動はどう映っただろうか。私たちの訴えはどう感じただろうか。



夜は、福間事務所で集会。
出された意見・要望―

Img_0903_2 ・憲法や消費税にはいろいろ意見があっても、雇用の改善で「ノー」という人はいない。日本の縮図だ。
・「蟹工船」を上映したら330人が集った。街頭でのビラの受け取りも普段の2倍だった。


Img_0917_2 ・公明党の提唱する定額減税の次には、消費税の増税があることを忘れてはいけない。
・“福祉灯油”をぜひ。
・地域に文化財保護指定の問題がある。田村さんに文化庁と掛け合ってもらいたい。

お礼

父の葬儀にあたり、たくさんのお悔やみ、激励をいただきました。
誠にありがとうこざいます。

みんなに暖かく送ってもらい、故人も喜んでいると思います。
おかげさまで、通夜会、告別式、そして初七日の法要まで、滞りなく済ませることができました。

残務もありますが、とりあえず活動に復帰しています。
見舞いに行くたびに、父は選挙のことを気にしていました。だから、
がんばります。必ず勝ち上がります。

ひき続き、よろしくお願いします。

佐賀で3カ所の演説会

10月22日、大阪から佐賀へ。

前々から決まっていた演説会がある。葬儀も終わった。ブロック事務所は「休んだら」と言ってくれたが、公職をめざすものとして2日半、仏さんに寄り添えただけでも幸運だった。志願して活動復帰させてもらう。

Img_08241022_





佐賀で3つの演説会。「電気紙芝居」で訴える。
①佐賀市(三溝公民館 23人) 
②小城市(牛津町町民会館 30人)
③佐賀市(城西団地集会所 38人)

武藤明美県議、山下明子・中山重俊両佐賀市議、松尾義幸小城市議が、議会報告と総選挙支援の訴え。

佐賀市、牛津市では前期高齢者の国保税の年金天引きが始まった。佐賀市では後期高齢者の検診が受けられるようになった。政治の中身を動かす共産党の役割がここにある。

Dsc_9684 三溝では、参加者との懇談の時間がとれた。
「国保税の天引き3022円。びっくりした。ひどい」
「障害者施設に身内がいる。光熱費で1万円引かれていてるが、他の名目もあるのだろう。自立支援法を早くなくしてほしい」
「全国の原発をまわって仕事をしてきた。いまの原発は必ず放射能漏れを起こす」

P1000992 「生活者を守るのは公明党です」というポスター。これだけ暮らしを厳しくしておいて、あの党はどういう神経を持っているのか?」

→『週刊朝日』で「公明党よ目を覚ませ」「国民の暮らしをよくしたのか」と厳しく報道されていたことを紹介。

「政治がぐっと身近に感じた」「いい話だった。がんばってくれ」「よく佐賀に来てくれた」。期待と共感の声もたくさんもらって活動終了。


P1030848 県委員会でいただいた夕ご飯。財政部長の釘宮三也子さんの手料理が美味。ここ数日は、パンとおにぎりと弁当の繰り返しだったらなおさらおいしかった。嬉しかった。

父が亡くなりました

19日夕方、入院中の父(正一)が息をひきとりました。
福岡市での活動を終えて、その足で大阪に向かいました。

20日が通夜で、21日が葬儀です。
病身の母に変わって、私が喪主をつとめます。あまり親孝行できなかった分、精いっぱい供養したいと思います。

しばらくお休みをいただきますが、よろしくお願いします。

城南区演説会に初の90人

Img_0686③城南区演説会(城南市民センター)
倉元達朗市議が市政報告。小林とき子さんが候補者あいさつ。
参加者は会場いっぱいの90名。国政選挙の取り組みでは最高の到達となった。

倉元議員が吉田市長の公約違反について厳しく批判。「選挙前は人工島反対だったのに『市長になったら考え方が変わった』と議会で平気で答弁する。公約というもの、その重みが全くわかっていない」

Img_0695 自民でも民主でも変わらない―福岡市民にとっては
、さらに身近に感じられるだろう。

50分の時間を与えられ、国政変革の展望と共産党躍進の意義について演説。熱心に聞いていただいた。

「胸にズシーンとくるお話でした」「がんばらなければ」「小林さん、めきめき演説がうまくなるね」―激励相次ぎ、会場で2人の入党者を迎える。

建交労福岡支部~新婦人内後援会

10月19日、福岡市で活動。集会をまわる。

①建交労福岡合同支部の第10回定期大会に出席。党を代表して連帯と激励のあいさつ。

080919つばめ運送が非正規の正規化を勝ち取り、石井運輸が合理化案をはね返して逆に20万円の最賃を実現。トヨタの下請け運送会社では賃上げを実現して組合員を倍加―
福岡合同支部は大きな成果を上げている。

