ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 「アレクセイと泉」 いのちを考える映画 | トップページ | 「私たちの信頼は非常に下がっている」と保安院審議官。よくわかっているではないか »

「再質問しづらい雰囲気」――国主催の原発「安全」説明会に批判の声続出 佐賀

6月26日、国主催の原発説明会が初めて佐賀県で開かれた。

やり方が姑息で帳面消し――
①会場は非公開。
②県民代表は7人だけで国が委託した広告会社が選任。
③質問は1回1分、回答は2分以内に制限(国側にダラダラしゃべらせないのはいいが)。

ケーブルテレビとインターネットで中継され、やりとりを視聴することはできるのだが、こういうやり方で、国は佐賀をはじめとする国民・住民の思いがわかるのか。

Dsc_0459 翌朝(6/27)の新聞には、当然ながら参加者・視聴者からの批判の声が躍った。

「『90分は短すぎる』」「『難しい言葉ばかり』」「参加者ら不満」(朝日)、「出席県民批判続出」「『再質問をしづらい雰囲気』」(毎日)、「原発 不安解消遠く」(読売)、「出席者『納得できぬ』」「『再開前提 国の広報』」(西日本)・・・

20110627154238635_0001毎日新聞が会見に応じた6人の参加者のコメントをまとめている。

福島原発が収束もしないのに、何が「安全」か。何でいま
「説明」なのか。顔洗って出直せと言いたい。
いや、少なくとも収束するまで出直さなくてもいい。

« 「アレクセイと泉」 いのちを考える映画 | トップページ | 「私たちの信頼は非常に下がっている」と保安院審議官。よくわかっているではないか »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

マスコミなどの節電節電の宣伝には、「電力が足りないから原発の稼働を!」という裏があるように感じるのはわたしだけだろうか・・think

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/52058034

この記事へのトラックバック一覧です: 「再質問しづらい雰囲気」――国主催の原発「安全」説明会に批判の声続出 佐賀:

« 「アレクセイと泉」 いのちを考える映画 | トップページ | 「私たちの信頼は非常に下がっている」と保安院審議官。よくわかっているではないか »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30