ツイッターでのつぶやき

TwitterWind

フォト

乗り物いろいろ

  • はやとの風4
    移動が仕事。乗り物に乗るのが仕事。各地で出会った九州・沖縄の乗り物をご紹介します。

オレ流ダイエット

続・オレ流ダイエット③ 意地でもエスカレーターは使わない

Dsc_0497 福岡市営地下鉄の博多駅にある階段。JR博多駅に行くには、67段の下階段を一気にのぼらなければならない。まさに天井を見上げる光景。

この階段を下りてくる人はいるが、大きな荷物をもって上る人はまずいない。まさに試練の階段。ご丁寧にも「約5kcal消費できます」とある。

Dsc_0511 ところでもう一つの写真。下の飴はバターと砂糖が濃厚で1個21.4kcal。上の飴はカロリーオフをうたっているが1個10kcalである。

ハア、ハア、階段を駆け上がっても、飴1個のカロリーも消費しないのである。なんということか。

こうなったら、意地でもエスカレーターは使わない。
と、飴をなめながら駆け上がるのである。

続・オレ流ダイエット② ご褒美

ささやかながらの教訓。
まずは気構え。自分はスポーツ選手でもなければ、モデルでもタレントでもない。だから理想を求めなくてもいい。ダイエットに完璧さを求める必要もない。

世間的な標準に近づけば、年相応な体力を確保できればいいと。トレーニングはきついときもあるが、こう考えると楽になった。

 Dsc_0456_2 そして、ご褒美。このご褒美が大切である。トレーニングは一日の活動を終えて、夜中近くにするのだが、しっかり運動したら、何を食べてもどれだけ飲んでもいいことにした。

寝る前に飲み食いする、これは、よくないとされること。でもどうしようもないからあえて許すこととした。

Dsc_0458 しかし、それゆえに一日の摂取カロリーは気をつかうようになった。夜は酒も飲みたいし、好きな物も食べたい。たくさん食べたい。

だから、朝と昼とで調整する。街頭演説などがあるときは、朝からしっかり食べる。でも通常は頭が回る程度の栄養補給とする。また、野菜や汁もので満腹感を得るように心がけた。

続・オレ流ダイエット① 2年間リバウンドなし

メタボ直前の体型、高血圧症と診断されながらも、なかなか改善されない日々が数年間続く。2009年の総選挙を終えて一段落した秋、一念発起して運動によるダイエットを始めた。

スポーツクラブに入会し、ランニング、水泳、筋肉トレーニングに勤しんだ。週に1回~2回のトレーニングだったが、3ヶ月すぎた頃から体重が落ち始め、それ以降、“苦行”は楽しみへと移った。

半年で目標をクリア。体重10㎏、ウエスト10㎝の減量に成功した。
決意から丸2年、目標達成から1年半、その後の状況は――

結論。至極順調である。リバウンドは全くない。腹が出てはみっともない理由(あくまで自分のポリシー)で、学生以来、着用したことのないジーパンもユニクロで買った。29インチ(W73㎝)のサイズをキープし、いまではすっかり慣れてしまった。

人生において自慢できることなどあまり思い浮かばぬ小生であるが、これだけは自分をほめてやりたいと思う。ということで、自慢話の再開です。

反核平和マラソン(広島―長崎)2日目 門司・小倉を走る。もう脚がパンパン

8月7日、反核平和マラソン2日目。

第一走者は午前4時に(すごい!)防府市を出発し、11時半頃には関門トンネルを通過する見込みだ。

Dscf1012 私は、福岡市で開催されている全司法労働組合九州協議会の定期大会に出席してあいさつしたのち、関門トンネルへと向かう。昨日の坂道ランが効いたのか、脚がパンパンだ。

本州からから九州に渡る区間(.5.5キロ)は、ランナー全員でゆっくり走る。沿道ですれ違う門司の人、車のドライバーの声援が嬉しい。門司区役所でお茶とレモンの差し入れ。