「構造改革・規正緩和で痛めつけられたのはトラックドライバー。輸送の安全とまともな労働のルールづくりに国会に行って全力をつくします」


Img_0681②福岡県新婦人内後援会の集い。
新婦人本部から高田公子さん(全国後援会代表委員)が来福。会場の福岡市民会館には、100人を超える参加者で熱気むんむん。総選挙決起の場となった。

Img_0682「電機紙芝居」で政治の中身を動かす党の役割を紹介し支援を訴える。励ましと必勝グッズのプレゼントを受けて退室。



小倉南区200人、小倉北区230人

10月18日、門司小倉地区で活動。

Dsc04533午前中は、門司港の商店街やレトロ地区で街頭宣伝。はだ千賀子さんとマイクを握る。
お菓子屋さんの夫婦が店の前に椅子を持ってきて演説を聞いてくれた。

「子どもが派遣社員でリストラになった。商店街もすたれ、本当に今の政治はひどい。民主党には期待できない。どうか共産党にがんばってほしい」

Dsc04612Dsc04603_4





午後は、小倉南区の演説会。国道10号線沿線・柳井市議の地域には、演説会場に適したところがない。会場の富士見ホールは、少し遠かったが、200人の参加者で会場はあふれた。

Dsc04651Dsc04658





夜は、小倉北区・八記博春地域での演説会。こちらも230人の参加者で成功。篠田清さんとともに訴える。

080918 「私が北九州市民として初めて選挙権を持ったとき、小倉北区に市議は空白でした。そして、福田としえさんと原博道さんが議席を得て20年にわたって、2議席を維持して来ました。私のあとは大石さんががんばっています。原さんの後継者、八記さんを必ず市議会へ。
市議選には国会議員として、応援に入ります」

080918_2 これで門司小倉地区内の5人の市議候補ごとの演説会は終了した。計1100人の参加者。いずれも最近にない取り組みと参加者で成功。総選挙、市議選勝利へ大きなステップを築いた。

秘書がつきました!

苦節4年(笑)、本番も近くなって、秘書をつけてもらいました。これで候補者活動の環境はバッチリ整いました。

P1030752 小原敏嗣(こはらとしつぐ)さん。東京都出身。日本共産党福岡県委員会の文教部長、労働副部長です。総選挙が終わるまで、九州沖縄ブロックに出向。私の秘書をつとめてもらいます。九州沖縄のみなさん、よろしくお願いします。

小原秘書から―
「田村候補秘書は2回目。こんどこそ議員+秘書として一緒に東京に昇りましょう。ふるさと品川の下町を案内しますよ」

宮崎市で100人の聴衆を前に

10月17日、宮崎へ。

馬場洋光さんと都城市へ。2カ所で街頭演説。来住一人、岩切正一両市議とともに訴える。足をとめて演説に聞き入る人、「がんばって」と手を大きく振っていく人、なかなかの反応。

高速道路にのって宮崎市に移動。山形屋デパート前で街頭演説会。交差点付近は、ポスターやのぼりをもった後援会員がずらりと並び、聴衆は合わせて100人に。
Dscn1293Dscn1313






Dsc046512 「数多くの暴言で大臣をやめた自民党の中山さん。選挙に出ないと表明しながらまた出ると言い出した。どこまで人心を惑わす人なんでしょう。大臣はもとより国会議員の資質もない人だと言いたい(「そうだ」)。
宮崎の汚名を広げないためにも、今度は、馬場洋光さんをこの1区から送りだしましょう」(拍手)

後期高齢者医療、派遣労働、農業と食の安全―焦眉の課題と財源を示して、政治の転換をしっかり訴えた。

中山氏はまた
一転、「出馬はしない」。宮崎で訴えた甲斐があった。

父の容態について

「お父さんの具合はどう?」
この間、多くの人からお見舞の言葉、激励をいだいています。
ありがとうございます。ご心配をおかけしてすみません。

9月に老健施設から病院に移った父の容態について、少し報告します。母と妹が主治医から聞いたものです。

・脳梗塞―脳の腫れがひいてきており、新しい梗塞は見られない。
・心筋梗塞―心臓の大きな部分が機能せず、心不全の状態。
・肺炎―現在一番心配。両肺とも炎症が起きている。抗生物質の種類を変えながら、耐性化を防ぐ治療を継続。

