ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 雲仙市で農業語る会 | トップページ | »

久留米で団体訪問 街頭で「拉致問題は?」

5月13日、諫早から鳥栖経由で久留米へ。

P1100155地域活動センター「自立生活センター久留米」(古川克介代表)と、「ほのぼのランド」(伊藤秀子代表理事)を訪問。お二人から話を伺う。

障害者福祉は「将来をみるための試金石。自分たちはそうならないと思っていないか。人間として扱われる国にしなければならない」と古川さん。

P1050237 「国は現在の10人規模の作業所を20人規模にしてゆくだろう。障害があるからといって施設を即利用するわけではない。利用者とスタッフとの関係で、それが可能か化・・・
」。伊藤さんが率直に語ってくれた。

次に、久留米民主商工会を表敬訪問。会長、事務局長と懇談し、業者の状況などについて意見交換。福商連が取り組んだ業者アンケートの結果がマスコミでも大きく取り上げられた。「売上げが減った」70%、「商売の収入だけで生活ができない」69%。本当に深刻だ。

市内を街頭宣伝。3カ所で演説。青年が駆け寄ってきた。
「あのー質問があります。拉致問題を共産党はどう思うのですか?

拉致問題を国会で一番最初に取り上げたのが、1988年共産党の橋本敦参院議員だったこと、北朝鮮の国家的犯罪や蛮行を一貫して批判してきたのも日本共産党であったことを伝える。

P1100158「もちろん、私たちは北朝鮮とのおつきあいは全くありません」
「ああ、よかった。やっぱりそうですか。マスコミなどでは伝わってこないので、もっと拉致問題を語ってください。比例はいつも共産党に入れてきましたが、共産党という名前が、ソ連や北朝鮮をイメージしてしまう人も多いのでは」

「たしかに損をしている部分もあります。でも、日本の共産党と言えば、大企業にモノが言える党とか、市民の身近な相談相手であったり、お金に清潔なイメージ、定評もあるよね。それに戦争に唯一反対した政党でもある」

「うんうん、言われてみればそうです。共産党の誤解がなくなるよう頑張ってください。集会があったら参加します」
住所を教えてもらい、しんぶん「赤旗」の見本誌を手渡した。

P1050243 夕方に地区労連主催の屋外集会。この日、公共事業の改善で要望書を市役所に提出した。党を代表して激励のあいさつ。活動終了。

« 雲仙市で農業語る会 | トップページ | »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/45008842

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米で団体訪問 街頭で「拉致問題は?」:

« 雲仙市で農業語る会 | トップページ | »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30