ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

4月はほぼ毎日 快適♪弁当ライフ①

P1000229 弁当づくりは楽しい。前夜、手間をかけてつくったおかずがあれば、必ず作ろうと思う。また、市販の惣菜も含めて、おかずが数種類あれば、気分とても楽になる。

継続は力。きっといい事あるでしょうと、4月はほとんど毎日弁当をつくっていった。


(筑前煮、スクランブルエッグ、豚の角煮、黒豆、佃煮)

P1010728_2

(ポテトサラダ、鶏のからあげ、ゆで卵、西京焼き、野菜炒め、浅漬け、黒豆)






P1010727_2
(ふろふき大根、豚キムチ、ウインナー、大豆煮、ゆで卵、わけぎのぬた






P1010607_2 
(鶏とジャガイモのクリーム煮、、鰯のぬか炊き、スクランブルエッグ、生野菜、黒豆、ぬか漬け)





P1000586
(大根のべっこう煮、スクランブルエッグ、ウインナー、ポテトサラダ、ピクルス、ぬか漬け)





つくる手間より、つめる手間の方が面倒になるときがある。もっと、合理的なやり方はないものだろうか。

「やはとの風」~自転車ごと乗れる電車

Dsc0029411 鹿児島県委員会の竹原良子さんから、JR特急「はやとの風」の写真が送られてきた。
このごろ「ブログの”乗り物”シリーズがないでしょ」と、鋭いご指摘。

すみませーん。さぼっています。実は「はやとの風」は私もカメラにおさめていた。
あわてて「乗り物いろいろ」にアップする。

Img_0301 これだけでは、いけない。「自転車ごと乗れる電車」も紹介してるで、ご覧ください。
ネタはほかにもいろいろあるのですが・・・

93700人という数 沖縄県民大会④

P1030374 9万人集会の規模とはどんなものだったのか――26日付沖縄タイムス社説の出だしはこうだ。
「自民党に共産党、親子連れに若者同士。沖縄戦を体験したお年寄りたちの姿も目立つ。党派を超えて集まった人たち9万人・・・」


P1030399 県知事も市町村長も参加というのは、自治体をあげてのとりくみ。沖縄の県民大会に初参加した人は、市や町ののぼりを目の当たりにして驚きの声を上げる。

町ぐるみの一方で、組織されていない人が自発的に、そして相当な規模で参加した。

大会実行委員会は、渋滞で未到着の人を入れて9万人と判断し、前日の宮古集会、八重山集会の参加者を足して93700人と発表した。仕事などで大会に参加できなかった人は黄色のリボンをつけるなどして、参加の意思を示した

P1030474 大会会場の読谷村運動公園は、交通のアクセスが悪く、貸切バスに乗るか、マイカーで行くしか手段がない。それにもかかわらず、この数はどうだ。私の乗ったバスは11時40分に那覇を出発し、およそ1時間で到着。しかし、1時前に那覇を出発した別便は大渋滞で3時間もかかり、到着した頃には集会はクライマックスを迎えていた。

20100427101107005_0001 途中であきらめて引き返した人、渋滞を聞いて参加を断念した人。閉会後に着いた人のことを考えると、この集会の参加者は10万人をはるかに超えていたであろう。
(写真/沖縄タイムス4/26より)

未来への約束 沖縄県民大会③

参加者の多くが高校生代表の(岡本かなさん、志喜屋成海さん―普天間高校3年)の発言を称えた。

20100426175529686_0001 「授業中でもテスト中でも容赦なく、すべてを中断させる音。低空飛行する機体に向かって思わず『うるさい!』と叫んだこともあります。(2年生になって)『でもしょうがない』『いつものこと』と思う自分がいたのです。この問題をしかたないからと、考えるのをやめていないか。私を含めて、いま一度多くの方に考えてほしい」(岡本さん)

「基地で働き生活の基盤をつくっている人、沖縄のさまざまな場所で反対運動する人たち、辺野古の海岸で座り込みをする人たち、日本人でなく基地で働く多くの額国の人もいます。すべての人が一生懸命生きているからこそ、平和と基地、沖縄はいつも矛盾を抱えています。『しかたない』と受け入れることで本当によいのでしょうか。私は純粋に素直にこの問題をみたうえで、やはり基地は沖縄に必要ないとそう思うのです。」(志喜屋さん)
(写真/しんぶん赤旗4/26より)

