ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 6月6日付けの答え | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を① »

南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・

6月13日、福島県南相馬市へ。

念願かなって福島に来ることができた。原発被害の実態と住民の声を肌身でつかみ、九州における原発への対応、事故への対策を考えたかった。


南相馬市小高区(旧小高町)は、福島第一原発から10~20㎞の位置にあり、4月16日、警戒区域から避難指示解除準備区域に切り替わった。
地震と大津波による大きな被害を受けたが、それゆえに1年3ヶ月の時間が止まったままである。南相馬市議の渡辺寛一さんの案内で、被災状況を見て回る。

P1280084 P1280083






原発から20㎞以内の除染工事は環境省が直接の発注する。4月16日に避難指示解除準備区域となる。除染作業は始まったばかり。

P1280068 P1280081






ガートレールに乗り上げた車、道路に横たわるボート・・・津波の被災地では見慣れた光景だが、4月15日まで警戒区域だったために、1年以上、手付かずの状況にある。

P1280079 P1280078






原発の前に、地震の被害があった。震度6弱。小高区で被害世帯は889世帯(世帯数の23%)、南相馬市全体では3732世帯(15%)にのぼる。まだ手付かずの状況。本屋さんも昨年3.11からそのままの状態。

P1280085 P1280109






小高区村上地区。津波で何もかも流されてしまった。
津波で家が流された後。土台部分を集めているのは、遺体捜索のため。放射能に汚染されたこのがれきは持ち出せない。処理は止まっている。

P1280103 一昨年は田んぼの光景が広がっていた。
津波被害を中心に死者936人(全市)。合掌。来年にかけて除染作業が行われるが、農業再開の展望はたっていない。




P1280074 避難指示解除準備区域となって、立ち入りは自由となった。しかし、水道などのライフラインが絶たれている。帰宅してもお湯も沸かせない。

ゴミも持ち出してはいけない。宿泊してはいけない。これでは帰るに帰れない。警察や民間のパトロール車をしょっちゅう見かけた。

« 6月6日付けの答え | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を① »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

現実、どうなるのでしょう?どうすれば復興できるのか?私には何ができるのでしょう?

現実、どうなるのでしょう?どうすれば復興できるのか?私には何ができるのでしょう?

ホントに時が止まっているんですね。
胸をつかれます。
できること 忘れないこと 
      いろいろな意味で、さまざまな分野で      できうる限りの力で、息の長い支援

福島の方は「ゼロからの出発ではなくてマイナスからの出発」と言います。住み慣れた故郷・我が家からのスタートがはかれない、これほど悲しくつらいことはありません。私に出来ることは「ノーモア福島」=原発ゼロ社会を実現すること、被災地の方を励ますことです。これからも力を尽くします。

震災当時、鹿児島にいたため未曾有の大災害という事実に現実味を感じなかったことを今でも覚えています。
そして原発事故、起きてからでは遅いと叫んだ悪夢が現実に起きた今、本当の頑張り時です。
相変わらずお忙しそうな田村さんを滋賀から応援しています(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/54956684

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・:

« 6月6日付けの答え | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を① »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30