ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« 12月4日、衆議院選挙告示 | トップページ | 衆院選3日目 佐賀 »

衆院選2日目 大分~小倉演説会

http://jcptamura.jugem.jp/?eid=537

P1160429_2P1160433_2






P1160445_2P1160451






■川原秘書のメモ
●大分市内街頭演説6か所
 大分駅南口20人、まるや都留店付近40人、萩原商店街10数人。
 買い物途中の人が遠くから、車の中から手を振るなど、反応はそれなりにある。都町、千代町など歓楽街では、信号待ちで並んだタクシーがわざわざ窓を開けて「頑張ってよ」、割烹の店主夫婦が店から出てきて頭を下げながら熱心に手を振る、などびっくりするほど次々と声援がかかる。消費税、景気問題に対する反応か?。
 
●小倉駅頭市田演説会500人
●10区党・後援会決起集会110人
 市田街頭演説のあとの夜で、重たい雰囲気だったが高瀬、田村二人の決意表明で見違えるほど活気あるもの変わった。この二人の訴えには本物の力がある。

高瀬:歴史的な選挙、いま頑張らなくていつ頑張るのか。井筒屋で街宣、手を出してみたら、若い人たちが手袋をはずした手を握り「頑張ってください」と言う。候補者カーを車で追っかけて来て、ポンとたたいて「共産党しかない、頑張れよ」。伝わり始めている、みんなの頑張りで。まだ、大変化をおこすとこまでいってないが可能性は大いにある。

田村:市田街頭演説が終わった後、サラリーマン風の社員証をぶら下げた人が、自分の肩をポンとたたいて「あんた、本気で頑張らないかんよ」。いままでにないような層から、反応が確かにある。やっぱり景気。景気、社会保障、年金、他党は語れない。

今日、大分でも「キャノンには4兆円の内部留保」と言うと若い女性がじっと聴いていた。目と目を合わせて本気でで訴え、本気感を示さないといけない。小選挙区で自公が復活すると、比例削減、あとがない不退転の決意でがんばる。

« 12月4日、衆議院選挙告示 | トップページ | 衆院選3日目 佐賀 »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/56880134

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選2日目 大分~小倉演説会:

« 12月4日、衆議院選挙告示 | トップページ | 衆院選3日目 佐賀 »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30