Dscf1022 ここからは北九市職労、北九州組がつなぐ。門司駅から北九州市役所までの6.7キロを走る。

「後からランナーが走ってきますので、激励をお願いします」。先導の宣伝カーが呼びかける。すると、住家、沿道から手振り。「がんばって―」「おつかれさん」の声がかかる。

マンションのベランダからも手を振っている。核兵器廃絶の願いはみんなの願いを実感する。

「反核平和マラソンでーす」「核兵器廃絶の願いを広島から長崎につなぎます」。声を出し、手を振りながら走る。北九州市役所前でバトンをつなぐ。
北九市職労が出迎えてくれた。冷たいお茶を飲み、西瓜にかぶりつく。
P1200317P1200315






ということで、今日も割り当て区間を無事完走することができた。脚が張ってちょっときついが、この充足感は他では得られない。

明日は長崎で最終ラン。

反核平和マラソン(広島―長崎)1日目 沿道の無数の声援受けて出発

Dsc_0029 8月6日、第29回反核平和マラソンの初日。

広島市原爆死没者慰霊式・平和記念式が開会されると同時に私たちも出発式をとり行う。


Dscf0867 式典にあわせて一同黙祷。そして出発。
核兵器廃絶を願い、訴えながら、広島―長崎500キロメートルをつなぐリレーマラソンが始まった。

P1200291 福岡医労連の瀧川聡さんから誘われた初参加の4人(前田、藤井、藤本、田村)は、スタートコースにエントリーしてもらった。はじめの2キロは参加者全員でゆるラン。その後はおのおののペースで。

いきなり10キロのランはきつかったが、なんとか無事に完走。今年で29回目とあって、平和マラソンは街中に溶け込んでいた。沿道の人たち、市民からの「がんばれー」「ごくろうさま」の声援、手振りのなんて多いことか。これに感激して突っ走った。

P1200287 午後は、国道2号線の上り坂3キロの区間。ゼーゼー、なんと終点の遠いことか。瀧川さんが飛ばす飛ばす。さすが門司の海岸を毎朝走り込んでいるだけのことはある。根性で滝川さんの背中を追いながらここも完走した。
田村、やればできるじゃん。

ベテランランナーの走りは美しい。選手級の人から、私のような初心者まで力を合わせて、タスキをつないでゆく。
P1200282 P1200293





下松市役所で市職労からスイカとオレンジの差し入れ。いゃあ、走り終わった後は果糖が体にしみ渡る。

明日は福岡。

反核平和マラソン

みなさん、お暑うございます。
この炎天下、私は走りに出かけます(汗!)
反核平和マラソン。
といってもcoldsweats01ちょろちょろっと走るのです。
6日―8:15、広島平和記念公園スタートの区間
7日―昼、関門トンネル―北九州市役所の一部
8日―18:45、長崎平和記念公園までゴールの区間
距離は短くても3日連続ランが目標です。 では、がんばってきまーす。

私の健康法 「ぱーとなー」9月号より

「田村さん本当に痩せたね」
「噂には聞いていたけど」
「ダイエットのやり方は?」

赤旗まつりで出会った人とは、ほとんどこの話題に。総選挙や参院選の話の比ではなかった(笑)。

20100827154821517_0001640「ぱーとなー、読みましたよ」。北九州の方からはこの声がかかる。

ぱーとなー」とは、健和会友の会のコミュニティ誌のこと。「私の健康法」の執筆執筆依頼があって、9月号に掲載されている。(5ページ目
本当に多くの方に読んでいただいたようだ。

