ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

男子弁当つづけています

「最近、お弁当ブログありませんね」
こう言われるとつらい。でも、さぼっているのは日記の更新で、男子弁当はちゃんと続けているのだ。

Dsc_0087 温めておいしてものはチンして、サラダなどは冷蔵庫で冷やして、そして汁物は、「ウォールマグ ポーター」に詰めて。このパターンは定着した。

それにしても「ウォールマグ ポーター」は便利だなぁ。汁はこぼれないし、大きい具をそのまま持って行けるのがうれしい。

Dsc_0430
豆腐、ネギ、わかめ、しめじの具だくさん味噌汁。トマトとタマネギが冷えておいしい。ドレッシングは事務所の冷蔵庫に常備。


Dsc_0426肉じゃが。こんな大きいジャガイモは弁当箱には入らない。自家製漬物もまいう~。




Dsc_0091沖縄から牛汁が届いた。レトルトだがいける。煮込んだ牛肉、くたくたになった大根・・・食欲をそそる。ひじきはの炊いたんは、弁当の助っ人。一度つくると4~5日は定番となる。

Dsc_0108昨夜の残り物のあり合わせ弁当。手間をかけるところがないから、味噌汁だけでも。大根と九条ねぎ。やはりインスタントより断然うまい。



自動チャージが便利 「アレコレ ニモカカード」

福岡銀行の窓口で「手数料、年会費はかかりませんから」と勧誘されて「arecore nimoca(アレコレニモカ)カード」を作った。使用して数ヶ月がたつが、けっこう使える。

福岡銀行と西鉄との提携カードでクレジット機能付き。nimocaはJRや福岡地下鉄にも利用できるので、バス・電車、買い物はだいたいこれ一枚で事足りる。しかし、それではすぐに残高不足になって、チャージが大変だ。ところが、これを解決する機能がある。

Dsc_0039 「オートチャージ」。残金が指定した金額以下になると、自動的に銀行口座引き落としでチャージされる。私の場合移動が多いので、3000円以下で10000円のチャージ設定をしている。これが実に役立つ。

チャージは、西鉄バスの車載機もしくは、西鉄電車の改札機を通したときに自動的に行われる。バス乗車時にカードをかざして指定額以下だったら、降車時の“ピッ”で10000円がプラスされているのである。

カードを利用して残金不足の時ほどなさけないことはない。バスならエラー音のあと「すんません」と急いで財布を出す。そんなときに限って大きい札しかない・・・トホホである。こんな事態も、オートチャージ機能があれば回避できる。

本当に便利になったものだ。利用履歴はバス乗車区間から、ものを買った店までしっかり残り、印刷することも可能だ。

 しかし、自分の行動も、銀行残高(まことにお恥ずかしい額だが)も筒抜けになっているようで、(そんなことはないのと思うのだが)、便利になった分、少々不安もある。

紳助「引退」に思う

舞台に上がるやいなや「ボクシングしよう」と衣装を全部脱ぐ2人。
グローブをつけての漫才に腹がよじれるほど笑った。紳竜の漫才を見て育った世代としては、その芸風や生き様に賛否両論あるものの、島田紳助という芸能人をどこか注目してきた。

3.11以降は、イジリ笑いが世間に受け入れられなくなったが、バラエティ番組での仕切り、笑いの取り方、当意即妙な掛け合いなどは、まさにタレント(才能)の中のタレントであった。

私は関西出身でものごごろつくころから、笑いの文化の中で育った。吉本や松竹の売れない芸人と一世を風靡する者との違いの一つに、努力のあるなしを見てきた。紳助は野心を原動力として努力を積んだ。そして上りつめた。

芸能界(人)がいっさい裏の社会とつながっていないなど、世間は誰も信じていない。「サンデープロジェクト」の司会を降りたときの直感。この人は不良の自分を肯定し、芸能界で生きていくんだな。選挙には絶対出ないと私は確信した。

昔と違い、世をあげて暴追の流れの中、引退は当然のことである。コメンテーターが述べる「残念」「惜しい」の気持ちはさらさらない。逆に、このやんちゃ男は、所変われどまた何かをしかけてくると思う。

頭の回転が速い。自分の中にあるいくつかの「ブラック」がバレた時の想定を常時していたと思う。主演、演出「自分」。能弁、涙の記者会見も、人生のドラマの中の一シーンとして自分が描いているような気がした。

原発の専門技師が原発の危険性を告発 菊池洋一さんの講演

8月20日、北九州戸畑で原発問題の学習会。
福島原発の建設にも携わった元GE技術者、菊池洋一さんの講演を聞いた。

P1200361 ・「心配なのは、福島原発に技術者や労働者が不足しているということ。この5ヶ月で目一杯被爆しているだろうから」
・「日本で一番危ない原発は浜岡と玄海。玄海1号機は限界」

