ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 「やらせメール」 九電に一言も事実確認していなかった経産省 | トップページ | ネコの居場所は・・・ »

住民勝利のあとの、民主党政権がいけない


川辺川ダム中止や水俣病裁判の和解。住民の長年のたたかいは歴史的勝利を生み出した。が、民主党政権がいけない。

ダムに頼らない治水計画は、亀の歩みのように遅く、当時の長妻大臣が約束した五木村特別法もいまはやる気がまったく見えない。水俣病の潜在患者の救済では特措法の申請主義を盾にして沿岸住民の検診を行わないから、事実上の切り捨てにつながってゆく。

諫早堤防にしても、昨年12月の福岡高裁判決と国の上告断念で、国の方針として開門が決定したのに、それをいたずらに引き延ばすかのような環境アセスメント案を出してきた。

政権とるまでは勇ましかった民主党だが、権力の中枢に入ってしまい、官僚機構に飲み込まれてしまった。長年の懸案も、震災・原発対応もスピード感が本当にない。役所にしても、数はいても砂上の楼閣状態の党と政権に対しては、真剣になれないかもしれない。
それを痛感した2日間だった。

« 「やらせメール」 九電に一言も事実確認していなかった経産省 | トップページ | ネコの居場所は・・・ »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

3分10秒

川内原発から40キロの水俣市。
事故が起きれば放射能は3分10秒で飛んできて、181人が急性死するという数字もあります。
6月水俣市議会では、原発からの撤退をめざす意見書が、全会一致で採択されました。
水俣病に学ぶ環境にこだわったまちづくりの成果です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/52169326

この記事へのトラックバック一覧です: 住民勝利のあとの、民主党政権がいけない:

« 「やらせメール」 九電に一言も事実確認していなかった経産省 | トップページ | ネコの居場所は・・・ »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30