ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・ | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を② »

水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を①

水俣病特措法にもとづく申請期限の7月末が近づいている。政府は「救済にあたう限りの努力をする」という言うが、この期限は暴挙だ。また、自分が水俣病の被害者と思っていない人、症状があったとしても申請に踏み切れない人は無尽蔵にいる。

P1280363 11日に、熊本の共産党代表が申請期限の撤回と健康調査の実施を求めて、政府とかけあう。
いまだ解決に至らない水俣病について考える。
(写真/NHK「情報フロンティア」(5月20日放映)より)

いったい政府の半世紀に及ぶ「解決策」とは何だったのか。これまで熊本、鹿児島を中心に水俣病の認定救済を求める人は29000人。これに対して2300人しか認定されていない(5月)。特措法の申請は5万人をはるかに超えている。

P1280366 水俣病の対象地域は、水俣湾周辺の一部の沿岸に限られ、不知火海沿岸に多数の被害者や水俣病の疑いがある人が存在するのに、政府は自ら救済の道を狭めてきた。

対象地域外の被害者が、医療費の給付など救済を求めるなら、水俣湾周辺の魚を多食していたことを証明しなければならない。40年も50年も前に買った魚の領収書を持っている人がいるというのか。

P1280377漁師の被害者も、水俣湾で漁業していた証明をしなくてはならない。漁船原簿は船の停泊地は記載するが、操業先については書かれていない。車の車検証と同様、日ごろどこを走るか、記載の必要性がないのと一緒。どうして行政の頭はかくも硬直しているのか。

期限つき申請は、一日も早い幕引き。国と加害企業であるチッソが早く責任逃れしたいがためのものである。断言できるのは、これでは水俣病は解決しない。終わらない。

« 南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・ | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を② »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/55168320

この記事へのトラックバック一覧です: 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を①:

« 南相馬市小高区からのレポート 原発被害で1年3ヶ月の時間が止まったまま・・・ | トップページ | 水俣病 「あたう限りの努力」というのなら全員救済を② »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30