ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 11月26日付けの答え | トップページ | 長崎縦断 地区委員長が応援演説 »

「雇い止め許さない」 トヨタ労働者を激励

11月27日、トヨタ九州へ。

派遣労働者の雇い止めをすすめるトヨタ九州工場で宣伝活動。福岡県委員会と直鞍地区委員会、民青県委員会の総勢32名が出退勤の従業員を激励し、街頭宣伝を行なう。

門前でのビラ配布と演説にびっくりしたのか、ガードマンが飛んできた。会社は警察に通報、パトカーもやってきたが、公党の公道での政治活動。文句を言われる筋合いはない。岡野隆県委員長、田中美由紀さんとマイクで訴える。

12_2 「減産、減収と言っても、会社は6000億円の経常利益を見込み、全従業員(39万人)が10年間遊んで暮らせる内部留保金13兆9千億円をためこんでいます。売れる時は安い賃金で働かせ、ちょっと景気が悪くなると、立場の弱い労働者を使い捨て・・・許せません。

ピンチの時こそ、余りガネは雇用の継続に使うべきではないでしょうか。日本共産党は、大企業の横暴勝手を追及し、社会的責任を強く求めます。理不尽な雇い止めを受けたりしたら、どうぞお気軽にご相談下さい」

23 従業員にとって、この日の私たちの活動は、日頃見慣れないものだっただけに、受け止めが心配だった。
しかし、「がんばって下さい」「(ポスターをのぞいて)この人が志位さんですね」「応援しています」などの声も寄せられ、ビラも300枚手渡すことができた。



P1040401 夜は、北九州市戸畑区へ。荒川徹市議の事務所びらきに出席して激励のあいさつ。

« 11月26日付けの答え | トップページ | 長崎縦断 地区委員長が応援演説 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

田村氏もトヨタ来ていたのな。だったら学校休むなり女房質に入れてでも駆けつけたのに(笑)

しかし警察まで呼ぶとは…。トヨタそこまでするかという感じですな。

遠雷・氷雨の寒い日でした。従業員の方も心強く思った事でしょう。
午前中、みゆきさん待ちで宣伝アナを。今ほど党の活動を語りやすい時は、またと無い。
大学前では学費引き下げの運動、商店街では消費税、倉庫街では、銀行の貸し渋りと2700万個分の給油ネタと、党の政策と響きあう。
午後、閑静な戸建ての区画を、牛歩スピードで宣伝carを走行、赤嶺・田村さんの決意表明ビラの、表裏を[ジェットストリーム]風にゆっくり、紹介。
C型肝炎の原告、諫早開門・漁業、農業、医師会、宗教者から党へ期待を寄せたメッセージ。よく出来てます。

本当に、この寒空の年末に多くの労働者を雇い止めにするとは・・これが大企業のやることでしょうか?。怒り心頭ですね。先日ある新聞で、「輸出払い戻し税制度」っていうのがあるという記事を読みました。昨年分でトヨタは3219億円、ソニーが1587億円、キャノンが990億円を還付されているって・・。まったくおかしいですよね。そんなに儲けているんだったら、「従業員に還付しなさい!!、雇用を守れ!!」って・・当たり前のことですよね。当たり前のことが通る世の中になってほしい・・ですね

>全従業員(39万人)が10年間遊んで暮らせる
>内部留保金13兆9千億円をためこんでいます

すいません。素人なのでよくわからないのですが、内部留保というのは利益剰余金のことでしょうか?

トヨタの場合、有利子負債もグループ会社全部あわせるとけっこうな金額あると思うのですが、そこを差し引いた上での内部留保が13兆9千億あるということなのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/43251323

この記事へのトラックバック一覧です: 「雇い止め許さない」 トヨタ労働者を激励:

« 11月26日付けの答え | トップページ | 長崎縦断 地区委員長が応援演説 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30