依然として重篤な状況が続いています。熱が続いて、呼吸も少し苦しそうのこと。
指一本動かすこともできません。意識を取り戻すことも非常に厳しいといわれています。父が不憫でなりません。

若松演説会に230人

10月16日、佐賀から北九州へ。

Img_0393 若松で演説会。会場いっぱいの230人の参加者。のより謙介市議、9区の青木のぶやすさんが、決意を込めてのあいさつ。

私の持ち時間は40分。明日、新テロ特措法の質問に立つ赤嶺議員に変わって弁士をつとめる。

Img_0395「軍事費、大企業への優遇税制、道路特定財源、政党助成金・・・暮らし・福祉に回せる財源はいくらでもあります。『埋蔵金』も活用しましょう。財政投融資特別会計の剰余金は30兆円にのぼります。物価高騰に対する年金の上乗せ、燃油高騰の差額補填など、日本共産党は提案します」

参加者から寄せられた声―
「感激です。握手して下さい」
「おもしろかったー。よくわかりました」(初参加の20代女性)
「涙が出ました。絶対勝ちたいです」

Img_0399 「電気紙芝居もよかったが、演説もいいなぁ」
「お米が水より安くて3合93円・・・いっぱいメモしました」
「田村さん、今日の演説最高だった」
「笑いっぱなしでした。えっ、あれで40分?」

「赤旗を読んで共産党の言っていることは正しいと思っていました。共産党に入ります」。帰りがけ、34歳の青年が入党を決意。野依市議が要求で結びつきこの日入党を呼びかけた。「おめでとう」。握手して祝った。

後期高齢者医療を廃止させるためには―白石町演説会

佐賀・白石町に移動。総合センターで演説会。

Img_0523瀬戸雄也さんは太鼓もたたく。勇壮なばちさばきも披露して候補者あいさつ。


年明け1月の町議選をたたかう原義博、秀島和善の両議員が福祉と農業に対する思いと決意を力強く述べた。

「電気紙芝居」を使って演説。40分。

3 「先の国会で民主、社民、国民新党は、後期高齢者医療制度の廃止法案の提出者だったのに、衆議院で審議拒否で継続審議になりました」

Img_0544「今度の国会で民主党は、後期高齢者医療制度の継続を前提とする補正予算案に賛成しました。廃止を掲げて継続に賛成・・・道理が通りません。だから廃止に追い込むためには、共産党の躍進が欠かせないのです」


Img_0564 「町議選には、国会議員として応援に入ります(拍手)。どうか共産党と書いてくれる人を広げてください」
西部地区の議員もそろった。参加者とともに総選挙勝利への決意を固めた。

年金天引き日に訴える 熊本北部

10月15日、熊本~佐賀。

Dsc_0726熊本北部で街頭宣伝。
玉名市、長洲町、荒尾市を前田正治市議、川本幸昭町議、小川尭利市議とまわる。長洲町では漁協を表敬訪問。
荒尾のショッピングセンター前には、40人を超える聴衆。うれしかったー。
 
Dsc_0760「今日は、後期高齢者医療の4回目の年金天引きが強行されます。預金通帳を見て、『えっ!』『アッ!』と驚く声、不満と怒りの声が日本全国でまた聞かれることでしょう。
後期高齢者医療の廃止に一番がんばってきた日本共産党が衆議院で伸びることが、廃止への一番道です」

Dsc_0782 「いまの政治をなんとかしなければ。共産党にはどうしたら入れるのですか?」と、街頭演説会に参加したご夫婦が入党した。

宗像市議選の応援へ

10月14日、宗像市議選の応援に入る。

KshintomeTuekiTsueyoshi_2






P1030739 定数が4減、20の議席を27人が争う激戦。3候補の地域を宣伝カーでまわり応援演説。14カ所で訴える。


P1030741



今月の一杯(9月)

うまいなぁ! 焼酎は--

いも焼酎「伊佐美」(25度) 鹿児島県大口市 (合)甲斐商店

種子島の西之表市議、茅野和子さんから1年前に送ってもらった。入手困難な名酒。大事にしまっておいたが、味を思い出してみるために開封。

P1010679_2 甲斐商店は、伊佐美しかつくらない酒造会社。その伊佐美は、昔ながらのかめ坪で量産を追い求めない。頑固な蔵元だ。

黒麹仕立て。ロックの方が合うかと思ったが、お湯割りの方が芋の甘みと柔らかさが感じられ、マイルドで奥行きのある味となる。いや、本当にうまい。

今夜のお総菜――豚肉とブロッコリーの煮込み、焼きナス

麻生城下町

企業城下町という言葉がある。私が住んでいる北九州市は典型だ。新日鉄をはじめ日本有数の大企業が経済、社会に大きな影響を与えている。しかし、特定の私企業を代表する国会議員はいない。

