ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 機内で何度も手を合わされ・・・ | トップページ | 何にもせん県、福岡県。九電とは一言も交わしていなかった! »

「プルサーマル発電も安全」。九電の姿勢は相変わらず

5月19日、福岡県革新懇が玄海原子力発電所の問題で九州電力本社と交渉。同席する。

九電の姿勢は3・11以降も変わらない。「原発安全神話」のもとに原発を推進する。30年を超えた原子炉も引き続き使用し、プルサーマル発電についても「ウランと同様安全は確認されている」とした。

福島原発の大事故を受けての緊急安全対策について説明を受ける。

政府は3月30日、電力会社に次の指示をした。
3つの機能(全電源、海水冷却機能、使用済燃料貯蔵プール冷却機能)が津波で失われても、原子炉内の燃料や使用済燃料の損傷を防止し、放射能物質の放出を抑制し、原子炉及び使用済燃料貯蔵プールの冷却ができること。

地震で外部電源、津波で内部電源が途絶えた福島の教訓からすれば、政府の指示をクリアすることなどできはしないのではないか。

Dsc_0365 九電からは、中央制御室等に電気を供給する高圧発電機車を海抜26メートルの地点に配備したとか、佐賀県内3つの変電所(伊万里、背振、唐津)から外部電源を確保するなど、緊急安全対策の説明を受けた。

しかし何を持ってしても、炉心溶融、放射能漏れが絶対に起こらない保障はどこにもない。

現在、玄海2号、3号と川内1号機が点検のために休止している。玄海は佐賀県との調整がずれていて、再開のめどがたっていない。
九電は、夏場のピークに火力発電所の燃料調達ができないことを理由に、突如電力15%の節電を呼びかけた。これは「原発を早く再開させよ」の「脅し」と私はとる。

« 機内で何度も手を合わされ・・・ | トップページ | 何にもせん県、福岡県。九電とは一言も交わしていなかった! »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/51721133

この記事へのトラックバック一覧です: 「プルサーマル発電も安全」。九電の姿勢は相変わらず:

« 機内で何度も手を合わされ・・・ | トップページ | 何にもせん県、福岡県。九電とは一言も交わしていなかった! »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30