ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 豊後大野市で演説会 | トップページ | いのちとくらしの相談会① »

いのちとくらしの相談会②

福岡の「一日派遣村」には約300人が詰めかけた。学者、医師、牧師、弁護士ら6人が呼びかけ、「なくそう貧困! 福岡県実行委員会」が結成。この日のために準備を重ねてきた。

Dscf5659 ワーキングプアの現状を打開しなければならない。派遣村のメインとなる相談ブース。法律、労働、生活、医療に分かれ、それぞれの専門家があたる。
私の役割は、生活相談担当。福岡市議団、生活と健康を守る会のメンバーとともにひっきりなしに訪れる人たちの相談にあたる。

Dscf5681 ―昨晩はどこで寝泊まりしましたか?
「博多駅です」「廃車の中。もう1年になります」

―仕事があれば働けますか?
「もちろんです。仕事が欲しい」「人夫出しの会社から生活保護を進められた」

Dscf5655―「家がなくても生活保護の申請はできます。生活を立て直して、また仕事できるようにがんばりましょうよ。
「はい、よろしくお願いします」

自分は炊き出して食いつなぎ、別れた妻に慰謝料を送っている人、生活保護は貸付制度と誤解していた九大出身の労働者、愛知県から流れてきた派遣切りの青年・・・様々だ。

明日と明後日で約70人が博多区役所(福岡市は窓口を博多区役所に一本化)に生活保護の集団申請をすることとなった。雇用と福祉の対策に待ったなし。今日のような取り組みは、本来行政が行うべきではないのか。

実行委員会、賛助団体、ボランティアの方々の奮闘に心から敬意を表したい。

« 豊後大野市で演説会 | トップページ | いのちとくらしの相談会① »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/44219462

この記事へのトラックバック一覧です: いのちとくらしの相談会②:

» 廃車 [廃車]
廃車手続きをするその前に [続きを読む]

« 豊後大野市で演説会 | トップページ | いのちとくらしの相談会① »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30