ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 大ちゃんシュッとさっぱり | トップページ | 事故が起こってもドクターヘリは来ない。オスプレイが飛行する十島村の島々 »

海苔不作でハローワークへ。国はいつまで漁師を苦しめ続けるのか

 「有明海が汚れて海苔漁が不作続き。夏場の時期は別の漁に出るが、タイラギはおろかタコも車エビもシャコもとれないず、船の油代はかさむ一方。仕方なくハローワークで職探し。いまは麦植の仕事をしているが、来年はこの仕事もないだろう。組合には無職の仲間の方が多い」

有明海の漁師さんから話を伺いました。

5 豊穣の海、有明海は魚貝の宝庫。日本一の海苔を生み出した母なる海です。諫早湾干拓事業による“ギロチン”堤防が大異変をもたらし、長きにわたって有明4県の漁民に塗炭のの苦しみを与え続けています。

有明海が元の海だったら、そこには仕事があります。少なくとも漁師がオカに上がることはないのです。いまはだから「息子にこの仕事を継げとはいえない」と。

堤防の全面開門の確定判決が出ても、国は部分開門にこだわり、その実施時期さえもまだ決めきらない有様です。怒り心頭です。

開門期限の来年12月まで引き延ばされたら、海苔漁のシーズンであるため、いきなり開門の影響が出ます。だから来年の5月までには開けて様子を見たいとする最低限の要求は、ぜぴかなえたい。心からそう思いました。

そのために、発言できる国会の場を自ら作らねばと、漁師さんの話を涙をこらえて受け止めたしだいです。

« 大ちゃんシュッとさっぱり | トップページ | 事故が起こってもドクターヘリは来ない。オスプレイが飛行する十島村の島々 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/55478481

この記事へのトラックバック一覧です: 海苔不作でハローワークへ。国はいつまで漁師を苦しめ続けるのか:

« 大ちゃんシュッとさっぱり | トップページ | 事故が起こってもドクターヘリは来ない。オスプレイが飛行する十島村の島々 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30