福岡県飯塚市。麻生太郎首相の地元。ここは一つの財閥が町を成り立たせている。『プレイ
ボーイ』誌にわかりやすい記事が載っていた。

P1030709 「あっちをみてもこっちを見ても・・・“麻生”“あそう”“ASO”のオンパレードである」。

ホテル、病院、専門学校、商業施設、セメント産業、ゴルフ場、スポーツセンター、ガソリンスタンド・・・飯塚に行けば、麻生首相の一族が経営する企業群に誰もが驚く。

何かのインタビューで、麻生氏が「サラリーマンの年収が平均2000万円として・・・」と言いいかけて、側近に「そんなにない」と訂正させられた。

この感覚、この発言。まあ、当然かと思う一方、自分は経営者のとき、従業員の給料のことをどれほど知っていたのかと、突っ込みたくなる。

別府で200人、宇佐で150人

10月12日、福岡・宗像~大分。

宗像市議選が告示。6期目を目指す市議団長の出発式に参加。党を代表してあいさつ。
S081912 「市民要求実現の要、共産党3人の全員勝利を。国保税引き下げ、少人数学級、子ども医療―国政を変えれば、またさらに願いをかなえられます。総選挙の前哨戦の市議選です。必ず押し上げまょう」。支援を呼びかける。


午後から別府で演説会。会場は中央公民館のホール。「少し大きすぎたかなぁ」と北部地区の大塚委員長
。しかし、200名の参加者は最近にない。
S081012_2S081012 






夜は、宇佐市で演説会。こちらも参加確認120名のところ150名の参加者で、急きょ椅子を倉庫から出すことに。初めて共産党の話を聞く方がたくさんお出でた。「電気紙芝居」で訴える。

S081012_4 今日は、アメリカに端を発した金融不安と経済対策を話に織り交ぜた。また、民主党が補正予算や新テロ特措法採決に賛成し、審議は早く打ち切って選挙ばかりを要求する異常な国会情勢も伝えた。

どちらの会場も居眠りする人がいない。参加者の目は真剣でそして温かかった。与えられた50分、しっかり語ったら、上着の下は汗でびっしょりになった。

S081012_3 「いいお話でした」「志位さんが語った週刊朝日を見せてください」「政治の問題がよくわかりました」「いつも元気をもらっています。次は必ず勝ちましょう」―山下かいさんと並んで、参加者から激励を受ける。

たくさんの参加者。最近にない到達―各地で演説会が成功しているが、機関と支部、議員の並々ならぬ決意を感じる。本当に元気づけられる。奮闘に心から敬意を表したい。

筑紫野で110人、大宰府で65人

夜は筑朝地区2カ所で演説会
①筑紫野市(生涯学習センター)110人
②太宰府市(商工会館)65人
よく集まった。「電気紙芝居」で訴える。


Img_04641 筑紫野の会場は新型の視聴覚室。パソコンを制御装置につなげるだけで、カーテンが閉まり、映像が液晶モニターに映し出される。

「農業再生に技術向上の具体的な提案を行ってほしい」「今日は本当に勉強になった」「お互いがんばりましょう」「スライドのコピーを下さい。紙に印刷しても使えるのでは」等の意見・感想が寄せられた。

Img_04691大宰府の会場には20
代の若い女性が参加。
「お話はどうでしたか?」
「はい、よくわかりました」
「共産党に入って、一緒に世の中よくしようか」
「いいですよ。入ります」

語り甲斐があるなぁ。

国労九州大会~天神宣伝

10月11日、福岡。

JR不採用事件の全面解決をめざす九州大会。九州各県から国労組合員、支援者が集まった。民主党、社民党の代表とともに、共産党を代表してあいさつ。

Img_0422 「みなさんの22年にわたるたたかいは局面にさしかかっています。裁判所が和解を提案。鉄道運輸機構は、ただちに交渉のテーブルを設置すべきです。一日も早い全面解決と年金、雇用、一時金の要求実現に日本共産党も全力でたたかうことを誓います」


