ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« ありがとうニャン | トップページ | 雲仙市で農業語る会 »

核兵器廃絶を 長崎の被爆者団体と懇談

5月12日、長崎県で活動。

ふちせ栄子さんと被爆者団体を訪問。
①長崎県被爆者手帳友の会(井原東洋一会長)
②長崎県被爆者手帳友愛会(中島政徳会長)
③長崎県平和運動センター(河野浩一議長)

核兵器廃絶の演説したオバマ大統領に、志位委員長が書簡を送ったことを報告して懇談。

Photo_3 会長、議長は、オバマ演説を一様に評価。大統領就任時に被爆者5団体として手紙をおくり、新大統領に期待しているとした。しかし同時に、「現実的に核兵器の削減へどの程度進むのか」「核廃絶の運動は世界に広がったが、現実の見通しがたたない」などの認識を示された。

最大の核保有国の大国主義が果たして転換を果たせるのか、「オバマ一人に終わってしまわないか」との、心配の声は当然であろう。

「核兵器のない世界へ、『道義的責任がある』と踏み込んだ大統領発言の意義は大きいと思います。現実のものとするため志位委員長が国際交渉を呼びかけました。この機を逃さず、被爆国からの強いメッセージを発信する必要があります。世論をひきあげ、政府を突き上げ、ともにがんばってゆきましょう」
私は呼びかけた。

Photo_4 「大統領が長崎を訪れ、被爆者の声を聞いてくれればいいのだが」
「それが一番ですね」

拉致と北朝鮮問題、南米での新しい政治の台頭、マスコミ報道のあり方、格差と貧困など、懇談の中身は多岐にわたった。

県党はこれで、先に訪問した長崎原爆被災者協議会を含めて被爆者5団体のうち日程が折り合った4つの団体と懇談を済ました。支持政党の違いを超えて、核廃絶、被爆者救済の一致点で意見を交わせた意義は大きい。いっそう連携や原水禁運動の統一を願ってやまない。

« ありがとうニャン | トップページ | 雲仙市で農業語る会 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/44997155

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器廃絶を 長崎の被爆者団体と懇談:

« ありがとうニャン | トップページ | 雲仙市で農業語る会 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30