仲井真知事は次期振興計画の基本が「基地のない平和な沖縄」であることを強調し、次代の子どもたちに米軍基地撤去を誓った。

P1030430 「次代の子どもたちに米軍基地の被害と負担を残さないこと。私たちの世代で基地被害や基地依存から脱却し、明るい未来を描く真っ白なキャンパスを残すこと。それが、県民大会に参加した人々の共通する願いであり、誓いだ」(琉球新報社説4/26)

基地問題は、子や孫の代にまで引き継がせない。平和で豊かな島を残す。この決意が会場にみなぎった。

「県内」も「県外」もない 沖縄県民大会②

「本土のどこかで普天間を引き受けてほしい」「沖縄も苦しんでいるのだから、荷を分かち合うべき」などの発言、意見はいっさい聞かれなかった。

P1030461 基地のたらい回し、新基地の建設は絶対に認めない世論は確立された。ここに私は一番感動した。素晴らしい。沖縄県民の統一と団結に心から敬意を表したい。

「移設反対か地域振興策の二者択一論で翻弄された14年間の県内政治状況の確実な変化を見せつけた」(琉球新報4/26)。

「もはや県内移設が不可能なのは決定的で、それを前提にしない限り解決策はあり得ない」(沖縄タイムス社説4/26)

そして沖縄タイムス社説は、「県外」への道もないことを指摘している。
「そもそも地元合意なしに新基地を建設できると思うのは時代錯誤も甚だしい。移設候補地として名前が挙がった九州中中部の自治体からすぐに反対の声が上がる。海兵隊は日本のどこからも受け入れられていないということになる。地元に歓迎されない場所に米軍を駐留させないという米国の原則からすると、海兵隊は撤退を真剣に考える時期にきている」

P1030462 超党派の大会は大成功をおさめ、沖縄の歴史が動いた。県民は壁を乗り越え、その心は一つになった。
志位委員長は「必ず歴史を動かす、日米両政府を動かす力になって働くと思います」と、会場の記者会見で述べた。

無条件で普天間基地を撤去する。これが一番で唯一の解決の道である。

怒りのマグマ爆発 沖縄県民大会①(写真集)

Image_02 新基地建設ノー。普天間基地の閉鎖、撤去を求めて、沖縄県民の怒りが爆発した。93700人が読谷町のグラウンドを埋め尽くした。(写真/党本部HPより)

 

P1030404
職場、地域、学園から続々と。






P1030470沖縄のたたかいに連帯―九州5県から参院選挙区候補が参加した。左から山下かい(大分)さん、山口はるき(鹿児島)さん、しのだ清(福岡)さん、あだち安人(熊本)さん、(大分)、ばば洋光(宮崎)さん。
九州もわじわじー。



P1030428


集会前のアトラクション。沖縄の子どもたちの見事な唄舞踏。会場を魅了した。




P1030443
取材陣の人だかり。インタビューを開けているのは誰だ?





P1030440
実は、志位和夫委員長。党首の参加は共産党だけ。俄然注目を集めた。




P1030449_2
市田書記局長も参加。沖縄県委員長の赤嶺さんは、党首につききっりで忙しい。
平和活動家の高遠菜穂子さんとファルージャの友人とともに。


P1030419
小池晃政策委員長、仁比そうへい参院議員も参加。





P1030423P1030375_3





中継車がでて、実況中継も行なわれた。

P1030425_2
気温は24℃まであがって汗ばむ。なにより日差しがきつくて、肌がひりひりする。特等席は運動場のまわりの木陰だ。



P1030452_2
これは何の行列? そうトイレ。仮設トイレも設置されたが足らない。




P1030455_2
新婦人の横断幕は、多くのマスコミのカメラにおさめられた。




P1030471
200台以上のバスが帰路に立つが、なかなか動かない。
帰りも大渋滞。
お疲れ様でしたー。

明日は沖縄県民大会

明日は、沖縄県民大会。
九州の選挙区候補とともにブロック所員も総出で参加する。

予想では天気は晴れ。気温は20℃をゆうに超えるとのこと。
半袖のかりゆしを着るか悩むところだが、テレビのニュースでは、大会のシンボルカラーの黄色のリボンが街頭で県民に配られていた。これを着けて大会に参加しよういうことだ。