手頃な近況報告にもなるので、
これ幸いとコピーを暑中見舞い代わりにあちこちに送った。

当ブログ「オレ流ダイエット」の凝縮版。
トレーニング姿は初公開です。ちょっと恥ずかしいですが。

オレ流ダイエット⑪ ダッシュがきく 

乗車予定していた電車やバスに間に合わない! いつものことだ。しかし間に合わなければ、人様に迷惑がかかる。ここで火事場の馬鹿力とばかりにダッシュする。たとえば、小倉駅バスターミナルからJRの改札まで。荷物がいくつあろうが、リュックが重たかろうが、人をかき分け走る。階段を駆け上がり、ギリギリ滑り込む。セーフ。

P1050050 ゼーゼー、ハーハー。心臓は音が聞こえるほどにドックンドックン脈打っている。気管支がつかえて咳が止まらないこともある。何もすることができず、回復を待つ。呼吸を整えるのにいっときかかる。一日分の疲れをこの数分でためこんでしまう。

これが以前の私である。しかし、今は違う。だいぶ体が軽くなった。ダッシュがきく。「決死の覚悟」を決めなくても、自然と足が出る。ダッシュ後の呼吸の乱れもすぐにおさまり、車内で涼しげに新聞を読み、飲み物を口にする自分がいる。

血圧もいたって良好。運動のおかげだ。週に一回でも効果が続く。ランニングと水泳――有酸素運動の効能を日常生活の中でしみじみ味わっている。

オレ流ダイエット⑫ 57.1㎏。もういいでしょう!

オレ流ダイエットは快調。

体重は確実に落ちてきた。別に断食・絶食をしているわけではない。風邪をひいても三食必ずとっている。食べたいときには食べる。飲みたいときには飲む。ただし、重ねての暴飲暴食はいけない。

適度な運動と、摂取カロリーでコントロールすることを体得してから、なんか自信らしきものも芽生えてきた。

P1040030 昨秋、67キロを超えていた体重は3月に大台を切り、4月は58㎏台、そして5月には57.1㎏を記録した。つまり10㎏の減量を達成したことになる。別に目標としたわけではないが、どこまでコントロールできるかやってみた結果だ。

ここまでできれば充分。水戸のご隠居ではないが「(助さん角さん)もういいでしょう」。

毎日、会う人、会う人、「痩せたね」「どうしたの?」から会話になる。この頃は、「それ以上痩せたら貧相に見えるよ」との指摘もある。
「スマートになったね」が「やつれて見える」になっては大変だ。


ベスト体重は59キロ。プラスマイナス1㎏以内に体重をキープしよう。次なる課題は、脂肪を筋肉にかえてゆくことだ。

めざせ「細マッチョ」。

鉄人、貫洞基裕さん

私のスポーツクラブでの運動は、ストレッチ、筋力トレーニング、ランニング、スイミングの4つ。全部とはいかないが、ランニングは5㎞、水泳は500メートルを目標にコツコツとがんばっている。体力増進とダイエット目的ならこれで充分。まさに充分な成果が得られた。

P1000254_2 しかし、アスリートは違う。自分を極限にまで追い込んで体をつくり、記録を更新する。
ブロック事務所のある大場ビルの1階、中央南地区委員会にすごい男がいる。貫洞基裕さん、愛称カンちゃん。

カンちゃんはマラソンマン。あちこちの大会に出場して完走し、記録を作っている。4月18日にはなんと宮古島トライアスロンに出場し、見事完走を遂げた。

P1000256 スイム(水泳)3km、バイク(自転車)155km、ラン(マラソン) 42.195Km を13時間30分以内にやり遂げるのがルール。 1種目の完走(泳)だけでも、その距離を聞けば、気を失いそうになる。

見よ、この鉄人の引きしまった身体を。
おめでとう、貫洞基裕さん。

お願い

  • 励ましのコメントをお寄せくださる皆様へ。ありがとうございます。匿名でけっこうですので、メールアドレス(携帯可)をお持ちでしたら、ぜひお教え下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

田村貴昭の写真

  • Photo
    宣伝物に使っている写真です。ダウンロードして活用してください。

ホームページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30