Dscf5302須崎公園から天神に移動して、福岡市党の街頭宣伝に参加。ハンドマイクを持って4カ所で訴える。国労集会のデモ隊がやってきた。拍手で迎える。

「飯塚からです。田村さんがんばって」「激励のあいさつありがとうございました」「国労宮崎です。先日は宮崎での活動、ご苦労様でした」―声がかかる。

Dscf5290福岡市の3地区のみなさん、労働者後援会の皆さんと賑やかに宣伝。(写真/星野美恵子市議)
田中みゆき、小林とき子、川原やすひろの3候補もマイクを握る。

「政治の中身を変える、変えてきた日本共産党を」に反応。バス街のお客さんから拍手。「お話聞いていて、その通りと思いました」。

中央・南区演説会に190名

夜は、中央区アミカスで中央南地区の演説会。「電気紙芝居」で訴える。
小林とき子さんが力強い演説。各界6人の方から応援の訴え。190名の参加者で大いに盛り上がる。

P1030729 「うわさの『電気紙芝居』を初めて見ました。ただ話をきくよりも分かりやすく、ユーモアもあり大変よかった」「うちの職場でもやってほしい」「元気をつけていただきました。がんばります」「あんた、話がうまなったなぁ」「体を大切にがんばって」
―たくさん声をかけてもらった。


P1030734こばやん(小林さんのニックネーム)気合い入っていたなぁ。15分間、青年の雇用改善に、後期高齢者医療をなくすために心を込めて訴えた。

28歳。ファンも急増中。若い候補者の演説を聞くたびに、自分は20代の時、あれだけの度胸があっただろうか、話ができただろうかと自問する。

福岡市東区で3カ所の集会

10月10日、福岡市東区で活動開始。

3カ所で懇談会
①和白・雁の巣
②馬出
③若宮・舞松原
②③は、「電気紙芝居」でお話し。

出された意見・要望―
Dscn0491 ・国会議員は半分ぐらいに減らしたらどうか。
→「国民の役に立つ国会議員ならたくさんいてもいいですよね。国民の声を反映すさせ、民主主義をすすめるためにも議員は必要ですよ」(納得
)

・政治の中身を変えるというのはいいねぇ。
・共産党は連立政権に入るの?

・もっと印象に残る宣伝を
→「夜の繁華街に繰り出してこの紙芝居をやったら好評でしたよ」(「へぇー。田村さんに座布団2枚!」)


“アカ”“こわい”“ソ連と一緒”など、共産党に対する印象についても、参加者と語り合った。

区内2カ所で街頭演説をしたのち、中央区へ。

北九州法律後援会の集い

10月9日、北九州法律後援会の集い。仁比聰平議員の国会報告会。

Img_5966会場のムーブには120人の参加者でいっぱい。青木のぶやすさん、篠田清さんとともに候補者あいさつ・決意表明。

「年徳が所得が100億円以上もある人が27億円も減税されて、きょう明日の生活に窮する庶民がどうして増税されなければならないのか。アメリカいいなり、財界主役の政治悪をただしてこそ、暮らしはよくなります。日本共産党を勝たしてください」

仁比議員が国会の状況を生々しく伝える。
「いまの国会はまさに異常。自民党が審議しようといい、民主党がその必要はないという。いままでと全く逆の事態で、ともに選挙がどうなるかの党利党略。共産党は争点を明らかにして解散総選挙をたたかいます」

