ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 炊き出しに感謝! お世話になりました | トップページ | メーデーは仲間たちと楽しく語リあって »

痛苦の結果から何を学ぶか

いっせい地方選挙後半戦での議席の増減(前回比)
民主-3、自民-82、公明-32、みんな+144、社民-48、共産-158

議会の定数が減る中で議席増を果たすのは容易ではなく、議席を維持あるいは、失った議席の回復が目標であった。各党が候補者をしぼる傾向の中で、共産党は果敢に候補者を立てて選挙をたたかった。が、それが裏目に出たところも多い。

「しぼればよかった」の意見は山のように出るだろうが、「しぼったら楽観して選挙にならない」ところから出発していることも認識しなければならない。

長崎市議選の最下位当選者は2922票。わが党4人の平均得票は2626票。当選に一人平均で296票足りなかった。宮崎市は3候補が涙を飲んだが、一人平均1474票で当選に304票足りなかった。これを振り返ってどう見るか。

複数の候補を立てたところでは、候補者間の票差がさほどなく、きれいに地盤割りされている。ということは、やはり自力の不足、競り負けか。昨今はよんだ票と結果との落差が大きく、支持拡大そのものが追いついていない問題がある。

当落を見極める情勢判断、共倒れをさせない戦術、選挙はいつの世もむずかしいが、無党派層の拡大、既成政党離れの中で、名うての選挙巧者も見えない時代となったようだ。

痛苦の結果から何を学び、何をするか――私もじっくり考えたい。

« 炊き出しに感謝! お世話になりました | トップページ | メーデーは仲間たちと楽しく語リあって »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/51498543

この記事へのトラックバック一覧です: 痛苦の結果から何を学ぶか:

» 原発肯定派のパターン集 [ガンシューやるならブラウン管だよね 〜KRTさん(三十路)のブログ〜]
■原発肯定派のパターン集 ●原発反対なら電気使うな! (原子力依存は3割程度。他の電力を否定する原発大好きっ子はフランスにでも行きましょう) ●代替策を出せ! (当面は火力でそして徐々に原発から水、風、地熱、太陽光、波、潮力等に移行と言っても一切聞く耳持たず、出来ない、高い、原発しかないの一点張り) ●風力、太陽光とかその他、まだつかえねー (原発のデメリットは棚に上げて、他の発電のデメリットだけを持ち出して思考停止) ●CO2の排出ガー ... [続きを読む]

« 炊き出しに感謝! お世話になりました | トップページ | メーデーは仲間たちと楽しく語リあって »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30