P1030482 現地では、黄色のものを着けて参加しようと呼びかけている。
さて、黄色の衣服を探すがない。ネクタイはあるが場違いだろう。
あった、あった、JCPのブルゾン。押し入れの奥にしまってあった。これで万全。

「普天間基地の無条件撤去を」「九州もわじわじー」の横断幕も出来上がった。
さあ、行くぞ。

選挙区をたたかう九州7人衆

4月21日、参院選挙区候補者の会議。九州の7人が福岡に集まった。
都道府県委員長・地方議員会議で、参院選挙区の位置づけが変わった。

P1030312 2~3人区―「本腰を入れて議席の獲得に正面から挑戦する」
1人区―「勝利をめざし、議席を争う構えで、積極果敢な取り組みを行い、得票の大幅増を必ず勝ち取る」

2~3人区と1人区の位置づけの差は感じられない。間違っても選挙区選挙は添え物にしないということ。出る以上は勝利をめざす。

P1030303 「民主が自民か第三極か、その三極目めをめざすのではなく、民主的政権の樹立にむけた国民多数派――日本政治の『第一の極』に成長することが私たちの目標」(志位委員長の報告)を、みんなで論じた。

写真は公園で撮影。ベンチに座っていたご婦人が感心ありげに見ていた。

「夏の参院選に出る共産党九州各県の候補者です」
「そうですか、共産党がんばって下さい。民主党もひどい。小泉政権のときからおかしくなってきた。応援しますよ」

大盛会の市田演説会

4月20日、福岡サンパレスで市田書記局長を迎えての演説会。

「『立ち上がれ日本』・・・なんや偉そうに命令して」(爆笑)。いやぁ、いつもながらにうまいなぁ。
P1030272 「炸裂、市田節。実に感動しました」と感想メールがさっそく入った。

わかりやすい情勢と党の役割の話に加えて、入党の呼びかけと健全財政・日本共産党の訴えは、いつもながら名人芸。入党者はこの日20名、カンパはこの会場では最高の65万8887円が寄せられた。

P1030274P1030271  
 




入場者は3000人。2階席も3階席も満員。
来賓の木村牧師、保険医協会の松井会長のあいさつも新鮮でよかった。もちろん、篠田・仁比両候補の話も。

P1030277熱気あふれる会場。市田さんも上着を脱いで熱弁。

その市田さん。開演前にあいさつにいくと
「おお、久しぶり。ちょっと痩せたんとちがうか」。ここでも言われた。
「ええ、シェイプアップして頑張っています」
「そうかー」

大ちゃんのマイブーム

P10202791_2「この頃、大ちゃんはどうしてますか?」
はい、ご質問にお答えします。

うちの気まぐれお猫様さんは、いまテレビにはまっています。テレビの前に居座り続けて、人間様の視聴を妨害しています。

P1020286画面が変わるたびに「動く物体」と認識し、前足で画面にさわります。爪でも立てられたらと思うと、気が気がでなりません。

「こらっー」と叫んでも、振り返るだけ。ほとほと困っています。

オレ流ダイエット⑩ 弁当のススメ

このごろ食品の熱量に目が行くようになった。パン、菓子、加工食品、コンビニ弁当、缶コーヒー・・・成分表示を見て感じるのは、世に出回っている食品のなんと高カロリーなことか。

P1030192 好き放題に食べていては、とても基礎代謝と運動代謝では、摂取カロリーを追い越せない。野菜も好んで食べてきたが、メタボ直前に至った背景の一つには、長年の外食中心の食生活だ。遅きに失したが、糖分と油脂の過剰摂取には気をつけたいと思う。

P1020090そこで、オススメなのが自家製弁当。このところ出張がない日は、ほとんど弁当をつくって持って行っている。

弁当のメリット―自宅だと揚げ物は面倒だから基本的に入れない。逆に野菜を入れないと見た目が悪い。第一、量が限られていて食べ過ぎにならない。詰めたおかずを器にあけてみれば、その量の少なさに驚く。と、いった具合に弁当はダイエットに効果的なのだ。

(煮豆、豚キムチ、ポテトサラダ、鰆の西京焼、ブロッコリー)


P1020125 この他、メリットはたくさんある。自分好みの味付けができる。早起きしなければならず、生活にリズムが生まれる。何よりも昨夜の余りものがメインになるから、ムダがなくなり家計費の節約になる。

(鮭、もやしのカレー酢漬け、筑前煮、ウインナー、ピーマンと塩昆布のつくだに、だし巻き卵、アスパラの豚肉巻き、プチトマト)