北九州市役所後援会が学習決起集会

10月8日、佐賀から北九州市へ。

Dsc04263 午後から門司区で街頭宣伝。はだ千賀子さんとマイクを握る。支部からは、のぼり、ポスター、パンフレットをもって多数の参加者。4カ所で訴えた。

通行者、ドライバーからの手振りが多い。
「総選挙、続く市議選で日本共産党へのご支援をお願いします」。


P1030699 夜は、戸畑へ。北九州市役所後援会の学習決起集会。約50人が参加。9区の青木のぶやすさんがあいさつ。青木さんは市役所OB、市職労の出身だ。

市職労の役員もそろう中、「電気紙芝居」で、2つの政治悪とたたかう共産党の値打ち、労働者の権利向上への奮闘を紹介する。

「これ(紙芝居)を目当てに来た。わかりやすく元気がでた」「データを下さい」「うちにも欲しい」-大変好評だったのでホッとする。

参加者との一体感 鳥栖、神埼で演説会

10月7日、佐賀へ。鳥栖市と神埼市で演説会。「電気紙芝居」を使って、総選挙政策、2つの政治悪をただす党の役割について訴える。

①鳥栖市(サンメッセ鳥栖) 
市議団(平川忠邦、三栖一紘、尼寺省吾の3市議)も勢揃い。

「まだ、燃えとらんから50人集まるかどうか・・・」。開会前に三栖議員は少し困り顔。しかし、ふたを開ければ80名の参加者で盛況。

P1030661 「志位委員長の全国遊説の始まりが、9月12日の福岡天神。翌日の新聞は『福岡も上げ潮』、『比例2議席回復狙う』と報道しました}

「佐賀も同じです。『県内でも共産に蟹工船ブーム』」『入党150人、選挙に追い風』(西日本9/29)の見出しが躍っています。注目と関心を集める日本共産党。負けるわけにはいかないじゃないですか」


②神埼市(神陽団地公民館) 
P1030678原信義、佐藤知美、福田清道の3市議も勢揃い。地元の原議員が市政報告。
異常な働かせ方と共産党の奮闘については、瀬戸雄也さんに語ってもらう。

Pa071227 開会が7時40分。終了が9時20分の集会だったのにもかかわらず、誰も席を立たず、熱心に見聞きしていただいた。

P1030685 「あー久しぶりに笑ったわ」「来て良かったです。がんばって下さい
」「わかりやすくて勉強になった」―帰りがけにたくさんの激励を受けた。

「参加者と参加者の一体感があった」「国会での活躍をただただ切望している」など、うれしい感想メールも複数寄せられた。

農民後援会~労働者後援会

10月6日、福岡。

Dsc_0431 福岡市の農民会館で、九州沖縄の農民後援会の代表者会議。ブロック事務所の安広所長とともに参加してあいさつ。

「党の衆院選政策―農業問題は最重点に位置づけられています。食と農への国民の関心が高まるなか、生産者と消費者の声をともにかなえる共産党を大きくしましょう」

ブロツク事務所に戻って日程等の打ち合わせ。

Photo 夜は、福岡県委員会で労働者後援会の代表者会議であいさつ。

「構造改革路線にピリオドを打ち、まともな労働のルールを作ることができるか―これがかかった選挙。労働者後援会の果たす役割ははかりしれません。ご一緒にがんばりましょう」

小倉北演説会270人に大石市議の奮闘をみる

午後から北九州市へ。小倉北区東部の演説会。大石正信市議、篠田清さんとともに訴える。

Dsc04028会場の堺町パークサイドビルのホールには270名の参加者でギッシリ。私の市議時代に、この数は集められなかった。
「300名目標にがんばったけど」と大石さん。
「雨で少し影響が出たけど、すごい。すごいよ」

Dsc04059_2 「葬祭手当まで削った後期高齢者医療制度。廃止へ全力をあげます」と篠田さん。平和と暮らし向上への思いをあつく語った。

大石議員が4年間の活動を振り返りながら市政・市議会報告。

Dsc04030「福田としえさん、田村貴昭さんから受け継いだ宇佐町の生活相談所で、住民の苦難解決に、市民のつぶやきに耳を傾けながら全力でがんばっています」
―党支部と住民との結びつきがまた高まった。参加者の顔ぶれを見れば、大石さんの奮闘がかいま見える。

主催者から  「田村さん目当ての参加者も多いよ」。そりゃ張り切って訴えなければ。

Dsc04076「お配りしている九沖ブロックの後援会ニュース。自分で言うのも何ですが、たいへん写真映りがいい(笑い・拍手)。実物は久しぶりにこの地域でお話しします。ニュースの裏面、10人のメッセージがまたいいので、ぜひお読み下さい」

雇用、暮らし・福祉、食と農の問題―2つの政治悪を結びつけながら、民主党との違いを示しながら、国民・市民のたたかいで切り開いていることを紹介しながら40分強訴える。

帰りは握手攻めに。「久しぶりやねぇ。会えてうれしい」(私もうれしい)
「おかげさまで元気です」(共産党に入ったら元気なんよ)

Dsc04193 「よくわかった」「話がおもしろかった。活動」は楽しんでやらないとね」等の感想。たくさんの激励。

入党者5人。カンパ9万円。
雨を吹き飛ばす元気な集会となった。

ききょう祭り改め1区決起集会

10月5日、福岡。

福岡市博多区で1区後援会決起集会。恒例の博多区「ききょう祭り」が選挙間近になって表題の集会となった。

記念講演は、赤嶺政賢議員。昨日は福岡TNCの各党討論会に出演して、国会を往復。分刻みの活動に頭が下がる。

私もがんばらねば。田中美由紀さんとともに決意を込めてあいさつ。
「全国一高い国保料を見事引き下げさせたのは、共産党と市民との共同の力。この党が伸びれば、必ず暮らし、福祉がよくなります」
J_32J_38 