・「原子炉の清掃で炉についた放射性物質を高圧洗浄機で洗い落とすのは労働者。東電の社員はしない。そんな現場を知らない政治家が、原発は安全、クリーンと言ってきた」

P1200360 ・「原子炉に少し近づいただけで、白血球が倍になった」
・「核分裂はストップできても、ウラン燃料は放射線を出し続けている。原発は放射性物質製造器」

原発の表も裏も見てきた菊池さん。それだけに聞く者にとっては鳥肌が立つほどに一言一句がリアルで重い。

久々に宮崎へ 

8月19日、宮崎へ。

全法務労働組合九州地方本部の定期大会に出席する。今年は宮崎で開催。

被災地の復興・支援に
公務員は懸命に働く公務員を尻目に、政府は賃下げ、人員削減を強行している。「労働者全体にかけられた攻撃を跳ね返そう」と連帯のあいさつ。

Dscn6448 夜は「政治と日本共産党を語り合う集い」。
http://blogs.dion.ne.jp/babajcp/archives/10327262.html
(宮崎県委員会・馬場書記長のブログ

100名近い方においでいただいた。被災地で果たす党の役割、原発問題解決の道筋をスライドを使って1時間話す。

Dscn64482 「北海道泊原発の再稼働についてどうか考えるか」、「使用済み核燃料はアメリカに引き取ってもらえばいい」などの意見・質問も出される。

久々に宮崎の仲間たちに会えて、有意義な語り合いとなった。


被災地で教わった絶品漬物。レシピ紹介

5月に震災ボランティア活動で他が宮城県多賀城市にに行ったときのこと。被災者のお宅でお茶請けに漬物が出された。

キュウリとショウガと大葉をを何かで漬けてある。ついついあとをひくおいしさで、被災者宅であることを忘れてポリポリ・・・。帰りがけ奥さんに作り方を教えてもらった。

「らっきょ酢に漬けるのよ。それと醤油」」
なるほど、あの酸味と独特の甘さはらっきょ酢か。
帰っていろいろやってみた。何とかあの時の味に近づいてきたのでご披露しましょう。

P1200065 ①キュウリは一口大に切る。漬けると少し縮むので小さく切らない。ショウガはスライサーで薄く切る。容器に詰める。

②市販のらっきょ酢に醤油を足してゆく。らっきょ酢が醤油色になろうかというところで味見。ここからは個人の味ごのみで加減する。これを①にかける。ひたひた程度に。

醤油は大豆、小麦、塩ぐらいを原料とした混じりっけのない本物を使う。ここで味に差が出る。最後に千切りにした大葉をドバッとかけておしまい。好みで鷹の爪を入れて。

冷蔵庫で冷やす。4~5時間もすれば食べられる。酒のあてに、ご飯のおかずに、そして被災者宅でいただいたようにお茶請けとして。ショウガも辛くなく、いくらでもいけますよ。

毛をカットして涼しいニャン

Dsc_0080_2 みなさんこんにちは。大です。

相変わらずヒマしています。

飼い主が家を空けるというので、先日ペット美容室になんと二晩も預けられました。

大きな犬もいて心細かったけど、猫なのでそのことはもう忘れました。

ついでにカットしてもらいました。とても涼しいです。
えっ今? テレビみています♪

ではまた。

反核平和マラソン(広島―長崎)3日目 全員そろってゴール! 来年もがんばりたい

反核平和マラソン(広島―長崎)3日目。 

原爆病院と特別擁護老人ホームの訪問を終えて、マラソンに合流する。最終の中継地は長崎市立川平小学校。体をほぐしていると、全法務のランナーたちがやってきた。

Dscf1103 約30人でラストラン。市街に通じる沿道からすごい声援。平和マラソンは地元の人にすっかりなじみになっている。


Dscf1111 「がんばれー」「がんばってー」。ベランダから鈴なり状態の手振り・拍手(選挙もこうありたいcoldsweats01)を受けて走る。核兵器をなくそうと呼びかけながら、原爆の投下地に向かって走る。

Dscf1140 全員そろってでゴール。29回目の反核平和マラソンは500キロを無事走行、目的を果たした。慰霊碑前で報告集会。千羽鶴をささげる。

Dscf1171 とてもすがすがしい。来年は30年の節目のランニングで、海外にも出場を呼びかけるとか。

3日間少しづつではあるが、走ってみて、自信めいたものが出てきた。トレーニングを積んで、是非また参加してみてみようと思う。

反核平和マラソン(広島―長崎)2日目 門司・小倉を走る。もう脚がパンパン

8月7日、反核平和マラソン2日目。

第一走者は午前4時に(すごい!)防府市を出発し、11時半頃には関門トンネルを通過する見込みだ。

Dscf1012 私は、福岡市で開催されている全司法労働組合九州協議会の定期大会に出席してあいさつしたのち、関門トンネルへと向かう。昨日の坂道ランが効いたのか、脚がパンパンだ。