しかし、私にとって弁当づくりの最大の理由は、おかずづくりの時間がケタ違いに短縮されたこと。そして料理が楽しくなったこと。


実は、年明けに圧力鍋を購入したのだ。これは本当に便利な文明の利器である。
圧力なべの自慢話は、いずれまた。

オレ流ダイエット⑨ ビフォーアフター 

「ダイエット前はどんなお腹だったの?」「ビフォーアフターの写真が見たい」などのご質問、ご要望をいただいています。

まさかこんなに変化を起こせると思わなかったから、「今から始めるぞー」時点の写真はありません。幸か不幸かcoldsweats01みなさんは「へその上のポニョ」の裸体写真を見ずにすんだのです。でも、テレビ番組にあるようなダイエット前の写真を撮っておけばよかった。ちょっと後悔・・・

090826P1000324









↑これは、総選挙(昨年8月)の時と10月に旅行に行った時の写真。確かにポッチャリしてる。貫禄あるわーcoldsweats01


P1020325P1020295









↑現在。 実はこのスーツは、20年前に着ていたもの。購入後2~3年で、ウエストと胸回りがきつくなりタンスの肥やしとなってしまった。

もしかしたらいけるかも。タンスから久々に出して着てみた。
スラックスに足を通すと、ウエストがユルユル。おお、青春時代にもどったようだ。捨てずに置いていてよかったー。

すごい! DVDコピー機

党大会ダイジェストビデオや、候補者押し出しビデオなどをダビングして、支部や後援会におろしていくのは、今や党機関の日常活動となった。時代はビデオからDVDに。ビデオデッキより、DVDプレーヤーの方が家庭で汎用となったからか、近頃はビデオテープよりDVDの複製が主流となってきた。

P1010460 パソコンでのダビングが一般だが、オーダーが数百、千となると間尺に合わない。福岡県委員会ではDVD(CD)複製機をすでに導入している。1枚のマスターDVDを入れると自動的に7枚までのダビングが可能だ。

仁比DVD(13分もの)のダビングはわずか2分足らずで完了。動画の内容・容量にもよるが、30分ものでも5分くらいで仕上がるそうだ。これはすごい。

早いのは早いが、その分、ディスクの入れ替えにつきっきりにならねばならない。とても仕事の片手間ではできない。総選挙の時、福岡県委員会の総務部は「赤嶺・田村DVD」を1800枚複製したと聞いて、驚き、改めてその労に感謝した。

国保料引き下げ 直接請求運動

4月10日、北九州市。

P1020314 国民健康保険料の引き下げを求めて、直接請求運動が4月1日から始まった。門司区の会と小倉の会の街頭署名活動に参加する。

マイクを握って呼び込み。私が腐心するのは、国保の加入者でない会社員やに対する接近。

P1020321_2  「会社を退職すれば、みんな国保に入ります。いきなりすごい保険料が待ち受けています。国保は国民みんなの課題です」

「協会健保や共済健保は、国保に多額の拠出金を出しています。国保をよくすることは、被用者保険を良くすることにつながります

P1020328 おおー、市民の関心は高いようだ。一時、行列のできるときもあった。

感動! 九条の会 福岡講演会

4月3日、九条の会福岡県連絡会の記念講演会に出かける。

①品川正治さん(経済同友会終身幹事) 「財界人が語る憲法九条」
②山口美智子さん(薬害肝炎全国原告団代表) 「国を動かしたいのちの訴え」
③小森陽一さん(九条の会事務局長) 「憲法九条・世界と日本」

素晴らしい講演だった。

20100410142039432_00011 復員船の中で新聞を読み日本に新しい憲法が出来たことを知った品川さん。9条のところで感極まって次に進まない。「読んで聞かせろ」と言った上官が一番号泣していたと。もう愚かな戦争をしなくてすむ、してはいけないルールができたことが、どれだれの心身ともに傷ついた日本兵を感動させ励ましたことか・・・「戦争を人間の目でみる。それが日本国憲法」―品川さんの一つ一つ言葉は重い。ズシンと迫る。

