ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 宗像市で新春の集い | トップページ | 「持ち家」の猫 »

厚労省は約束を守れ

2月9日、上京。

Sany0398筑豊労災病院が飯塚市立病院に移譲されたものの、12科250床の診療機能が継続できていない問題で、厚生労働省と交渉。

「飯塚市立病院を発展させ、地域医療を守る会」のメンバーと楡井莞爾党飯塚市議、仁比、赤嶺両議員とともにのぞむ。

●2007年1月31日、飯塚市と労災病院を運営する独立行政法人・労働者健康福祉機構との間に、「筑豊労災病院の移譲に係わる基本協定」を結んだ。そこでは、12科250床の診療機能が継続し、開院することが定められていた。

●2006年11月13日、厚生労働省は、労災病院を守る会との交渉において、「医療機能が維持されないことが明らかな場合は、移譲を認可しない」と明言した。

ところが、昨年4月市立病院となって、診療科目は5科に、常勤医師数は33人から21人に。一日あたりの患者数は入院で60%、通院で35%まで激減した。

炭鉱事故とじん肺治療でかけがえのない役割を果たしてきた筑豊労災病院。地域医療の要でもある病院を住民・患者の反対を押し切って廃止し、最低限の移譲の約束も守らない。

Sany0410  総合病院として存亡の危機にあるのに、厚労省の無責任ぶりには呆れかえるばかり。“つぶれてもいい”との思惑がありありだ。謝るばかりの担当者に、私たちは強く抗議し、国の責任できちんと改善策をとることを求めた。

飯塚市は、指定管理者制度を使って地域医療振興協会に運営を委託している。同協会を指導監督する総務省にも同様の要請を行った。

« 宗像市で新春の集い | トップページ | 「持ち家」の猫 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/44018577

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省は約束を守れ:

« 宗像市で新春の集い | トップページ | 「持ち家」の猫 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30