ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・

6月13日、福島県南相馬市へ。

念願かなって福島に来ることができた。原発被害の実態と住民の声を肌身でつかみ、九州における原発への対応、事故への対策を考えたかった。


南相馬市小高区(旧小高町)は、福島第一原発から10~20㎞の位置にあり、4月16日、警戒区域から避難指示解除準備区域に切り替わった。
地震と大津波による大きな被害を受けたが、それゆえに1年3ヶ月の時間が止まったままである。南相馬市議の渡辺寛一さんの案内で、被災状況を見て回る。

P1280084 P1280083






原発から20㎞以内の除染工事は環境省が直接の発注する。4月16日に避難指示解除準備区域となる。除染作業は始まったばかり。

P1280068 P1280081






ガートレールに乗り上げた車、道路に横たわるボート・・・津波の被災地では見慣れた光景だが、4月15日まで警戒区域だったために、1年以上、手付かずの状況にある。

P1280079 P1280078






原発の前に、地震の被害があった。震度6弱。小高区で被害世帯は889世帯(世帯数の23%)、南相馬市全体では3732世帯(15%)にのぼる。まだ手付かずの状況。本屋さんも昨年3.11からそのままの状態。

P1280085 P1280109






小高区村上地区。津波で何もかも流されてしまった。
津波で家が流された後。土台部分を集めているのは、遺体捜索のため。放射能に汚染されたこのがれきは持ち出せない。処理は止まっている。

P1280103 一昨年は田んぼの光景が広がっていた。
津波被害を中心に死者936人(全市)。合掌。来年にかけて除染作業が行われるが、農業再開の展望はたっていない。




P1280074 避難指示解除準備区域となって、立ち入りは自由となった。しかし、水道などのライフラインが絶たれている。帰宅してもお湯も沸かせない。

ゴミも持ち出してはいけない。宿泊してはいけない。これでは帰るに帰れない。警察や民間のパトロール車をしょっちゅう見かけた。

6月6日付けの答え

“新・九沖(きゅうおき)”豆知識⑥

民放局が最も少ないのは?
①大分県 ②宮崎県 ③沖縄県

答え→②

「昨日の報道ステーション見た?」「うちの県ではではやっていないのよ」。宮崎でその話を聞いて、びっくりした。テレビを見る視聴者数、つまりCMの効果で民放テレビ局の数が決るというのだが、法の下の平等が保障されている国で、なにか釈然としないものを感じる。

各県別の民放テレビ局は次の通り。
福岡県―福岡放送、九州朝日放送、RKB毎日放送、TVQ九州放送、テレビ西日本
佐賀県―福岡放送、九州朝日放送、RKB毎日放送、サガテレビ
長崎県―長崎国際テレビ、長崎文化放送、長崎放送、テレビ長崎
熊本県―熊本県民テレビ、熊本朝日放送、熊本放送、テレビ熊本
大分県―テレビ大分、大分朝日放送、大分放送
宮崎県―テレビ宮崎、宮崎放送
鹿児島県―鹿児島読売テレビ、鹿児島放送、南日本放送、鹿児島テレビ放送
沖縄県―琉球朝日放送、琉球放送、沖縄テレビ放送

『田村はまだか』 水曜随想

しんぶん赤旗「水曜随想」(2012.6.6)

『田村はまだか』。


朝倉かすみさんのヒット小説で文庫版も書店に並んでいる。小説の中味は当然私とは関係ないのだが、「この題名は情勢にぴったりじゃないか」「スローガンとして流行らせよう」などの声も寄せられている。

小池晃政策委員長も長崎の演説会で「本屋さんでも呼びかけている(笑)。赤嶺さんに次いで田村さんも国会へ」と当意即妙の持ち上げ。よーし、九州沖縄からそして、永田町からも「田村はまだか」の声が大きく上がるように奮闘したい。

演説会と言えば、宮崎で志位委員長を迎えたとき、河野知事が登壇し「アウェーなのにあたたかい」と会場を沸かした。長崎でも知事がメッセージを寄せた。二大政党制がいきづまる中で、首長も国民と同じく模索や探求の中にあるのかと感じた。がんばりがいのある情勢だ。

本稿は、沖縄に向かう機内で書いている。4年前の県議選で共産党が5名に躍進。それが、辺野古移設やむなしの県政を「新基地ノー」・オール沖縄の流れへ変えた。いま沖縄での世論調査で、日米安保条約は「破棄」と「平和友好条に改める」があわせて7割にのぼる。6名へのさらなる躍進が待たれる。

“基地のない沖縄はまだか”― 県民の声を尊重する政治ならば、それは「間もなく」となろう。“原発ゼロの日本はまだか”“正社員が当たり前の社会はまだか”“最低保障年金はまだか”・・・たくさんの「まだか」に「田村が来た」で必ず応えるぞ。


“新・九沖(きゅうおき)”豆知識⑥
テレビの民放局が最も少ない県は?
①大分県 ②宮崎県 ③沖縄県

答え→②
詳しくは私のブログをご覧下さい。

http://tamura.air-nifty.com/1961/

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30