ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 門司小倉かえるネットの青年たちと | トップページ | »

「民主に入れる。2票とも」

熊本(9日)と宮崎(10日)の活動は、赤旗西部総局の竹原東吾記者が同行した。竹原記者は、私が演説しているときに、街の声を拾うのだが、予想どおりというか、それ以上に民主党への風が強いことがよくわかった。

「民主党で変わらないことはわかっている。でも民主党に入れる」
「日本人の生活に密着した、堂々たる政党だ。でも共産党という名前はソ連をイメージする。共産党には入れられない。2票とも民主党に入れる」
「自民党はもうだめ。一度民主党にやらせてみたい」

「雇用とか社会保障は正論で、共産党はいいことを言っている。でも投票は民主に入れる」
―衆院選は2票ありますが。
「選挙区も比例も民主党」
―どうしてですか?
「どうしてもってことはないけれど・・・」

Dsc_0496 「自民党政権を終わらせたい→よりましで民主」の大きな“塊”が街中に存在している。うーっ。竹原記者の取材報告に思わず唸ってしまった。

東京都議選が終わった。“政権交代を東京から”――わが党の基礎票にまでも侵食するかのような“塊”。都政のあり方や都民要求を、争点から退けた結果にまた唸る。
民主党への脅威はさほどないが、“二大政党づくり”の手強さを強烈に感じる。

かといって、民主党は熱狂的な支持で支えられているわけでない。同時に、共産党の政策や日常活動には、確かな共感があるのも事実。「雇用でがんばっていますね」とか「スジをとおしているから好き」など、雰囲気や反応もいい。

共産党への共感や関心を、投票にまだ結びつけられていない。対話と支持拡大の到達が“塊” の大きさに表われている。

わが党が政党選択の選択肢に入るためには、いっそうの力の発揮が必要。そして、これからの訴え方に格段の工夫が必要と考える。

« 門司小倉かえるネットの青年たちと | トップページ | »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

東京都議会選挙共産党の伸びを期待していただけにがっかり。
でも、マスコミが作り出す二大政党しか、選択肢が無いような世論作りには、反撃しなくちゃ。

長年の自公政権を終わらせたいの言う人々の気持ちも当然ですね。その気持ちを分かった上で、もう一つの選択の大切さを訴えていく必要がありますね。

多数が正しいとは限りません。多数決は、正しいか間違っているかではなく、当面の行動を決めるためのものです。遠足で山に行くか海に行くかは、正しいか間違っているかではありません。

しばしば、少数が正しいことがあります。
ガリレオも、コペルニクスも、ダーウインも、そして、マルクスも最初は少数と言うより、ひとりだったかもしれません。

学校のいじめもいじめている多数が正しいわけではありません。ほかとは違う人をいじめるのは間違っています。他と違うことが貴重な存在であり、あるいは、違うことが世の進歩や発明で、多数を幸せにしたりしている事もあるのですね。人類を救っているかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/45619403

この記事へのトラックバック一覧です: 「民主に入れる。2票とも」:

« 門司小倉かえるネットの青年たちと | トップページ | »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30