本州からから九州に渡る区間(.5.5キロ)は、ランナー全員でゆっくり走る。沿道ですれ違う門司の人、車のドライバーの声援が嬉しい。門司区役所でお茶とレモンの差し入れ。

Dscf1022 ここからは北九市職労、北九州組がつなぐ。門司駅から北九州市役所までの6.7キロを走る。

「後からランナーが走ってきますので、激励をお願いします」。先導の宣伝カーが呼びかける。すると、住家、沿道から手振り。「がんばって―」「おつかれさん」の声がかかる。

マンションのベランダからも手を振っている。核兵器廃絶の願いはみんなの願いを実感する。

「反核平和マラソンでーす」「核兵器廃絶の願いを広島から長崎につなぎます」。声を出し、手を振りながら走る。北九州市役所前でバトンをつなぐ。
北九市職労が出迎えてくれた。冷たいお茶を飲み、西瓜にかぶりつく。
P1200317P1200315






ということで、今日も割り当て区間を無事完走することができた。脚が張ってちょっときついが、この充足感は他では得られない。

明日は長崎で最終ラン。

自分へのご褒美はギネス黒ビール。唐揚げにかぼすをかけて

今日はよく走った。

自分へのご褒美でギネス黒ビールを奮発。近くのスーパーでは「唐十」の店があって、揚げたての唐揚げが食欲をそそる。鶏といかげそを買う。

P1200306 唐揚げにかぼすをぎゅっとかけて食らう。かぼすは初物。
クゥ~、こたえられないうまさ。生きててよかった~。

明日もがんばるぞー

反核平和マラソン(広島―長崎)1日目 沿道の無数の声援受けて出発

Dsc_0029 8月6日、第29回反核平和マラソンの初日。

広島市原爆死没者慰霊式・平和記念式が開会されると同時に私たちも出発式をとり行う。


Dscf0867 式典にあわせて一同黙祷。そして出発。
核兵器廃絶を願い、訴えながら、広島―長崎500キロメートルをつなぐリレーマラソンが始まった。

P1200291 福岡医労連の瀧川聡さんから誘われた初参加の4人(前田、藤井、藤本、田村)は、スタートコースにエントリーしてもらった。はじめの2キロは参加者全員でゆるラン。その後はおのおののペースで。

いきなり10キロのランはきつかったが、なんとか無事に完走。今年で29回目とあって、平和マラソンは街中に溶け込んでいた。沿道の人たち、市民からの「がんばれー」「ごくろうさま」の声援、手振りのなんて多いことか。これに感激して突っ走った。

P1200287 午後は、国道2号線の上り坂3キロの区間。ゼーゼー、なんと終点の遠いことか。瀧川さんが飛ばす飛ばす。さすが門司の海岸を毎朝走り込んでいるだけのことはある。根性で滝川さんの背中を追いながらここも完走した。
田村、やればできるじゃん。

ベテランランナーの走りは美しい。選手級の人から、私のような初心者まで力を合わせて、タスキをつないでゆく。
P1200282 P1200293





下松市役所で市職労からスイカとオレンジの差し入れ。いゃあ、走り終わった後は果糖が体にしみ渡る。

明日は福岡。

反核平和マラソン

みなさん、お暑うございます。
この炎天下、私は走りに出かけます(汗!)
反核平和マラソン。
といってもcoldsweats01ちょろちょろっと走るのです。
6日―8:15、広島平和記念公園スタートの区間
7日―昼、関門トンネル―北九州市役所の一部
8日―18:45、長崎平和記念公園までゴールの区間
距離は短くても3日連続ランが目標です。 では、がんばってきまーす。

「でんき予報」 猛暑は続くが電気は足りている

九州電力のホームページをご覧あれ。「やらせメール」のお詫びや、佐賀県知事との面談についての釈明が、長々書かれている。

その下に「でんき予報」がある。電力使用量とピーク時の供給能力、その割合(使用率)が毎日時間ごとに記されている。毎日見ているが、猛暑日でもピーク時の使用率は90%台前半である。今日は気温が下がって15時の使用率は85%。ピーク時で91%の予想だ。

Photo つまり電気は足りている。原発3基が休止中でも電力はまかなえているということだ。

化石燃料でコストがかかっているなどの議論はさておき、原発を再稼働しなかったら「停電になる」「産業活動が止まる」なとどさんざん喧伝されたが、消費者の節約も大きく貢献して電気は問題なく供給できている。

九電はいま「省電」を呼びかけている。
「九州電力では、電力の安定供給に努めておりますが、猛暑などにより電気の使用量が急増した場合、電力が不足する事態も考えられます。
お客さまにはこれまで以上に、上手に電気をお使いいただく"省電力"をお願いいたします。」

えらくトーンダウンしたものだ。「火力発電所の燃料がない」など事実でないことを言って、節電呼びかけで世間を騒がし、原発再稼働をあれほど主張した九電だが、やらせ問題オンパレード(メール、動員、発言、佐賀県知事との密会)でそれどころではない。

とにかく電気は足りている。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30