ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 「派遣切りに憤り入党」「悲鳴拾えぬ二大政党」 朝日新聞 | トップページ | 「アメリカの黄昏」 »

宮商連幹部学校で学習講演

1月11日、宮商連幹部学校の2日目で学習講演の講師を務める。

P1060278 昨日は3人の県連副会長(長岩秀夫さん、甲斐修次さん、本部真一さん)が民商・全商連運動、共済会活動について報告をされたとのこと。「過去にないとりくみ。年末年始仕事の合間をぬって準備して、がんばってくれました」と吉田正春会長。

P1060281県連顧問の狩野保夫さん(西都市議)の民商の歴史を振り返る講演も、「感動的だった」と参加者から感想。

さあ、私も気合いを入れてがんばろう。演題は「中小企業のおかれた情勢と展望」。「電気紙芝居」で約70分報告する。

0901112 「今日の話は一言でいいますと、あまりにもひどい大企業の横暴勝手をただして、予算と政策を中小企業本位にして行くということです」。格差と貧困の広がり、「派遣切り」、貸し渋りなどの新自由主義のもたらした政治災害の大もとを語る。

090111 途中で、ケアマネの会員さんから、介護福祉の現場について報告してもらった。

「仲間とともに組織と運動を広げて、切実な要求を実現して行きましょう。私も国会に行ってみなさんの願いの先頭にたちます」

真剣に聞いていただいた。銀行の貸し渋りの実態が報告され、「国会の方は野党共同がある。地方で、地域(中小企業)振興条例が制定できるように、共産党にがんばってもらいたい」等の意見・要望もいただく。

« 「派遣切りに憤り入党」「悲鳴拾えぬ二大政党」 朝日新聞 | トップページ | 「アメリカの黄昏」 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/43725430

この記事へのトラックバック一覧です: 宮商連幹部学校で学習講演:

« 「派遣切りに憤り入党」「悲鳴拾えぬ二大政党」 朝日新聞 | トップページ | 「アメリカの黄昏」 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30