ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

« お犬様の傘持ち | トップページ | たまねぎのリンゴ酢漬け »

悩みの原因は「上顎洞炎」。ちゃんと治してスッキリ声にしなければ

昨年の総選挙の頃から、軽い鼻づまりを感じていた。それとなんとも言えぬ頭の重たさが気になっていた。話すことがもっぱらの仕事なので、自分の話し声が聞き苦しかったりしては申し訳ない。「すみません」が「ずびばせん」に聞こえたのでは私もたまらない。

四六時中、鼻が詰まっているわけではなく、さして気にもならないというか、総選挙に突入してしまい、気にしている余裕もなくなった。

選挙が終わり、年が明けても鼻づまり感はぬぐえず、また気になり出した。市販薬も服用してみたが、改善の兆しはみられなかった。

耳鼻科で診察を受けた。大丈夫との説明だった。歯からくる上顎洞炎かもしれないので、歯科での治療をすすめられた。薬の処方はなかった。
確かに昨年9月に歯の治療をした。眼球の下部、右鼻のヨコ部分の何とも言えぬ“重たさ”は、その右上奥歯の歯根近である。そこで、再び歯科に行ったが(1/30)、歯性上顎洞炎ではないと言われた。

鼻の奥に違和感を感じながら、季節が変わった。薄着がたたって、ゴールデンウィークに風邪をひいてしまう。風邪の体験的症状は2~3日も安静にすれば緩和されるが、鼻水、鼻づまりだけはこれまでと違い、たちが悪かった。

この際、しっかり診てもらおう。5月8日、別の病院の耳鼻科を受診した。すぐにCT検査に回された。
CT写真では、右上顎洞が白く映っていて、素人目にも正常ではないことがわかった。

20130508_184928 診断は、上顎洞炎だった。医師の説明では、原因は鼻なのか歯なのかはわからないとのこと。「時間がかかりますが、薬で様子を見ましょう」。
薬が3ヶ月分処方された。細菌の感染を抑える薬。膿や痰が出やすくする薬。アレルギー性鼻炎を抑える薬だ。

やっと胸のつかえが下りた感じ。回り道をしたが、治療方針が決まらないと病気とは向き合えない。しかも、薬を飲むだけでいいのだ。根気よく退治しよう。気のせい
鼻の通りがよくなったようだ。


【上顎洞炎】鼻(鼻腔)の周囲には、骨で囲まれた空洞部分が左右それぞれ4個ずつ合計8個あって、この空洞部分を副鼻腔と呼ぶ。目の下に位置するのが上顎洞(じょうがくどう)。上顎洞の粘膜が細菌などの影響で炎症している状態が上顎洞炎。

« お犬様の傘持ち | トップページ | たまねぎのリンゴ酢漬け »

かけある記」カテゴリの記事

コメント

悪いと思ったら病院へ!

お久しぶりです。
体調を万全にしてこそですものね。今わたしも薬で、「腹フクルルワザ成り」
状態で、早く脱したいと思っています。
ところで、今回は、是非お薦めのブログがあり、一度目を通していただけると、と思いメールしました。福島県農民連の書記長根本さんのですが、
『いまどきの義民の呟き』というもので、ドイツのすすんだ自然エネルギーの視察報告が逐一送られてきています。よかったら、原発事故のところまで遡ってご覧になると、地元の実態が顕著に現されています。
お忙しいのは承知のうえで、なお・・・・
では、お大事に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122853/57338731

この記事へのトラックバック一覧です: 悩みの原因は「上顎洞炎」。ちゃんと治してスッキリ声にしなければ:

« お犬様の傘持ち | トップページ | たまねぎのリンゴ酢漬け »

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30