市民の反対を押し切って、市立子ども病院の人工島への移転をごり押しする民主・吉田市政。土地取得(47億円)の補正予算に、なんと自民も公明も賛成した「対決姿勢は示しても、自民と民主、中身は変わらない」。比江嶋俊和市議のホットな市政報告に「なるほど」。
J_15J_8






会場をあいさつしてまわる。「今度は必ず」「勝とうね」。何度も声がかかる。屋台からのおいしい匂いに楽しそうな出し物・・・後ろ髪を引かれる思いで千代東公園を後にする。

大牟田、宗像で決起集会

午後から大牟田へ。民医連親仁会の理事会で候補者あいさつ。
労働福祉会館で総選挙勝利決起集会。20分の時間をもらって活動報告と決意表明を行う。
P1030585P1030594 






P1030603 主報告は岡野県委員長。百数十名の参加者からは、「元気をもらった」「絶対に勝たないといけない」「感激で涙が出てきました」など、やる気いっぱいの声が寄せられた。

電車を乗り継いで宗像へ。宗粕地区委員会の決起集会に参加。市議選(12日公示、19日投票)は目前だ。末吉たかし、植木たかのぶ、しんどめ久味子の3候補への激励も兼ねてあいさつ。

3候補が掲げる公約は国政課題でもある。「35人学級、国保税引き下げ、小6までの医療費の無料化は、米軍への思いやり予算、道路特定財源、大企業優遇税制の撤廃・見直しで実現できます。市議選、総選挙ともに勝利へ力を合わせましょう」

元気な福建労主婦の会

10月4日、福岡。

福建労主婦の会の第30回総会に出席。主婦の会は、父ちゃんの仕事との福建労活動を支えて奮闘。母体組合と車の両輪の活動とともに、女性の地位向上のためにいろいろな活動をしている。

P1030610 福岡から総理は出たが、自公政権に未来はない―江口梅子代表も福建労の下川一雄委員長も、総選挙で審判を下して、建設業者の要求を実現させる政党を勝たせようと呼びかけた。

のっけから選挙モードになっている。あいさつもしやすい。組合機関誌『福建労』号外のマンガビラがわかりやすい。「政治を変える 投票に行こう」と組合員に呼びかけ。

Photo「みなさん、仕入れの資材も値上げで、毎日のやりくり大変なことと思います。ガソリン代も高いですね。一方で、日本の自衛隊がアメリカの戦争支援にタダで油を貢いでいます。そんな金があるのだったら、日本国民のために、福建労の職人さんのトラックに給油せよと言いたい(「そうだ」。拍手)」

「お金持ちっているのですね。昨年、年所得が100億円を超えた人7人の大資産家は1人あたり27億円の減税措置を政府はしてやった。どうして100億も収入がある人に減税で、庶民は大増税なのか。ここをみなさん選挙を通じてただしていこうではありませんか」

九大後援会が政策学習会

P1030558夜は、九州大学教職員後援会の政策学習会。会場の福岡県教育会館には20数名が参加。

冒頭、田中美由紀さんがあいさつ。続いて九大名誉教授の杉浦實さんが主催者あいさつ。「日本共産党の政策をしっかり身につけて広げてゆきましょう」

「電気紙芝居」を使って講師を務める。
出された意見・要望―
・健保組合の解散というのはどういうことか。
・非常にわかりやすかった。スライドのデーターがほしい。
・最低賃金を引き上げても、中小企業の経営者は払えないのでは。

・総選挙の選挙方針を変更したのは評価できる。選挙区の重点区が1つしかなくて残念だが、京都1区では絶対に勝ってほしい。
・アメリカの金融破綻、これからどうなってゆくのか。

2__418_2






「投機マネーの問題は複雑で、これからどうなるかは何とも言えないのですが、国会議員になったら、もっとわかりやすく説明できるようがんばります(笑)」

タスキ1000本発注

県委員会総会に出席。

マスコミから「福岡も上げ潮」と報道されるように、福岡県党は党員も日刊紙も日曜版も12ヶ月連続で党勢を伸ばしてきた。

岡野県委員長は、解散の期日が延びることで、絶対に様子見にならないことを強調した。「様子見に陥ればなれば、公示まで様子見になって何もしない」。

P1030553 全党員が比例候補になる気持ちで―「議員、支部長がまずはこれをつけて打って出よう」。県委員会は1000本のタスキを発注。
“政治の中身を変える 日本共産党”

