ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 今日は戸畑スタート | トップページ | 11月7日付けの答え »

原発マネーもうやめよう~水曜随想~

しんぶん赤旗「水曜随想」(2012.11.7)

原発をゼロにしたら働き口がなくなるのでは――集会でよく出される質問なのだが実は逆。たとえばドイツのオプリヒハイム原発は稼働時249人だった雇用が廃炉作業に移ると350人へと増えた。廃炉を決めた他の原発でもみんな雇用増だ。

施設の解体、廃棄物の処分、撤去までの維持など廃炉までには多くの仕事を要する。これに加えて、自然エネルギーへの転換などでさらに雇用は広がる。そう話すと、質問した方の顔がほころぶ。

日本の原発固執勢力はしぶとい。「原発は必要」「使用済み核燃料の再処理は可能」―おととい九州電力と交渉したら、福島事故直後は神妙だった態度が明らかに変っていた。

佐賀県への早稲田進出に20億円をポンと寄付し、大学関係者との懇親・宴会に電気料金をあてがうなど、立地自治体への“懐柔工作”がマスコミをあげて批判されている。九電の甘い金銭感覚を批判し、電気料金の値上げの中止を求めたのは言うまでもない。

原発のある鹿児島県薩摩川内市をみて回った。商店街はお世辞にも賑わっているとは言えず、閉鎖されたホテル・旅館が長くそのままの状態。耕作放棄地は県内で最も増えた。立地交付金は下りても箱物に化け、市民福祉の向上には使われない。

街の自立的発展を妨げる原発マネー。もうやめよう。自然との共生とそれを生かした新エネルギーの創出こそが九州の、日本の進むべき道と信じる



“新・九沖(きゅうおき)”豆知識⑨
住宅用太陽光発電の普及率1位は?
➀佐賀県 ②宮崎県 ③沖縄県

答え①

« 今日は戸畑スタート | トップページ | 11月7日付けの答え »

水曜随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/56060114

この記事へのトラックバック一覧です: 原発マネーもうやめよう~水曜随想~:

« 今日は戸畑スタート | トップページ | 11月7日付けの答え »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30