ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 大分市議選③ | トップページ | 2月18日付けの答え »

空白克服へ立候補 開拓者精神

しんぶん「赤旗」水曜随想(09.02.18)

「退職後はここで生活がしたい」―旅行などで訪れた異郷の地に、定年後の人生を求める人が増えている。日本共産党員とて同じ。沖縄の離島、九州の各地でその元気な姿に出会ってきた。 

自然とのふれあいの中で趣味を満喫。あるいは、自給自足をめざして農耕生活。そして党活動。みんな第二の人生を謳歌している。慣れない土地での生活に不安はなかったのだろうか。

「地元の方となじむのに、やはり一年ぐらいかかりましたね・・・」。大阪から石垣島に移住したFさんは言う。地域にとけ込むには時間も苦労も伴う。これに加えて「選挙に出る」となったらどうだろう。

P1060915_2 昨日、熊本の南阿蘇村議選に立石武博さんが立候補した。熊本市から移り住み、旧白水村から数えて3度目の挑戦だ。地縁血縁が濃い社会。共産党から立候補すると表明したら、借家に居づらくなった。借金して小さな家を建て、応援にくる人のために増築した。

なぜ、南阿蘇へ? 「趣味の山登りが表向きの理由なんだが・・・」。実は立石さん、県委員会の選対責任者として、多くの同志に移住立候補を要請してきた。「その手前、定年後は自分もやらねばと思って」。

移住立候補を決意したかつての後輩は、いま先輩議員として、立石さんの応援にかけつけている。共産党員魂を揺さぶる話。日々の悩みや不満がいかに小さいものかを思い知る。

立石さん74歳。村政刷新への熱い訴えが共感を広げている。役場の職員からも「村政に新風を吹き込んでほしい」の声。地方議員第一党の歴史は、まさに開拓者による歩みだ。今度こそ!


“九沖(きゅうおき)”豆知識34
国道3号と国道10号、長いのはどっち?

答え→国道10号 詳しくは私のブログをご覧ください。

« 大分市議選③ | トップページ | 2月18日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

中川元大臣には、あきれてしまいます。
そこで「かえうた」つくりました。
ゴックン昭一「酒の過ぎゆくままに」おひまなときに、お笑いください。他に「麻生内閣冬景色2」「ホテルのバーから」が最新3部作です。
http://blog.goo.ne.jp/hakata-main27

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/44099328

この記事へのトラックバック一覧です: 空白克服へ立候補 開拓者精神:

« 大分市議選③ | トップページ | 2月18日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30