山口さんのお話。母としてのやさしさと強さ、すべての患者への愛にあふれていた。人間の尊厳をかけての彼女たちのたたかいは、まさに日本国憲法の実践であった。

そして、小森さん。5年前の福岡発足時の講演は、学者らしいおとなしい方という印象だったが、海千山千の呼びかけ人を束ねて、全国に7000以上の9条の会を広げてこられた。改憲派との攻防を時系列ですっきりまとめて話された。アジテーターで戦略家で、すごい人。

いやぁ、感激の一言。元気をもらった。私もがんばらねば。

オレ流ダイエット⑧ 血圧も下がる

運動は、体に様々な効果をもたらす。腹が凹み、心肺機能が高まった。しかし、何と言ってもうれしいのは、血圧が下がり出したことだ。

降圧剤を服用していても下の血圧(拡張期血圧)が90台の日もあり、医師は「70台に落とさないと」と言って、昨年薬の量を倍に処方した。

P1020230 ところが、スポーツを始めて、高血圧が改善。日中測定すると、上も下も信じられないくらいの低い値を示す。

日ごと付けている測定値を見て、医師も「すごい」「すごいですね」を連発。薬の量を
半分に減らしてもらったが、正常値が続いている。

成人病予防に「適度な運動」は、
お題目のように指摘されるが、それが正しく効果があることを身をもって体験している。

オカンは元気。妹は奮闘中

4月5日、久々に大阪へ。

P1020258 オカンはすこぶる元気になっていた。外食に連れ出したが、以前と比べて食べる量もぐんと増えた。お土産は、いつもの辛子明太子に加えて「塩豆大福」。
これが旨いんよ」
「知ってる、知ってる。ありがとう」

翌日妹宅へ。奇遇にも彼女もスポーツクラブでシェイプアップに取り組んでいた。
ダイエット先輩の兄が腹筋とピラティスを指南。

「お酒なんか死ぬまでに1滴もいらないげど、おやつの洋菓子はやめられへん」。
私は真逆。世の中には変わった人がいるものだ。(と、妹も思っているだろう)


P1020268P1020273





  帰省は、ちょうど桜前線を追う形となった。九州と近畿で2度桜を楽しめてラッキー。車窓から太陽の塔が見えた。懐かしい。桜の台座に乗っているようでおもしろい。

神埼演説会 久々の弁士

4月4日、1週間後に市議選の告示を控えた神埼市で演説会。

P1020220合併後初の4年前に神埼、千代田両町の議員4人が全員当選。その快挙が昨日のことのように思い出される。その後守屋健二さんが交通事故で急逝。
今回は原のぶよし、佐藤ともみ、福田清道の3氏が守屋さんの分もがんばって議席をつなぐ選挙。

3市議はともにベテランで、演説も活動の奥深さと実行力を感じさせるものだった。

P1020222  久々に弁士をつとめた。与えられた時間は30分。3候補の持ち上げと市議選を取り巻く日本の情勢、民主党政権の問題と共産党の政治を動かす役割について語る。120名が参加した会場の反応がよく、のびのびと訴えることができた。

「わかりやすく楽しい話をありがとう」「お世辞でなく、お見事でした」―メール等で過分の評価もいただき、胸をなで下ろしている。

この日の記事
武藤明美県議のブログ
http://blog.livedoor.jp/mutouakemi/archives/51539581.html
山下明子地区委員長のブログ
http://akikoy.at.webry.info/201004/article_13.html

P10201734月2日、九沖ブロック指導部会議。8県の県委員長が集まって、参院選に向けての方針の論議、経験交流を行う。

バス停でいつも思うのだが・・・

P1010858 毎日利用する西鉄バス。日によっては10回近く乗り降りすることもある。

2年ほど前からか、バス停に大きな広告がつくようになった。立派なもんである。アクリル板かガラスにはさまれた有名企業の広告はさすがにインパクトがあり、いやが上にも目に飛び込んでくる。

P1010859 別に、サントリー「金麦」の悪口が言いたいのではない。
壇れいさん、いいよねぇ。あの笑顔、ちょっと甘えた声、テレビCMを見て世の男性は皆、ニマァと頬をゆるませているに違いない。女性の多くはフン!と言っているに違いない。


P1010862 立派な広告板に引き替え、時刻表の見づらいこと。今も昔も同じ大きさで、文字は小さいし、バス停によってはよれよれのところもある。

お年寄りなどは、間近に寄って指を指して確認している。大きく見やすくしてほしいなぁ。広告収入をぜひ時刻表の改善やバスロケーションの導入にあててもらいたいものだ。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30