来月の総会は、選挙最中で出席はできないだろう。九州沖縄でこの1年、国民の声と共産党との共同で政治を動かしてきた事例を紹介。「民主的政権への大きな一歩を踏み出す」(7中総)この一大事業に必ず勝利する決意を表明した。

135人の仲間と朝宣伝

10月3日、福岡天神の朝宣伝からスタート。

Sany0090 九州最大のビジネス街・天神。瞬間、瞬間に数千人が流れる。福岡市の3つの地区委員会とタテ線後援会、1区~3区の候補、福岡市議団もそろって、135人の大宣伝となった。

旧岩田屋前、イムズ前、三越前、大丸前-大きく4カ所に分かれて宣伝。私は1時間かけてすべてのスポットをまわり、6カ所で訴えた。
http://jcp-tamura.web.infoseek.co.jp/(動画)

Photo_2 演説中に「がんばって」と握手を求めてくる通勤者。「私は派遣」「給料増やして」など窮状を訴えられる。以前はこういう風景はなかった。

派遣労働、サービス残業をただし、政治を動かしてきた党の役割を語り、総選挙での支援を訴える。

Photo 3区の候補者になりたてほやほやの川原康裕さんは27歳。1区の田中美由紀さん(比例重複)、2区の小林とき子さん(同)とともに、福岡市は青年トリオが日本共産党の風を起こす。実に頼もしい。

にらめっこ

P1030521
「大ちゃん、にらめっこしようか」

「・・・」

「どうしたん、真剣な顔して」

「ニャー(腹減った)」

チロルチョコレートのネコ

チロルチョコレートの宣伝にででくるこたつのネコがメッチャ可愛い。
http://www.tirol-choco.com/

実物なのかCGなのか、ポーズが決まりすぎている。でも悲しいかな、ホームページの写真は小さい。

P10303164 朝日新聞に全面広告があった。うんやっぱり可愛い。このネコ、評判になるかもよ。

沢田研二さんの思い

その歌を知ったのは盆明けだった。「あのジュリーが憲法9条への思いを歌にしたよ」。長崎県委員長の山下満昭さんが、音楽配信サイトからケータイ電話にダウンロードしたばっかりの曲を聞かせてくれた。

2 「わが窮状」。沢田研二さん自らが作詞した。窮状を9条に置き換えて聞くと、まさに憲法への賛歌だ。
9月13日付の『朝日新聞』の「ひと」欄が沢田研二さんを紹介している。

「60歳になったら、言いたいことをコソッと言うのもいいかな、と。いま憲法は、改憲の動きの前でまさに『窮状』にあるでしょう。言葉に出さないが9条を守りたいと願っている人たちに、私も同じ願いですよというサインを送りたい」

080923 沢田さんの思いもあって、この1年、改憲・護憲をめぐる情勢は一転した。

“美しい国"“戦後レジームからの脱却"はどこへやら。国民投票法は成立しても国会の憲法調査会は開かれずじまい。読売新聞の世論調査で「憲法を改正しない」が「改正すべき」を今年とうとう上回った。

いま各地の集会や演説会でこのことを紹介しているが、新鮮に受け止められている。
「知らなかった。すごい」「私たち中高年もがんばらないとね」。往年のジュリーファンも多いので、会場の空気も和やかになる。

「人間一人一人の力は小さいけれど、声を合わせたら、世論を変え権力さえも動かすことができます。平和とくらしのために、がんばって行きましょう」
語る私も、毎回元気になる。



このサイトで歌が聴けます。

http://jp.youtube.com/watch?v=qla97qdg7G0&feature=related

「我が窮状」    作詞:沢田 研二
            作曲:大野 克夫 

麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが 
忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない
英霊の涙に変えて 授かった宝だ
この窮状 救うために 声なき声よ集え
我が窮状 守りきれたら 残す未来輝くよ


麗しの国 日本の核が 歯車を狂わせたんだ
老いたるは無力を気骨に変えて 礎石となろうぜ
諦めは取り返せない 過ちを招くだけ
この窮状 救いたいよ 声に集め歌おう
我が窮状 守れないなら 真の平和ありえない


この窮状 救えるのは静かに通る言葉
我が窮状 守りきりたい 許し合い 信じよう
 

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30